初めての看護師夜勤バイト・夜勤専従

初めての看護師夜勤バイト・夜勤専従(11件)

Q

看護師の夜勤バイトをするなら一人でも夜勤の人数が多いところ

A
夜勤の体制としては、看護師1人または2人、介護士さん1人、または2人、という2人体制か3人体制のところが多いです。もちろん多くのスタッフを配置しているということはその分仕事量が多いということはあるのですが、バイトだけで入っていると日勤の事が分からず、しかも看護師が自分だけだと日勤でここ最近変った事で申し送りが充分に出来ていない事もありました。 しかし、看護師は自分ひとり…という困った事も多々あったので、出来る事なら常勤で入っている看護師さんがもう1人居るようなところがよいです。忙しいことは忙しいのですが、安心感が違います。困った事があっても常勤の看護師さんに尋ねれば良いし、急変があった...
Q

夜勤バイトの求人応募の前に職場での業務内容、夜勤の体制を確認

A
看護師それぞれ得意な分野があるはずです。もちろんなんでもこなせる人もいるでしょう。救急患者がどんどんきたり、夜間でも手術が行われるような救急病院。または急性期病院。そういった病院しか経験のない看護師であれば介護系の夜勤はかなり戸惑うことになるでしょう。 また、介護がメインとなる療養型の経験しかない人もいると思いますが、そういった人は夜勤単発で急性期などの病院を選ぶことはやめた方が良いでしょう。どんな病院・病棟で働くことになるのかをしっかり把握しておくことが、長く続けていくことでは大切でしょう。 また、やはり夜勤のスタッフの人数というのは業務をしていくうえで最も重要視される点ではないで...
Q

夜勤専従の看護師のメリットは給料と日中の時間

A
勤務地や施設の規模により幅がありますが、アルバイトや非常勤であっても1回当たり20,000~35,000円と報酬が高いので、出勤回数が少なくても正職員並みに収入を得ることが出来ます。 またしがらみが少ないのもメリットでしょう。日勤帯では、何かと協調性が重んじられる傾向があり、たとえ自分では相手を思いやった行動であっても、陰口のネタとなることがあります。 そして、マイペースな方にとってネックとなるのが昼休みです。笑い声が高らかな集団と、同じ休憩室で昼食。椅子やお茶の準備、頂き物のお菓子の争奪戦、食器棚でのマイカップの置き位置など、たかが1時間の休憩に、踏み外してはならない暗黙のルールが...
Q

夜勤もできる常勤看護師だけでは数が足りない

A
看護の求人情報などみると、よく夜勤専従スタッフという言葉をみかけます。普通は全部の勤務、日勤、夜勤の両方をしていくのが普通です。ではなぜこういう求人がでるのでしょうか? 常勤で人数を回していくには、1日の人数で日勤、夜勤入り、明け、休みのそれぞれの人数が必要になります。突発の休みが出ても対応できるようにするためにはそれだけ、看護師の人数が必要になります。 どこの病院、施設でもそうだと思いますが、小さい子供がいるお母さんや、家庭との両立を考えて日勤だけの常勤やパートで仕事をしたいという人は結構います。そのため、夜勤の人数が不足してこういう求人が必要になるのです。 逆に夜勤もできる人と...
Q

他の夜勤看護師との人間関係にはより一層の気遣いを

A
夜勤をしていると、他のスタッフとのコミュニケーションをとる場となると、同じ夜勤で一緒になるか、夕方や朝の申し送りのときぐらいしかありません。飲み会があったりしても、夜勤が重なったりということも、夜勤専従にはよくあります。 そのため、他部署のスタッフや医師、患者さんはもちろん、同じ部署の看護師同士でもなかなか、関わりを深められず、相手から自分のことを知ってもらうのが大変です。 上手く時間を使って、普段なかなかコミュニケーションをとっていない人でも、いざというときに良い連携で仕事ができるように、些細なところからコミュニケーションを深めていく気遣いが重要です。人間関係には特に注意をしましょ...
Q

