新人看護師だけど辞めたい・転職したい

新人看護師だけど辞めたい・転職したい(18件)

Q

夜勤くらい自分の好きなものが食べたい

A
でも中には、夜勤で食べると太るから食べたくないという人やダイエットをしているから炭水化物はいらないという人もいますよね。そんな時にはお米をとぐ量も調節しなくてはいけません。 夜勤のメンバーを見てご飯の量を決めるのも新卒の役割なのです。余ったらおにぎりにして新卒が持って帰ることが出来て、いいこともあるんですけどね。 また時には白いご飯は食べにくいから、炊き込みご飯にしてなんて無理な注文をする先輩も。 みんなのためにご飯を炊いているのに、たった一人の希望にこたえるのはとても大変なので、新卒の時は常に不満を持っていました。早く炊飯器が壊れたらいいのにと思うほど。 本当は夜勤って疲れるし...
Q

病棟ごとにある習慣が不満

A
自分の病院でもほかの病院でも務める友人から聞いたこともある話ですが、夜勤の食事当番制を作っているところって少なくないですよね。 一番若い看護師がその日の夜勤看護師分の食べ物を購入していって、あとでお金をもらったり。あとは主食やおかずなど担当をそれぞれ決めて、担当のものを持って行ったり…。 それぞれの勤務場所によって、その夜勤の食事のとり方には特徴があると思います。 そんな私の勤務した病棟では炊飯器を持っていました。そのために、夜勤でいって始めにする仕事が米とぎなんです!冷蔵庫を持つ病棟は普通ですが、炊飯器を持つ病棟はなかなかないと思います。 新卒の時にはとても驚きましたが、炊いた...
Q

時間外勤務のお金は出ないのに早めにいかなくてはいけない

A
その大きな疑問を持つ原因は、時間外勤務のお金は出ないということなのです。タイムカードを押した時点から給料に反映されるのであれば、問題はありません。 しかし、早く行ってもぎりぎりに行っても、その給料は同じなのです。自分の能力が足りないのを補うために自主的に早く行くことは重荷にならないのです。しかし、病棟の雰囲気から強制せれると、時間外分は出ないのに…と不満が募るようになったのです。 結局この病棟の風習は私が3年目くらいになるまでずっと続いていたのですが、主任が変わったことによって、一気に流れが変わりました。 主任は、仕事は勤務時間内にやる。勤務時間外はプライベートな時間という考えの...
Q

新卒は早く来て当たり前という病棟の考えに不満

A
新卒者というのは、まだ看護師として未熟なので、情報収集をしたり、勤務内に行う処置の準備にも時間がかかります。 そのために、勤務開始時間よりも早めに行くことは誰もが考えることでしょう。しかし、それがちょっと早すぎる場合、しかも暗黙の了解で新卒者は早く来なくてはいけないという病棟の風潮があれば、ちょっと疑問を持ちますよね。 私の働く病棟では、新卒者は勤務開始時間一時間前までに来ることが当たり前とされていました。そしてカルテを見て情報収集し、勤務時間内に行うべき処置の準備をできるだけ行っておくのです。 就職してすぐは患者のことが把握しきれないので、早くいってカルテを見ることは当然だと思っ...
Q

新人看護師はなによりレポート提出が多すぎる

A
新人の宿命ともいえるレポート提出ですが、その量が多すぎるような気がします。看護師で働く以上、看護や疾患についての学習は確かに必要になるのですが、それを強制するのは本当にためになるのでしょうか? ただでさえ、覚えることが多い新人です。レポート提出も結局、ネットからの引用だったり、文献をそのまま書いたりするだけのようなものになっています。 そうしたレポート提出に何の意味があるのでしょうか?それよりは、より臨床に役に立つ学習を自己的に行った方がいいのではないでしょうか? しかしながら、病院のこれまでの形式で新人に課すレポート提出が決まりごとのようになっているケースが多く、出してもらっても...
Q

