パート看護師・派遣看護師として復職

パート看護師・派遣看護師として復職(13件)

Q

仕事内容をその都度選ぶ事が出来る

A
派遣は、仕事内容も様々です。健診業務、クリニックの外来業務、病棟での処置・ケア、施設での処置・ケア等、訪問入浴など。 自分の経験したことがある仕事内容を選んで仕事をする事ができます。また、経験したことがなく、興味がある分野でも、仕事提供先が未経験可能と提示していた場合、その日のみ経験することも可能でしょう。 1日挑戦してみて、やはりこの業務は向いていないと判断し、次回は別の業務内容を試しながら経験するという方法も可能です。自分に合った仕事内容を見つける機会にできる可能性があります。 ブランクがある分、ハードルが高くなっていた復職も、この2点をふまえた派遣であれば、まずは生活の中の1...
Q

派遣看護師は生活の中で、働く時間を作りやすい

A
看護師として働き、出産・育児を機に退職。その後子育て期間を経て復職する方も多い事かと思います。気がつけばブランクが。というナースも多いのではないでしょうか。ここでは、ブランクがあるママナースが復職する際に派遣が向いている2つ理由をお話していきます。 看護師として働いた経験があったとしても、ブランクがあった場合、いきなりどこかに就職するというにはハードルが高いと思う方もいるのではないでしょうか。看護師として働いていない時間も長く、自分の生活の中で、突然働くという事を組み込むのは難しいと考える方は少なくありません。 しかし、まず派遣という形で始めてみることで、自分や家族の予定を最優先して...
Q

人の入れ替わりが激しい常に求人を募集している場所は注意

A
求人を出している中には、通年、看護師の求人情報をしているところがあります。病院の立地条件や待遇面で看護師がなかなか集まらない病院もありますが、それ以外にも看護師が集まらない理由というのもあるのです。 また就職しても看護師が定着せず、入れ替わりが激しい所もあります。これは求人を見ただけでは判断できませんが、口コミや地域の評判、また職業安定所などから調べることもできそうですね。 看護師の定着が悪い理由として、勤務がきつい、休みが取りづらい、また子育てに関して協力が得られないなど様々な理由があります。一旦採用・入職してこんなはずではなかったと後悔しても遅いです。できる限り求人を出している病...
Q

急に子供が熱を出しても休むことができるどうかの判断材料に

A
求人を探すときに、求人票に事業主や病院の規模、また看護師の数など記載してあることが多いですね。その時に病床数はいくらあって、それに対する看護師の割合なども必ず見ておきましょう。看護師の割合で、看護師の数の充実度を少し判断することができます。 パート看護師として働き始めるとき、子供が急に熱を出して休む可能性があるのは、想定内でしょう。しかし看護師が不足している病院の場合、常に人員がギリギリなので、急に休むと迷惑をかけることにも…そのため看護師の数は少し充実しているところの方が、パート看護師にとって働きやすい環境といえるかもしれません。
Q

今の看護の世界についていけるか?

A
看護の昔も日々進化しています。これまで看護の常識と思われていた知識でも、研究をされた結果、見直しがされてまったく以前とは違う考えをする方法もあるのです。採血ひとつとっても、針刺しを予防するための針などがどんどん変わってきており、一つひとつの処置に戸惑うことも。ブランクが長ければ長いほど、その間にどんどん変わり戸惑ってしまうかもしれません。 その傾向は大きな病院ほどあるかもしれません。業務の改善にも力を入れているし、新しい機械や器具を取り入れたり、看護研究も盛んであったりするからです。でもブランクは自分の努力次第でどうにでもなります。慣れるまでは大変だけど、復職しても看護師として誇りとや...
Q

パート中に子供が病気になったらどうしよう?

