看護師夜勤バイト・夜勤専従のメリット

看護師夜勤バイト・夜勤専従のメリット(10件)

Q

女性に多いのは生理不順

A
女性にはホルモンバランスの異常が一番出やすいのは生理不順だと言われています。夜勤専従をするまでは定期的だった生理の周期も夜勤専従になってからは乱れたという意見は多いですね。 ホルモンバランスの異常では血液の循環も悪くなります。このことで新陳代謝も悪くなり疲労が取れにくくなりますし冷え性にもなってしまいます。 ただでさえ女性には冷え性の方が多いのでそれがさらに増強するのであればとても辛いものでしょう。 少数ながらめまいが起きる人もいます。これもホルモンバランスからくる自律神経失調症のひとつですが、抜けきれない疲労も重なって起こることが多いようです。 思春期に多いニキビですが、成人し...
Q

看護師ならではの夜勤によるホルモンバランスで体に異常が生じる

A
夜勤のみの勤務を選ぶ理由には『生活習慣の乱れの改善による体調管理』を考えてという看護師さんもいます。日勤と夜勤を交互にやるよりも夜勤だけをする方が体調やスケジュール管理しやすいと考える人も中にはいますよね。もしくは完全に夜勤手当てを目当てに働く人も。 しかし実際には日勤と夜勤をこなす人の方がまだ体調管理しやすいのは明らか。 人間のホルモンの分泌が最も盛んなのは睡眠をとったうえでの21時以降から朝4~5時までと言われています。そんな時間に仕事をしている機会が多いので次第にホルモンバランスの乱れからの自律神経系の異常をきたしてしまうんですね。
Q

夜勤バイト・夜勤専従をしながら子供の行事に全部参加したいのか

A
夜勤専従をする人の多くは独身者のようなイメージがありますが、子育て中のママさん看護師でも夜勤専従をする人はいます。夜勤専従は夜勤時間数の上限が月144時間と決まっています。2交代制だと月10回程度、3交代制だと月16回程度夜勤をすることになります。 そうなると残りの日は休みということになります。一般の仕事の人が20日程度働いていることを考えるとだいぶ少ない日数ですね。 日中の空き時間がかなり増えますので、子供が2~3人いて、行事やクラブ活動の見学など、とにかく全部参加したいけど休みが取れない!という人にとっては、夜勤専従は非常によいシフトのようです。もちろん子育て中ではなくても昼間の...
Q

夜勤バイト・夜勤専従をするなら体に負担のかからない組み方を選ぶ

A
基本的に3交代制の場合、日勤→準夜勤→深夜勤といった流れでシフトを組むのが一番体に負担のかからないシフトの組み方だと言われています。なので、夜勤専従の場合でも、準夜勤→深夜勤のスタイルを崩さずにシフトを組むことができるといいと思います。 ただでさえ夜勤専従は体に負担のかかる業務ですので、準夜勤→深夜勤のスタイルを守るか、もしくは準夜勤だけ、深夜勤だけの業務に変更してもらうとより仕事がしやすくなります。 二交代制の夜勤の勤務というのは通常、夜勤入りが一日目、夜勤明けが二日目。そして翌日の休みが3日目という流れとなります。三日間で1クールですね。 三日間で1クールの夜勤を10回入れば3...
Q

自分の子供の体調が悪いとき夜勤を辞め日勤だけにしようか考える

A
自分の子供が元気で、夜勤の時も自分の夫や両親が見てくれるサポート体制があったら、夜勤を続けることができますよね。しかし、子供が病気の時はどうでしょうか。子供も心細くなり、お母さんにいてほしいと泣く子もいるでしょう。 自分の子供の体調が悪かったら自分がそばで見ておきたいと思いますよね。でも急に子供の体調を理由に休みをもらうとほかのスタッフの迷惑がかかってしまう!どうしようと悩む人は少なくないです。 そんな時に子供のために夜勤をやめてしまいたいと思う人はいるのです。仕事は好きだし、家庭の収入の足しにもなるから一生懸命働いているけれど、病気の子供を置いてまで働きたいか?と考えてしまいます。...
Q