とにかく新人看護師のミスを指摘する先輩スタッフ

A
私が勤めている病院の先輩スタッフの話ですが、新人教育に対して、ミスばかり指摘する方がいます。 新人看護師は、基本、臨床に入るときは「分からないのが当たり前、できないのが当たり前。」という状態ですが、新人のミスを探してまで指摘するのはどうでしょうか? 新人は、環境にもなれなくてはいけない、疾患や技術も学ばなければならない、レポート提出もしなければならない…とやることがたくさんあります。 もちろん、一日一日の業務をこなすことでいっぱいいっぱいであることが多いでしょう。そんな中で、先輩スタッフから毎日怒られるということはどれだけストレスになるでしょうか? もちろん、ミスを指摘することは...
Q

看護師のストレスは病院経営に確実に影響する

A
11月は4月に入職した看護師が夜勤に入り始める時期ですね。ある病院で残業時間を調査したところ日勤看護師の残業時間は1時間未満で16%、1~2時間で26%、3時間異常で22%という結果。 交代勤務で新人という一時期だけにしても10%以上は過労死ラインに入っている事がわかったのです。 どこの医療機関も看護師不足ですし、医療現場では患者の命を救うために手当のため残業ということも頻繁にあります。 長時間労働で寝不足になり、交感神経が緊張して脈拍が増え血圧が上がり長期的には動脈硬化を起こすことも。 過労死の労働災害認定基準は、月間の残業が平均80時間で死亡した場合。医療界では月100時間残...
Q

新人看護師は就職後ほとんどの人が辞めたいと感じる

A
看護師は医療現場で勤務します。他の仕事と違い、看護師のミスによって患者が命を落とす場合もあります。ミスの多発⇒モラルの低下⇒メンタルヘルスの悪化によって看護師は今の仕事・職場を辞めたいと感じてしまうわけです。 ある病院の新人看護師を対象にした意識調査では、悲惨な結果が出ています。10%の新人看護師が「すぐに辞めたい」と答え、半年後には辞めたいと答えた人が13%、半年後までに辞めたい人は40%といました。 では新人看護師が辞めたい理由は何かというと、「賃金が安い」「忙しすぎる」といった看護師にはよくある辞めたい理由ですが、注目すべきは「本来の看護ができない」「人間関係が楽しくない」とい...
Q

ベテラン看護師も燃え尽きに注意が必要

A
ではベテランが燃え尽きないかというとそんなことはありません。10年以上のキャリアがある人でもいくつかのポイントをちゃんと押さえておかないと燃え尽きる可能性があります。 というのはある年月の経験を重ねた人は今度は新人から期待され管理職からも期待されます。その期待にこたえて仕事を続けていくというのは大変なことです。 また新しい職場や部署に移ったり、新しい職場や部署に移ったり新しいポジションについたり昇進することさえも大きな消耗を招きます。 ベテランにはベテランへの期待があり、また仕事を続けてわかることが多くなったからこそ目標も課題もでてきて抱えるストレスも大きくなるわけです。 消耗す...
Q

理想とのギャップに落ち込む看護師の新人時代

A
どんな年代でも仕事で燃え尽きる危険性はありますが、とくに注意しなければいけないのが新人とベテランです。なぜ新人が要注意かというと、いろいろな期待を抱いているからです。 まず自分自身に対して自分なりの期待があり、仕事に対して自分なりの期待をもち、周りからも期待され、仕事の対象となる人からも大きな期待をされます。 けれどもやはり新人は経験が少ないですし、なんといっても対人関係の仕事というのは、トレーニングと多くの経験の積み重ねが必要なのです。 ですから当然新人は自分や周りの期待になかなか答えられないわけです。いくら一生懸命やってもいらだちや挫折感を感じることが多いのです。 しかしこれ...
Q

新人だけじゃない!辞めていく看護師たち

A
こういったことは何も新人に限ったことではありません。看護師は部署異動がありますから、自分がやったことのない病棟に行けば、知識こそあってもやったことはないわけですから、ほとんど新人と同じです。 中にはうつ病を発症して仕事を辞めていく人もいます。看護師でうつ病になる割合は他の職種よりも少しだけ高いようです。 生活が不規則なせいもあるのでしょうか。薬を飲みながら勤務する人もいたりしますが、たいていは辞めたり、比較的負担の少ないクリニックなどに再就職するようです。 時々うつっぽいかなと思うことが看護師になれば必ずあると思います。発症する前に仕事を辞めるか一度考えてみることをお勧めします。 ...
Q