A
一番は子供が保育園になじんでくれるか?子供が病気をせずに過ごしてくれるか?ということを、まず初めに考える人が多いですね。自分がしっかり働くためには、子供が元気でいることが前提ですから。 実際、今まで家にいた時には元気いっぱいだったのに、保育園に通い始めた途端病気ばかりするようになったという子供は多いのです。当然ですね。それまでは家にいて、あまり病原菌に触れる期間はなかったけれど、保育園に行くといろんな病気をもらう可能性が高いのですから。また子供もなれない環境でストレスもあり、体調を崩しやすくなるのです。 子供の突然の病気に対応して、周りにサポートしてくれる人がいればよいですが、いない...
Q

家族の理解を得られるのか

A
数十年前にやはり産休を経験してキャリアを積んできた母親は、復職した娘の苦労をいたわりながら、「お乳飲んで吐かないなら大丈夫よ」といった無責任かつ的確なアドバイスをくれます。 反面、ずっと専業主婦だった母親は娘と孫を気遣いつつ、「そんなにしてまで仕事続けなきゃならないの?」とキャリアアップの阻害因子となることが多いです。 夫は子供に妻を取られた挙句、次は仕事に妻を取られて、育児や家事に協力的に見えても潜在意識は「赤ちゃん返り」します。おかずを一品特別に用意する、子供より先に食事を用意するなどの付加価値でフォローしましょう。 バインダーだったのが復職したら電子カルテになっていた、という...
Q

復職明けは休みボケが不安

A
慣れない育児とはいえ、産休中は基本的に自宅で、自分と子供のペースで生活できます。復職によって、「8時30分の出勤には子供を8時15分に預ける、そのためには8時5分には自宅を出る、朝食や支度があるから6時起床、夜泣きがあるから寝るのは22時」といった、時間を逆算する生活が始まります。 生活のリズムが出来てしまうと、多少の子供の不調や天候不順などの予期せぬ出来事にも対処できますが、身体が慣れるまでは緊張します。 産休を経験している職員が多い部署は「お互いさま」感覚があり、子供の体調不良で休む際も「うちの子もそうだった」と共感してくれて、回復して出勤しても「大変だったね」と声を掛けてくれる...
Q

現実的には正社員での復職を諦めてパートへ

A
幸いにして母子ともに健康に出産を終えて自宅に戻っても、周りに協力者がいない、保育所に入れないという理由から、正職員の継続を諦める方がいます。 勉強して、看護師になって、就職して仕事を覚えて、というこれまでの道のりを考えると、出産前は「正職員として産休育休を取って復帰する」という道しか見えていませんが、実際子供を産んでみると自分一人では解決出来ない問題が生じ、解決のための選択肢の一つとして「パートになる」ということが見えてきます。 病院側としては、能力のある人材を確保しつつ、給与を抑えられます。本人としては、待遇は変わったけれど、これまでの仕事を継続でき、会議や研究発表などの強制はあり...
Q

ママナースが育休後正社員で復職する理由

A
看護師に限らず、一度家庭に入った女性が、育児が落ち着いた頃に復職することは難しいです。パートの求人は多いですが、正職員としてのポジションを確保しておくために、退職せず正職員として「産休、育休」を取ります。 管理職になっている方は、その経験を経て管理者になっておられる方が多いです。妊娠中は夜勤も、病院の規定通りの週数までは免除されないため、切迫流産や切迫早産になるケースもあります。 「切迫で入院、そのまま育休」という方も多いですね。10㎞ほど離れた職場と義実家、その中間地点に自宅があり、子供を預けるために出勤前と退勤後自家用車で往復していた方もいらっしゃいました。 保育所の無い土地...
Q

お子さんが小学生になった時

A
次に多い復職のタイミングとしては子供が小学生になる時です、正職員で勤務していて、出産前に退職した看護師が、子供は社会性と自立心を身に付ける時期になり、小学校では給食も始まる、両親は遠方だけれども、とりあえず健康、両親の介護が始まる前に自分のキャリアアップを計りたい、といったこともあってこのタイミングで復職します。 低学年のうちは午前パート、高学年になったら1日パートも可能ですが、学校が夏と冬の長期休暇に入ると、夏は自転車や水の事故、冬は室内のストーブなどが心配です。 緊急時に備えて、病院や内線番号を大きく書いた紙を自宅電話に貼っておいたり、子供が外出する際に持たせるようにします。火の...
Q

お子さんが幼稚園や保育園に通い始めた時

A
ブランクは短ければ短いほど良いです。家庭に長い期間浸っていると、挨拶一つ取っても主婦感覚が滲みます。 ただ、「子供は2人以上は育てたい」「周りに頼れる人がいない」といった各御家庭の事情をふまえて、無理のない復職をした方が良いです。 まず1つ目の復職のタイミングとしては「お子さんが幼稚園や保育園に通い始めた時」です。退職してから数年しか経過していないので多少の医学の進歩にも順応できる上、見た目も中身も〈若い〉部類に属するので、病院側の『働いてくれるだろう』という期待も大きいです。 子供の成長にしたがって勤務時間を増やしたり、やがては正職員ということも視野に入れることが出来ます。一方、毎...
Q