体調管理ができず万が一夜勤を休むと大迷惑

A
人間は昼間活動し、夜間は睡眠をとり休息をとるという風に体ができています。夜勤専従となると、そこが完全に逆転した生活がずっと続くわけですから、疲労もかなりたまります。 おまけに、その時間帯を一気に16時間もこなさなければいけないということで、夜勤中に体調が悪くなって、途中で帰ることになったり、前回の夜勤の疲れから風邪をこじらせて、次の夜勤を休むことになり、他の人に急遽シフトを交代してもらったなんてこともよく見られます。 そうなると、周りに迷惑がかかるばかりでなく、結果的に日勤の看護師が夜勤にまわったりもして、看護師の頭数自体も減ってしまうことになり、患者さんにも迷惑がかかってしまいます...
Q

看護師が夜勤専従で働いて大変だと感じやすいところ

A
夜勤専従のきついところは、やはり体力的に大変なところです。夜勤専従は夜の仕事です。普通、人が生活する逆の時間に仕事をするわけですから、それだけ身体の負担も増えます。 また、急変時やおむつ交換などを一人で対応しなければいけないところも多く、夜勤が終わったあとは、疲れがどっとでてしまい帰ってひたすら寝て、何もできない人も多いです。そのため、何年もこの勤務形態で仕事をする人は少なく、目的をもって短期間やるひとが多いのが現実です。 また相談する人がいないのも夜勤専従のデメリットでしょう。日勤の場合は、自分以外に看護師がいるので、何か判断に困ることやわからないことがあれば、相談できます。 夜...
Q

看護師が夜勤専従で働く場合のメリットはお金と人間関係が楽なところ

A
夜勤専従の看護師として働く最大のメリットは効率的に稼げることでしょう。夜勤専従の場合は、基本給+夜勤手当(10回)として。他の日勤夜勤の常勤に比較すると収入が上がります。アルバイトでも1回すると2万程度が相場で、3万円を超える場合もあります。 また人間関係が楽ですね。普通の常勤の場合は、日々の業務の中で様々な人間関係があり、それだけストレスもたまります。一緒に仕事をしたくないと思う同僚がいたり、日勤のスタッフは夜勤に比べて多い分、人間関係の煩わしさがあります。 それに比べて、夜勤は看護師一人のところもあり、相手に気を遣わず自分のペースで仕事ができます。患者さんに気を使い、職場の人間関...
Q

看護師の夜勤バイトをするのは日勤が嫌いだから

A
「夜勤が嫌い」というナースも多いでしょう、しかし一方で「日勤が嫌い」という人もいるのです。看護計画が好きじゃない、委員会等の係りをしたくない、入院転院受けしたくない・・・などさまざまな理由があります。 三次救急病院だとまた事情は違うのでしょうが、私が働いているような夜間の入退院がないような病院だとルーティーン作業で済んでしまうことが多いので負担が少ないと捉える方もいます。 やることがほとんど決まっていますからね。「昼は別のことをしたい」と、夜勤だけする方も大勢います。昼は別の仕事や趣味、勉強をして夜は稼ごうというバイタリティあふれるナースには脱帽です。 実際、夜勤のお仕事はで体力的...
Q

看護師の夜勤バイトはやっぱり給料がいい

A
一般的に夜勤のシフトはきついと言われますが、なぜ夜勤専属の看護師アルバイトを選ぶケースをよくみかけるのでしょうか?よく求人雑誌や、WEBサイトを見てても、夜勤専従や夜勤バイトの記事を見かけることが多いですよね。 夜勤はできればやりたくないって思っている人は多いですよね。それでも夜勤バイトをするナースはたくさんいます。どんな理由があるのでしょうか? とにかく第一は給料がいいところでしょうか。そもそも夜勤バイトをして給料がよくなかったら人が集まりませんよね。給料が良いからナースをしているという人も珍しくありません。二交替シフトで夜勤1回30000円前後、それ以上がこのごろの平均と思われます...
Q