精神的な負担の多い新人看護師

A
看護師という職業は結構キツいイメージがあるかと思いますが・・・本当に大変です。新人看護師さんが毎年数人入職してきますが、1年以内に辞めていく人が数人います。 だいたい外科、産婦人科、救急などの、緊急事態が多い病棟に配属されると辛いようです。まず、1日の仕事量が多く、また内科系の病棟と違ってオムツ交換や点滴、清拭などを淡々と行うだけとはいきません。その患者さんによってケアの内容が全然違いますし、患者さんが重症になればなるほど患者さんの周りに機械類が増えていきます。 たくさんの機械の使い方を覚え、薬の作用を覚え、患者さんの病態を把握する。これは新人看護師にとっては本当に大変で時には苦痛を...
Q

日の反省をノートに書かせる。正直、きついよ。

A
病棟勤務の時に、新人に毎日の反省をノートに書いてもらい、指導者がそれに指導内容など書き込んでいくという新人教育方法を行っていました。 指導者は、毎回変わるので、「今日は何を指導した」「技術チェックはここまで終わっているよ」など情報共有が図れるのでいいのではないかという話で開始しました。 確かに、情報共有という面ではメリットになるのかもしれませんが、新人側からみたらどうでしょうか?私も以前、レポートの提出や反省を書いて毎日提出するというものを半強制的にさせられたことがありました。毎日、やっていると正直辛くなってくるのです。 毎日、提出物を書くというのもストレスになりますが、提出し、そ...
Q

ただ怒っているだけの指導主任の若手看護師への教育

A
手術室に勤務していた時の話ですが、看護主任(男性)が自分の指導係についていました。ただ、この看護主任は何かあるとすぐ怒鳴る。少し注意すればいいことも、すぐ怒鳴りつける・・怒鳴るのが好きなのでしょう。 手術室なので、患者に影響与えること(たとえば、清潔操作など出来ていないと患者の感染リスクを高めることにつながる)に対しては怒鳴ってもいいと思うのですが・・、機器のコンセントがまとまっていなかったり、物品が出しっぱなしになっていたりした時がたまにあるのですが、見つけた時にはプンプンしています。 近くにいた時には、私がしたわけでもないのになぜか怒鳴られる・・。オンコールで一緒になった時などは...
Q

見て覚えてと突き放す先輩だと新人は大変

A
逆に質問しても、「今からやるから、見て覚えて。そしてやり方は基準に全部書いてあるから、あとで見て復習して」と突き放すタイプの先輩もいますよね。 いろいろな看護技術をする場面に連れて行ってくれて、見学をさせてくれる、それは新卒にとって良いチャンスなのでうれしいことです。 しかし、実際はあまり言葉での説明はなく、「見て覚えて」というのみ。これって指導なの??と疑問に思うこともありますよね。患者さんの前でなかなか説明をするのは難しいのはわかります。だって患者さんにも不安を与えることになるから。 そしてなかなか経験できないことを見学するチャンスがあるのはありがたい。 でも新卒で何もわから...
Q

よく指導をしてくれる、でも話が長い先輩看護師

A
病棟に一人はいる指導好きな先輩。自分は仕事もできる、そしてこれまで様々な場面に出くわしてきたから、大体どんな場面でも対応できるというプライドも高い先輩。 新卒で入った時には、とても頼りになりますよね。自分たちが緊張して何も話せなくても、先輩から心配して話しかけてくれる、そしてわからないことはヒントくれたり、教えてくれる。自分の指導看護師がいたとしても、そのような先輩看護師を頼りにしてしまうことも。 でもそれが時には裏目に出てしまうこともあるのです。頼られた先輩は、後輩から信頼され相談を受けたら、うれしくなりますね。 そしてもっと指導して看護師として伸ばしてあげたいと思うはず。そうす...
Q

勉強会が多いせいで他の看護師に仕事を頼むが申し訳ない

A
看護師って、勉強会やら研修やらがすごく多いんです。しかも研修会では、毎年同じような内容なのに、どんなに忙しくても強制参加で参加させられるんです。病棟で忙しいときに一人欠けるのがどんなに大変な事なのか、分かっていないのでしょうか。 他の看護師にまでしわ寄せがいくので、どうしても負担が大きくなるし、頼む方は頼む方で申し訳なくなるんですよね。 勉強会も、大抵は病棟が終わった後にやることが多いのですが、どうしても下っ端の看護師は参加しなければならないんです。一度聞いた内容でも、自分が休日の日にも出勤して参加しないといけないですし、そうしなくてはいけない雰囲気が流れていて、参加を断る事なんて出...
Q