小学生のお子さんがいるママナース

A
子供が小学校低学年の場合、学童保育を利用して,8時から16時、または8時30分から17時までの勤務をされている方が多いです。 週末に行われる予定の運動会が雨のため平日に延期になったりすると、観に行かれなくなるおそれがあるとして、学年初めに学校から配布される年間行事予定を確認し、早々と運動会の予備日に年休を入れる方も多いです。 小学校高学年の場合は、学童保育を続けたり、お子さんが学習塾に通い始めるようになると学童保育をやめる方もいらっしゃいました。塾にしてもスポーツ少年団や御稽古ごとにしても教育費が掛かり始める時期なので、半日パートだった勤務をフルタイムパートにする方も多いです。 そ...
Q

就学前のお子さんがいるママナース

A
基本的に土日祝は休み、という方が大半です。ゴールデンウィークはカレンダー通り、年末年始は晦日から三が日まで休みのケースが多いです。 子供が保育園に入っていなければ、殆どの方は午前中勤務でした。幼稚園は保護者参加の行事が多いので、「木曜日遠足ならお休みしますが、雨なら出勤して金曜日休みます」といったわがままが叶えられる病院もありますが、職場の状況や職員の空気を読んで行動した方が良いです。 フルタイム正職員でも、幼稚園の迎えの時間だけ職場を離れて、自宅に子供を置いてまた職場に戻るということが許されている方もいらっしゃいました。独身の頃から継続して勤務していると、職場も大切な人材として確保...
Q

職場にママナースがいる

A
次に、ママナースに理解がある職場であることです。子持ちナースが一人でもいれば、情報交換や相談もできますしね。複数人数いればママサークルのような集まりもできますね。もちろん、子持ちでないナースの理解があればもっと心強いです。他のママナースも同様に急な勤務変更に対応しにくいですからね。 子どもの急な事態で早退や欠勤をしなければならないときも、ママナースに理解があるスタッフが多ければ補填もスムーズに進むでしょう。あとは、なるべくストレスの溜まりにくい職場を選ぶことでしょうか。 こう言ってしまうと非常に曖昧ですが、例えば急性期病棟は患者の入れ替わりや状態の変化が激しくどこか雰囲気もピリピリ・...
Q

出勤と退勤時間がぴったりであること

A
子育てが一段落して、「まずはパートから・・・」とナース復帰する人も多くいます。どうせナース復帰するならば、長く勤められる職場がいいですよね。では、どのような職場がママナースに良いのでしょうか。 まず、出勤時間・退勤時間がぴったりであることです。情報収集や準備のために1時間も早く職場に入らないといけないなんて考えられませんよね、勿論給料にもなりませんし。また、当然ながら退勤時間後はさっさと帰りたいですよね。サービス残業なんてもっての外です。 あとは、スタッフの雰囲気ですよね。「朝は早く来て情報収集するのが当然」「時間通りに帰るのなんてありえない」・・・こんな雰囲気の中で時間通りに出退勤...
Q

看護師転職サイトに慣れておく

A
他にも実際の転職活動よりも結構前に看護師転職サイトに登録しておくメリットはあります。それは看護師転職サイトの使い方に慣れるという点です。転職サイトに登録したばかりだと、転職支援会社を利用した転職活動がどういう風に進んで行くのか、転職コンサルタントからどういうサポートが受けられるのか、逆に転職サイトを利用するときの注意事項はなにか、などよくわからないまま転職活動が進んでしまいます。 しかしあらかじめ会員登録しておき、転職サイトに慣れておけば良い求人がどんなものかだいたいわかってきますし、転職活動の流れ、コンサルタントの活用法も自然と入ってきます。また、看護師転職サイトは多数存在するのでどこ...
Q