巡視(ラウンド)と待機

A
基本的に1時間に一回、各患者さんのベッドサイドへ行って安否確認を行います。21時の消灯後、ほとんどの患者さんは寝ているので、呼吸や身体の動きをこっそり確認して「生存確認→問題なし」とします。 病状が悪く、隔離(施錠された部屋)や拘束(抑制帯で身体活動が制限されている)対応をしている患者さんや、身体的に重症の患者さんの巡視は30分毎に行います。 巡視をしていると、眠れないでいる患者さんがいることがあります。そのときは医師の指示がある睡眠薬を内服してもらって睡眠を促します。また、身体が不自由な患者さんがベッドから落ちそうになっている場面に出くわすことも珍しくありません。 待機中はナースス...
Q

ご飯介助と内服薬の予約

A
私が精神科病院で行う夜勤は、準深夜通し勤務です。2人ナースで60名の患者さんを受け持ちます。夜勤中にどんな仕事をしているのか大きく分けて紹介します。ただ配膳するだけではないのです。 ほとんどの患者さんは自分自身で食べることができますが、中には手がうまく使えず食べられない人や、食べ方が危険な人(かきこんだり、丸のみしてしまう=むせて肺炎になりやすい)がいます。ナースはそのような患者さんのご飯介助をします。 精神的な症状で「ご飯を食べてはいけない」「食べたくない」と思い込んでしまっている患者さんもいるので、食事を勧めたり食べた量をチェックするのです。普段食事をきっちり摂っている人があると...
Q

夜勤中に看護師がなんとなく誰も行きたがらない場所がある

A
その夜勤によってはなぜか誰も行きたがらない入りたがらないトイレや病室、シャワー室があります。それも何の理由もありませんが、なんか気持ち悪い感じがその夜勤の時だけはするのです。 看護師だけではなく患者さんも気持ち悪がって誰一人近寄らない場所が出来る事があります。ですが、毎回の夜勤で同じ場所かというとそうでもないのです。 次の夜勤までには看護師ですら忘れていることもあるくらいにその夜勤当日だけ誰も行きたがらない場所になるのです。何の根拠もなく、何も起こらないことがほとんどなんですが、私たち看護師ですら不思議な事です。 夜勤っていつもとは少し違う雰囲気ですよね。それは気のせいではありませ...
Q

ペアになる看護師によって仕事が忙しくなるので夜勤が憂鬱に

A
夜勤でペアの看護師が誰になるのかは結構重要です。その看護師が好きか嫌いか、性格が合わないとかそういうことではないんです。 看護師によっては何も根拠はないですが、何も起こらない予定通りに夜勤が終わる看護師さんや、夜勤のたびに患者が急変したり、夜勤中に患者さんが亡くなる率が高い看護師さんがいるのです。また、ナースコールが異常に多い看護師さんもいます。出来るなら何も夜勤で起こらない看護師さんとペアになるのが理想なのです。 なので何も予定が無い月のシフト表ですら、師長から配布された日は看護師さんはみんな食い入るように新しいシフト表を見ています。 夜勤中に禁句な言葉というと、眠い、眠たいとか...
Q

忙しくないときは夜勤中に交代で仮眠をとることもある

A
その後、23時、一時、三時と時間ごとに患者の様子を見に病室を回り、時間ごとの点滴の交換をしたりします。また、痛みや吐き気などの訴えがあるときや症状が強い時は夜間担当医師に連絡をして、薬剤や点滴の指示を受けて実施する事もあります。 夜勤の仕事が忙しく無い時は看護師が交代をして一時間くらい仮眠を取る事もあります。その後、朝が近づくと患者の朝食後薬や朝から開始する点滴の準備をします。朝の処置の準備をして、6時半の起床後は病室を回り患者の夜間の状態を聞きながら起床後の歯磨きなどの援助をします。 朝食の配ぜんや下膳をしたら、口腔ケアなどの援助をして、朝から開始する点滴を実施し、夜勤の患者の申し...
Q