新人看護師は課題が多すぎて勉強ばかり

A
看護学校で勉強したことが、全て役に立つと思っていませんし、それだけで足りるとも思っていません。1年目のうちは、分からないことも沢山あるので、どんなに課題があっても、仕方がないと思って休日をつぶしてがむしゃらに勉強していました。 でも、先輩にみてもらわないといけないときに、本当にこの先輩は理解しているのだろうかということも多々あります。こっちが説明しても、「あぁ、そうなんだ、知らなかった」なんて事もありますし、これをやらなくても仕事はしていけるんじゃないか、なんて思ってしまったこともあります。 ところが、何年経っても続くんですよね、課題って。しかも、自分の課題だけじゃなくて、後輩の面倒...
Q

看護師なのに点滴と注射から逃げる方法を探している?

A
点滴や注射の技術は、経験を重ねることで必ず上達すると言われ、「絶対成功する、できる!」という気持ちで向かうことが必要と教わりました。 しかし、なかなか上達せず、毎日苦痛な気持ちでいました。また、同期は失敗も少なく、遅れをとっているような気がして、より一層みじめになっていました。 点滴や注射は、病棟の看護師なら逃れられないのですが、できるだけ当らないように毎日祈っていました。もちろん、しないわけにはいきませんが・・・。 心臓をバクバクさせながら、手に汗をかき、「成功しますように」と心の中で唱えながらトライしますが、手の震えが止まらないという状態です。 失敗した時に代わってもらう先輩...
Q

看護師の仕事に向いていないと思い始めた

A
新人の頃、点滴・注射・採血の技術が苦手でした。入職後しばらくは、プリセプターがついてきてくれて、ダメなときは代わってくれました。しかし、独り立ちしてから失敗の連続、その都度先輩を呼びに行き、頭を下げて代わってもらいました。 そんなことを繰り返すうちに、できるという自信が持てなくなりました。苦手意識を持つから余計に緊張してしまうのかもしれません。上手にできなくて、患者さんに「他の人にかわって」と怒らせてしまうこともありました。先輩や同期の腕を借りて、たくさん練習をしたりしましたが、それでも失敗が多かったです。 私には看護師という仕事が向かないのでは?と思い、だんだん看護師を辞めてしまい...
Q

毎日看護師を辞めたいと思いながら仕事へ向かった

A
まわりのスタッフや師長までも見て見ぬふりでした。それどころか、新人(同期4人)の悪口を聞えるように言っていましたので・・・。 申し送りは最悪です。こちらが一生懸命に伝えても、そっぽを向いて聞いてないような態度をとられ、最後に「は?」と冷たくあしらわれる始末。心が折れました。 毎日毎日、辞めたくて辞めたくて、泣きながら仕事に行っていた日々だったと思います。それから時が過ぎ2年目になった頃、新人看護師が入職してきました。プリセプターが外れ、自由の身になったわけです。そして、厳しい扱いも逃れられると思いました。 しかし、新人に対する接し方が、私たちの時と全く違ったのです。 優しく丁寧に...
Q

先輩看護師の顔色を伺って仕事をしてただつらい

A
続いて二人目の看護師の体験談です。新人看護師時代、それはそれは厳しい先輩ばかりでした。とにかく、先輩方の気分の波が激しくて、何をやるにも顔色みながらです。社会人として、絶体に見習いたくないと思っていました。 どの仕事も「1回見学したら、次は完璧にやってもらうから」と言われ、課題は常に翌日までに提出するように言われます。 毎日、帰宅するのは22時頃だったので、それから課題と・・・休む暇はありませんでした。おまけに、休日に「今から来て」と呼び出されることも。 新人看護師は、こういうものなんだと自分に言い聞かせましたが、本当にこれが教育なのかと思うこともたくさんありました。 挨拶は無視...
Q