パート看護師への復職・転職に向けて

A
看護師さんの中には正社員からパートに働き方を変えようかな、子育ても落ち着いたからパートとして復職を考えている方がいると思います。時期としてはまだだいぶ先だけれど、パート看護師の求人をチェックしたり、ということもあるのではないでしょうか?ただそこで思うのが、パート看護師として働くのはまだ先だから看護師転職サイトに登録はしなくていいかな?そういう看護師さんは、看護師転職サイトに登録するのはすぐに転職活動をするナース、というイメージがあると思います。でも大丈夫、実はすぐに転職活動をしなくても転職サイトに登録しても問題ないのです! ナースフル、マイナビ看護師、看護のお仕事などの看護師転職サイト...
Q

看護師が転職に失敗してしまう理由

A
大きな期待を抱きながら転職活動をしても、転職後に失敗したと感じてしまう看護師さんもいるのが事実です。看護師さんが転職に失敗してしまう主な理由とは何でしょうか? それは転職先の情報不足と看護師転職支援会社の未活用と考えられます。今の職場が嫌すぎて、とにかく違う職場に行きたいという思いが先走ってしまうと転職先のことをよく調べずに転職してしまうということがあるんですね。。 例を挙げてみましょう。職場の上司とのそりが合わず、転職を決意。ナースフルなどの転職支援会社にとにかくはやく転職したいと希望を伝え、転職先が決まるも年収が下がって今度はそれに不満を持ち始めるといったこともありますし、年収は...
Q

看護師がパートに復職後よく感じる不満

A
子育ても落ち着いたしそろそろパートとして復職しようかなという看護師のみなさん、職場の雰囲気が良く、休みもとれて、残業も少ない!といったような職場で働きたいですよね。。もちろん良い求人を見つけ、パートをすることができればそうなります。 しかし、求人選びに失敗してしまうと、こんなはずじゃなかった。これだったら復職しなかった方がまし。と思うことになってしまいます。 勤務時間が聞いていたよりも長い、残業なしと聞いていたのに思いっきり残業がある、上司との関係がうまくいかない、実際に通勤してみると遠い、病院の経営状況が実はひどかった、職場の雰囲気が全然合わないと初日で気づいた。 自分でたいして...
Q

ブランクが響いて看護師としてのスキルが落ちている

A
もう一つは業務の面ですね。あのバタバタとした現場に順応するにはどれくらいの期間がかかるか不安ですね、最初はとても疲れてしまうかもしれません。少しずつ、現場のルールや物品の場所、暗黙の了解などを覚えていかなければなりませんしね。あとはナーシングスキルでしょうか、ブランクはやはりここに大きく現れます。 産休前にバリバリとできていたことがすっかりとできなくなっていてショックだった、ということはよく聞きます。特に一番聞かれるのは「採血がヘタクソになった!」という声です。ナースにとってこれはショックです。採血のやり直しを何度もしているととても不安になってきます、「新人ナースでもないのに採血ができ...
Q

同じ部署に戻れるとは限らない

A
産休育休に入って、子育てにあくせくしながらも少し給料があるのは嬉しいですよね。さて、そんな期間も終わりに近づいてナース復帰の日が迫ってきました。子育てとは違うあの忙しい日々が戻ってくるのです。色々な不安が襲い掛かってきますね。 まず、病棟勤務の場合は復職後、どこに配置されるのでしょうか?産休前に働いていた病棟と同じであれば多少は安心でしょうけれど、産休時に欠員は補填されていることが多いので、別に欠員が出ている病棟に配属されるかもしれません。正社員の場合は異動も受け入れなければなりませんしね。 どうしても以前いた病棟に戻りたいとなると、管理職に相談する必要があります。また、晴れて以前の...
Q

パート看護師としていつでも復職できる

A
まとめると、ナースが結婚や出産で退職したとしても、いろいろなタイミングで復帰できると言えます。ある程度は子どもの成長に合わせた復帰となるでしょうが、自分自身の体調や気持ち的な部分、あとは家庭状況との相談です。ですから、一概にこのタイミングが最適ということも言えません。 それに「時間があって働きたい」と思ったらどのタイミングでも働き始めることができるのがナースです。それがこの仕事の有利な部分ですから焦る必要は全くありません。パート勤務から初めて少しずつ勤務を増やしていって様子を見ていくという形で皆ナース復活を遂げています。
Q