看護師の夜勤の朝までの流れと仕事内容

A
看護師の夜勤の仕事は忙しく大変というイメージがある人も多いのでないでしょうか。ですが、きちんと自分に合った職場選びが出来ると夜勤もそれほど苦労なく行える事も多いのです。その職場や科目、病院によって夜勤の仕事内容も違うのでその少しではありますが夜勤の仕事内容について説明します。 大体の夜勤は申し送りや夜勤業務が始まる前に自分の夜勤担当の患者さんの日勤帯での情報収集をしてから、夜勤で試用する予定の薬剤や点滴の準備を事前にしておくことが多いです。また患者さんの夕食後薬や就寝時薬を事前に準備しておくこともあります。 申し送り後は夕食の配ぜんや下膳、夕食後の口腔ケアの介助や援助をした後に各受け...
Q

回復期病院で働く看護師の夜勤あるある

A
家に帰ることを前提に尿意のある人は、夜間もトイレに連れていくことが前提。夜間のコールの8割はトイレコールなのです。頻尿のおばあさんも多く、30分ごとに行く人も多いです。 一人だけならともかく、何人もいると座る暇もないくらいです。ステーションに戻ってきたと思ったら、またコール。誰が催眠術でもかけてといいたくなります。 また回復期病院のため、食事はみなさん食堂で摂っていただきます。その時に歩行練習を監視下で行ったりするのですけど、高次脳のためか、元からの性格なのか待てない人が多いです。 病識もないため歩いて行ってしまったり、動いてしまったりと夜勤者は転倒させるわけにもいかず、疲労もピー...
Q

ある人が夜勤に入ると急変や救急車がよくあたり多忙になる

A
夜勤はいろいろなメンバーでローテーションされ、部署の管理者である師長又は主任が勤務表を作成し、経験年数や能力関係を見て、バランスを考えて組みます。そういった状況だと、同じ夜勤のメンバーとしてこの人と当たったときはどうだったとか、この人と当たったときはどうだったかとか、覚えていたりするし、スタッフの中で話題になったりします。 うちの病院で実際にあった話ですが、ある夜勤リーダーさんが、他病棟から人事異動で降りてきました。その人は、夜勤専従の看護師さんで、先輩の話によると、昔から嵐を呼ぶ女として有名だったよう。自分と同じになったらどうしようと心配していたら、案の定、早速夜勤が同じに。心配して...
Q

夜勤で働くことによる体調面へのリスクを認識

A
看護師が夜勤バイト,夜勤専従として働くうえで体調を壊しやすいということがあります。これは夜勤の生活リズムに慣れてしまえばあまり問題になることではないそうですが、やはりホルモンバランスもくずれやすくなりますし、昼間の睡眠は夜間の睡眠に比べると充分に休息がとれていないという実験結果も出ているそうです。 医療機関に関わらず、建設業や流通業などあらゆる職業が24時間体制の現代ですので、人間の身体はやはり夜行性ではないため、太陽の下で活動し、夜は休むように作られています。 時差ボケ状態が続くと体内時計に狂いが生じ、体温調節やホルモンバランスに影響を及ぼします。夜勤明けの日はたとえクタクタでも、...
Q

看護師の夜勤バイト,夜勤専従をすることによる子供への影響

A
夜勤バイト、夜勤専従は報酬が多いことがある反面、退職まで長期できるような仕事ではないことがほとんどでしょう。アルバイトとして時折働く分には問題ありませんが、夜勤専従の正社員としてはたらくのであれば今後のライフスタイルをしっかり考えて計画・予測することが必要です。夜勤専従が無理だと判断した場合、日勤もさせてもらえるのかなどの確認をしておきましょう。 特に子供がいるママさんナースの場合よく考える必要があります。夜勤専従で正社員だと、月に9回の夜勤程度だそうです。夜勤専従といっても毎晩家にいないわけではないのです。 子どもが保育園など通い始めると保育園のイベントなどもありますし、また子ども...
Q