新卒の同期がいないので仕事を辞めたいという相談もできず

A
私の孤独な新人生活はそのまま続き、一言も喋れないで勤務を終えることも多かったですね。ふらふらと退勤し、家ではしくしくと泣いていました。何が辛いって、ほったらかしなのに完璧を求められることです。 経験者でもないのに。時々師長に相談したりしましたけど、なにも解決しませんでした。 慣れるまでの辛抱だと・・・。若いナースがほとんどいませんでしたね、お姉さんのような存在がいればまた違ったのかもしれません。そんな感じで新人時代は精神的に辛かったです。 いじめられたわけでもないんですけどね。毎日夜布団の中で、やめたいやめたいと言って泣いていたのを覚えています。その「やめたい」ということすら、誰に...
Q

病棟に放り込まれ辞めたいという気持ちを抑えきれない新人看護師時代

A
私の新人ナース生活は、病棟に一人ぽんと放り込まれて始まりました。病棟の新人は私だけでした。しかも、未経験者の新人は、その病棟では8年ぶりだったのです。そこからもう不安でしたね。 新人研修自体、数ヶ月に一度、丸一日使う座学があるくらいです。患者さんの名前もわからないうちから検温を始めていました。人手はぎりぎりの状態なので、まとまって教育される時間もなかったのです。 プリセプターは週3回しかこないパートさんでした。2週間ほどシャドーイングのように色々な先輩をついてまわって一緒にケアを行っていましたが、3週目からは完全独立でした。 先輩は時々気にかけてはくれるのですが、基本的にほったらか...
Q

新人の時は看護師を辞めたいと何度思ったかわからない

A
とにかく、忙しすぎてみんな走り回っている始末の病棟。わからないこと、不安なことを聞くに聞けない空気間です。 でも、まだ1人ではできないことばかりですので、先輩に声をかけなければなりません。そこで、また嫌な顔をされるのも苦痛でした。 「先輩の技術を盗め」と言われても、見学するより「とにかく、やってみて」と言われて頭が真っ白になりながら行っていたことを思い出します。 そんな危険なことで良いのか、と怖くなり、事前勉強をしっかりしなくてはと思いつつ、そんな体力は残っていないのです。 結局、いろんな原因から辞めたい、辞めたいと思い始めた時期でした。最近の新人看護師教育は、私たちのときより充...
Q

誰もが一度は辞めたいと感じる新人看護師時代

A
新人看護師のとき、誰もが辛いと感じると思います。私も同様で、憧れの看護師になったのはいいけど、理想と現実が全く違うと思いました。 就職して1ヵ月もたたないうちに同期と「辞めたい」と言っていました。 原因は、1つや2つではないのでしょうね。とにかく、何もかもが嫌、逃げ出したいと思っていました。 まず、先輩が怖い、周囲に気を使う、仕事が覚えられない、全て監視されている、わからないことがわからない、疲れ果てて勉強どころじゃない・・・挙げればきりがないと思います。 私が就職した病院は、もともと看護師が不足していて1年中看護師を募集していました。 田舎の中堅病院ですので、大きな魅力がある...
Q

先輩看護師に何度も怒られきつかった

A
同じく手伝いに来ていた別の部署の師長さんが怖い顔で近づいてきて「患者さんはどうしたの?!」私は「歩けそうな状況でしたので・・外来も忙しいと思って・・」まで言いかけたところで、 「あなた看護師でしょ?!どうして患者さんをおいてくるの!!」と一言。自分なりに考えて行動した結果に刺さる一言でした。 すぐに迎えに戻りましたが、男の子は無事に外来の待合に戻り待っていたのでお詫びしたところ、笑顔で「ちょっと痛みますが大丈夫ですよ」と言ってくれました。 しかし結局診断は前腕の骨折で手術となり、やっぱり患者さんに気を遣わせてしまったという反省と、頭ごなしに「看護師でしょ?」と怒鳴られたことで看護師...
Q