看護師がパートで復職する時期

A
結婚や出産で退職した看護師がパートでまた復帰するタイミングは、一口に言えば人それぞれです。出産後、体調が整った段階ですぐにパートで復帰する人もいます。 今は0歳から預けられる保育施設もありますし、親の支援を受けている人もいます。色々な家庭状況がありますから、出産後また働きたいと言う人は意外と多いんですよ。 一般的に言えば、まず保育園の入園準備に合わせて復帰する人がいるでしょう。保育園は共働きでないと入園できませんしね。幼稚園でも、時短や親に頼んだり・・・と言った方法で、送り迎えに間に合えばパートで働き始めることも可能です。 また、幼稚園卒園までは子育てに専念して小学校入学のタイミン...
Q

パート看護師だと正社員のときより給料が下がるという不安

A
次に、経済的な事情も心配になっているのではないでしょうか。パート看護師は残業や夜勤が出来ない分、常勤看護師に比べて給料が少なくなってしまう傾向があります。結婚していて夫婦で共働きしていれば、経済的な心配は少ないと思います。しかし、離婚しシングルマザーとなってしまったママナースは、自分しか働くことができない場合は、お給料が少ないのは、切実な問題になってきます。 さらに、看護師として再就職する先のスタッフが、パート看護師の受け入れが出来るのかどうかも心配になります。働きにくい環境では、看護師を続けることにとって一番のストレスになるのではないかと思います。ママナースが多い職場は、ママの理解...
Q

ママナースの1番の気がかりは子供

A
ママナースは、ママの顔と、看護師の顔を持っています。家庭ではママとしての役割があり、職場では一人の看護師としての役割があります。そっちも頑張らないといけないけど、同じように働くのなら気持ちよく働きたいものです。ママナースには心配事や不満が、ついて回っていると思います。 その一つにはママとしての子供の心配でしょうか。子供が幼稚園や学校から帰ってくる時間に、ママとして迎えることができるのか、看護師の仕事を抜けられるかは、心配になりますよね。 働ける時間が限られているので、診察時間のある外来やクリニックなどの勤務や、ママナースへの配慮のできる病棟での勤務が望ましいところです。急な早退に対応...
13 件中 13 件を表示

テーマ一覧

医師との関係で看護師が仕事を辞めたい・転職したい 恋愛・不倫・セクハラで看護師が仕事を辞めたい・転職したい 家庭と看護師の両立が難しく看護師を辞めたい・転職したい 面倒・性格の悪い看護師のせいで辞めたい・転職したい 仕事が嫌で看護師を辞めたい・転職したい 患者との関係で看護師を辞めたい・転職したい 残業・研修・時間外労働が多く看護師を辞めたい・転職したい 職場に対する不満で看護師を辞めたい・転職したい 年収・給料に不満で看護師を辞めたい・転職したい 夜勤が原因で看護師を辞めたい・転職したい 先輩看護師との人間関係で看護師を辞めたい・転職したい 看護師の退職・辞め方 ストレスで体調管理ができず看護師の仕事を辞めたい 看護師転職コラム 看護師夜勤バイト・夜勤専従の残業事情 病院の看護師夜勤バイト・夜勤専従 老健・老人ホームの看護師夜勤バイト・夜勤専従 クリニックの看護師夜勤バイト・夜勤専従 産婦人科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 救急外来の看護師夜勤バイト・夜勤専従 精神科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 助産師の看護師夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の職場 看護師夜勤バイト・夜勤専従と日勤の違い 看護師夜勤バイト・夜勤専従のシフト・勤務体制(2交代制, 3交代制) 看護師夜勤バイト・夜勤専従の求人探し 子持ちのママナースの夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の日給・月給・給料 看護師夜勤バイト・夜勤専従のメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従のデメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従の休憩・体調管理・間食 初めての看護師夜勤バイト・夜勤専従 新人看護師だけど辞めたい・転職したい 看護師のパート・派遣の職場選び パート看護師・派遣看護師として復職 パート看護師・派遣看護師の比較 パート・派遣看護師と子育て・家事の両立 パート看護師・派遣看護師の求人探し パート看護師・派遣看護師の扶養内勤務 派遣看護師の派遣契約 パート・派遣看護師の給料・日給・時給 パート看護師のメリット・デメリット 常勤・正社員看護師からパート看護師へ転職