看護師夜勤のバイトをするナースは昼間をスキルアップや本業に使う

A
夜勤バイトをする人の中には、あえて昼間にしたいことがあるから夜勤バイトを選択するという人もいるのです。中には昼間、看護師とは違う仕事をしている人がいるかもしれません。 私の同僚にもいました。もともと看護師として働いていたけれど、趣味のエアロビが講じてインストラクターにまでなりました。しかしエアロビは看護師ほど収入がなく、また大会などにも出るので結構お金がかかること。そのためにエアロビインストラクター一本だけでは生活ができず、夜勤の看護師のバイトをしているという同僚が…。 やりたいこと、やらなければならないことがあると仕事はきつくてもこなせるだろうし、実際その同僚は、夜勤はきついなあと...
Q

看護師の夜勤バイトをするのは若くて独身、自由がほしいと願う人

A
夜勤バイト、夜勤専従を希望する人はいろいろいますが、その中には若くて独身、夜勤のバイトや夜勤専従をすると昼間に仕事がないので時間の縛りがない、自由を求めている!といったことを望んでしている人もいます。 年齢的に若いと体力もあるので、夜勤を月に数回こなしても体力的に問題ないかもしれませんね。また独身であれば、自分の生活を維持できればよいだけで、ほかの家族に迷惑かけることはないし、自分の意志で夜勤をすることができますね。 昼間の時間を自由に使うことができる、また夜勤は毎日やるわけではないので、仕事と仕事の間隔があいてその間も自由にできる、といった考えで好きなように過ごすことができることに...
11 件中 11 件を表示

テーマ一覧

医師との関係で看護師が仕事を辞めたい・転職したい 恋愛・不倫・セクハラで看護師が仕事を辞めたい・転職したい 家庭と看護師の両立が難しく看護師を辞めたい・転職したい 面倒・性格の悪い看護師のせいで辞めたい・転職したい 仕事が嫌で看護師を辞めたい・転職したい 患者との関係で看護師を辞めたい・転職したい 残業・研修・時間外労働が多く看護師を辞めたい・転職したい 職場に対する不満で看護師を辞めたい・転職したい 年収・給料に不満で看護師を辞めたい・転職したい 夜勤が原因で看護師を辞めたい・転職したい 先輩看護師との人間関係で看護師を辞めたい・転職したい 看護師の退職・辞め方 ストレスで体調管理ができず看護師の仕事を辞めたい 看護師転職コラム 看護師夜勤バイト・夜勤専従の残業事情 病院の看護師夜勤バイト・夜勤専従 老健・老人ホームの看護師夜勤バイト・夜勤専従 クリニックの看護師夜勤バイト・夜勤専従 産婦人科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 救急外来の看護師夜勤バイト・夜勤専従 精神科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 助産師の看護師夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の職場 看護師夜勤バイト・夜勤専従と日勤の違い 看護師夜勤バイト・夜勤専従のシフト・勤務体制(2交代制, 3交代制) 看護師夜勤バイト・夜勤専従の求人探し 子持ちのママナースの夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の日給・月給・給料 看護師夜勤バイト・夜勤専従のメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従のデメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従の休憩・体調管理・間食 初めての看護師夜勤バイト・夜勤専従 新人看護師だけど辞めたい・転職したい 看護師のパート・派遣の職場選び パート看護師・派遣看護師として復職 パート看護師・派遣看護師の比較 パート・派遣看護師と子育て・家事の両立 パート看護師・派遣看護師の求人探し パート看護師・派遣看護師の扶養内勤務 派遣看護師の派遣契約 パート・派遣看護師の給料・日給・時給 パート看護師のメリット・デメリット 常勤・正社員看護師からパート看護師へ転職