新人時代の救急対応で患者さんの言葉に従ったら

A
看護師1年目、新人ナースになったばかりの夏のことです。中規模の総合病院のため、休日の救急外来への手伝いという業務がありました。 まだ本来の仕事にも慣れていないところに、救急外来という一見恐ろしい響きの部署への「手伝い」なんてお手伝いになるはずもないのですが、今思えば人員の問題や、きっと勉強も兼ねていろんな意図があったのだろうと思います。 しかしその時は救急対応なんてできるはずもないので怖くて仕方なく、言われるがまま動くという繰り返しでした。ある日、10代後半の若い男の子がスポーツによる腕の骨折疑いで緊急受診に来ました。 そんなに痛がっていなかったので歩いてレントゲンへの案内した後、...
Q

看護師という仕事の過酷さを痛感して辞めたいです

A
念願の看護師になったのに、現実は思っていたような生活ではありません。他職種の友人がうらやましくて、看護師になったことを後悔しました。また、同期4人の中で自分だけがリタイヤした感覚になっていたのかもしれません。また、自分が休んでいることをどう思われているのだろう、など余計なことばかり頭に浮かんできて、精神的にも病んでしまいました。 看護師の仕事は、どの職場に限らずハードな仕事だと思います。看護師不足のなか、一人が負担する業務は多く、時間に追われながら走り回っています。しかし、どの状況にあっても扱うものは生命ですから、責任重大です。その重圧に心も体も限界に達してしまったように思います。 ...
Q

看護師1年目に激務と過度のストレスで体調を崩しました

A
入職して1年が過ぎる頃、あまりの激務に体調を崩しました。新人時代は、勤務だけでなく、課題や自己学習など帰宅後もなかなか休めません。夜勤業務も増え、不規則な生活になかなか慣れずにいました。また、精神的にも先輩に気を使い、ストレスもピークに達していたのだと思います。 日々の残業は当たり前の職場だったので、先輩たちも定時に帰る人はいません。身体が辛くても、「体調が悪いため帰らせてほしい」とは新人の立場ではとても言い出せませんでした。ましてや、人間関係も厳しかったため、無理して笑顔を作って頑張っていました。 その後、頭痛、めまい、熱発を繰り返し、ついには倒れました。数週間、自宅療養をしていた...
Q

新人だから怒るに怒れないもどかしさ

A
「何でナースコールを取らなかったの?」と聞けばだいたい「私の担当の患者じゃなかったからです。」と悪びれもなく言われます。 新人看護師は確かにそう教えられているわけですから悪びれるはずもありません。また、今の時代、頭ごなしに怒るのは良くないとされていますよね。 「ちょっと気遣ってくれると助かるから、自分の手が空いている時は手伝ってね。」とやさしく声をかけて会話は終了するのですが・・・。 「まったく!!!考えられない!!もう一緒に仕事したくないわ!!!」と後から他のスタッフに怒り散らす人がほとんどです。 直接怒れないこと、新人だからしょうがないこと、根気強く指導していかなくてはならな...
Q

新人トラブルは慣れた頃に急に起こる気がします

A
新卒で働き始める時は誰でも緊張するものですが、半年もするとだんだん慣れてきて気持ちも緩みがちになってきます。そういった時はトラブルが起きやすいものです。 「自分は暇なのに忙しいスタッフを手伝ってあげなかった。」「自分の受け持ち患者ではないからといってナースコールを無視した。」「他のスタッフが忙しそうだったので、あまり経験がない処置なのに一人でやろうとした。」などなど。 どれもちょっとした気遣いができればいいだけのこと、またプロとしての自覚が十分にあれば対処できることばかりなのですが、これが新人看護師にはなかなか難しいようです。 自分の仕事が落ち着いていてもペアのスタッフの仕事がいっ...
Q

患者さんにやさしくするだけが看護ではない

A
こう書くと、辞めずに頑張って仕事をしてきた人たちは心優しくないのかと思われてしまいそうですが(笑)そういうことではありません。 患者さんにやさしくするだけが看護ではないのです。患者に教育したり、あえて手をさしのべなかったり・・・。いろいろな方法を使って、なんとか患者さんの病気を治し、病院の外で生活出来るように支援していくのが看護師の仕事なのです。 やさしいだけではつとまりません。ですので、そういう厳しさも兼ね備えてもらいたいのですが、心の優しい子の中には、そういう厳しさを全く持てない子もいます。 そして、看護師には厳しいイメージはあまりありませんので、自分が患者に厳しく当たらなけれ...
Q

仕事に無我夢中にすらなりきれないくらいのギャップ

A
看護師として初めて就職したとき、普通は白衣の天使のイメージを持った状態で就職してくる人がほとんどです。 もちろん大変な仕事であることはわかっていても、それでも崇高な仕事であると思っているようです。しかし、現実はかなり違います。 いつもバタバタ、イライラしている先輩看護師たちや医師。ちょっとでも問題が起きようものならすぐに悪態をついたり、面倒な患者が入院してくると愚痴大会になったり・・・。 白衣の天使とはかけ離れたイメージに、時々就職してすぐに辞める人もいたりします。
Q

新卒2年目になると次第に見えてくる現状

A
2年目に突入すると、夜勤も普通に始まっていますし、後輩も入ってきて、先輩の目は一気に後輩に移っていきます。 そうなると、自分で自由に行動できる時間が増え、患者さんとじっくり関わったり自分なりに考えたケアを提供したりと看護の幅が広がってくるものです。 また、落ち着いて周りを見ることが出来るようになるので、周囲の先輩看護師の人間関係などもちょっとずつ把握出来るようになってきます。 こうなると、この部署はこのまま長くいて勉強になるのか、自分は成長していけるのかが気になってきます。 ギクシャクしている人間関係を見せられたり、いつまでたっても自分を一看護師として見てくれず手下扱いされたり、...
Q

1年目に辞める看護師はちょっと少なめ

A
就職したての頃は、右も左もわからず、ただただ先輩の言うとおりに仕事をするくらいが精一杯ではありませんでしたか?これはどの職場でも同じだと思います。 もちろん看護職も同じで、どんなに理不尽で過度に忙しい病棟でも「こんなもんなのかな」と思ってしまいがちです。 私は新卒の頃、いじめられこそしませんでしたが、先輩看護師にはボロクソ言われました(笑)。悪意がないのは伝わってきていたので辞めようという気持ちまで発展しませんでしたが、けっこう辛いときもありました。 そして、現在新卒看護師の夜勤は半年以上経過してから入ることが一般的になってきましたが、私の時は4月に就職して6月には夜勤をさせられて...
18 件中 18 件を表示

テーマ一覧

医師との関係で看護師が仕事を辞めたい・転職したい 恋愛・不倫・セクハラで看護師が仕事を辞めたい・転職したい 家庭と看護師の両立が難しく看護師を辞めたい・転職したい 面倒・性格の悪い看護師のせいで辞めたい・転職したい 仕事が嫌で看護師を辞めたい・転職したい 患者との関係で看護師を辞めたい・転職したい 残業・研修・時間外労働が多く看護師を辞めたい・転職したい 職場に対する不満で看護師を辞めたい・転職したい 年収・給料に不満で看護師を辞めたい・転職したい 夜勤が原因で看護師を辞めたい・転職したい 先輩看護師との人間関係で看護師を辞めたい・転職したい 看護師の退職・辞め方 ストレスで体調管理ができず看護師の仕事を辞めたい 看護師転職コラム 看護師夜勤バイト・夜勤専従の残業事情 病院の看護師夜勤バイト・夜勤専従 老健・老人ホームの看護師夜勤バイト・夜勤専従 クリニックの看護師夜勤バイト・夜勤専従 産婦人科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 救急外来の看護師夜勤バイト・夜勤専従 精神科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 助産師の看護師夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の職場 看護師夜勤バイト・夜勤専従と日勤の違い 看護師夜勤バイト・夜勤専従のシフト・勤務体制(2交代制, 3交代制) 看護師夜勤バイト・夜勤専従の求人探し 子持ちのママナースの夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の日給・月給・給料 看護師夜勤バイト・夜勤専従のメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従のデメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従の休憩・体調管理・間食 初めての看護師夜勤バイト・夜勤専従 新人看護師だけど辞めたい・転職したい 看護師のパート・派遣の職場選び パート看護師・派遣看護師として復職 パート看護師・派遣看護師の比較 パート・派遣看護師と子育て・家事の両立 パート看護師・派遣看護師の求人探し パート看護師・派遣看護師の扶養内勤務 派遣看護師の派遣契約 パート・派遣看護師の給料・日給・時給 パート看護師のメリット・デメリット 常勤・正社員看護師からパート看護師へ転職