妊娠した時いつ報告するべきか、夜勤は続けるか

A
妊娠が発覚すると、多くの人は初期だと流産の可能性もあるし、報告は早いかな、安定期まで報告を待ちたいなと考える人は少なくありません。 しかし看護師というハード仕事では、実際切迫流早産になる人も多いので、できれば初期に報告をして赤ちゃんを大切に育てたい、自分の体を大切にしたいと思う人も多いです。 そのために、いつ報告をするべきか悩む人も多いです。報告をせずにいたら結局出血をして入院してしまうという事態になることも…。同僚にもいませんか?女性の多い職場なので、結構あるケースですよね。 そんな時、妊娠がきっかけで夜勤をやめようと思う人も多いのです。仕事は好きだし、自分が夜勤をやらないとみん...
Q

夜勤で看護師としてのスキルアップができる

A
日勤ではスタッフも一通り揃っており、何かあってもみんなで協力してこなすことができますが、夜勤ではそうはいきません。患者さんの状態も変わりやすく、どう対処するか判断を迫られる場面が多くあります。 医師への報告も、日勤では先生に会ったついでに「とりあえず報告ですけど・・・」とさりげなく伝えられますが、夜勤中は先生も寝ていますので、どれを今すぐ報告してどれを日勤帯まで保留にしておくか判断する必要があります。 人に頼れる機会が少ないですので、点滴を刺したり、処置をしたりするのも可能な限り一人で行うことになります。つまり、夜勤をしているだけでどんどんスキルアップされ、技術も磨かれていきます。 ...
Q

夜勤のおかげで自由時間も増えるうえに給料もアップ

A
夜勤をやって一番良かったと思うのは、なんと言っても給料が高くなることです。夜勤をすると夜勤手当というものが支給されます。 また、夜勤時に残業すると、日勤で残業するより高い残業代がもらえます。3交代制の場合、最も高い手当が付くのは深夜勤務になります。看護師が他の職業よりも高い給料であるのはこれが一番の理由です。 また、夜勤をしていると日中に自由になる時間が増えます。銀行に行ったりするのも楽ですし、買い物をするにも土日の混雑する中を歩かなくて済みます。体力さえ持てば、夜勤の後、そのまま買い物に出かけたり、夜勤前の昼時間に家事をこなすこともできます。 夜勤は夜中に仕事をするので、どうして...
Q

あとは巡視だけで夜勤が終わるという気の抜ける時間が一番危険

A
1時くらいになると、ほぼ記録物も終わり巡視のみになります。あと1時間…とカウントダウンをしながら眠気と戦っています。この時間が一番辛いです。この時間になると、21時に入眠された患者様が、トイレに行くのに起きてきたりする事が多く、寝起きで足元が不安定になり転倒されることが時々あります。 廊下に出ると患者様がトイレに行くのが見えるので、廊下側に椅子を持っていき、申し送りノートを読んだり、配布資料を読んだりして患者様の行動を観察をしつつ、眠気覚ましをしています。 やっと2時の仮眠時間…3時間の仮眠を取り、起きてから検温、配薬、朝食介助…と続き、朝食中もまた危険な時間です。高齢者が多いため、...
Q

普段は熟睡中の時間に一人で患者様を看るというプレッシャー

A
日勤や休みの日の夜はいつも22時半くらいまでには寝るようにしています。起きるのは6時半頃。睡眠は充分に取らないと仕事に支障が出るからです。しかし、夜勤での仮眠は2時。普段はぐっすり寝ている時間。 介護助手さんと2人で50名程の患者様を看ています。夜勤前には2,3時間仮眠を取ってから出勤します。高齢者の多い病棟なのでおむつ交換やトイレ誘導、食事介助等、21時の消灯までバタバタと動き回っており、消灯後も記録物や、翌日の薬の準備、注入食の準備等、介護助手さんが休む23時まで慌しいです。 普段寝ている23時頃になると、次第に眠くなってきます。しかし、仕事中なのでもちろん寝るわけにはいきません...
Q

なんといっても夜勤手当が高く日中を有効活用できる

A
日勤では絶対にもらえない勤務手当。夜勤をするだけで一万円以上の夜勤手当が支給されるのです。私やほかのスタッフの経験からは二交代制で夜勤手当は10,000円から15,000という範囲でした。少なくて4回、多くて6回の夜勤があるので夜勤手当だけで月に最大90,000円つくということになりますね。 また若い人に多いのですが、夜勤は16時半からのことが多いのでそれまでは友人と過ごしたり、ショッピングなどしてから夜勤に入るという看護師もわずかにいました。でもやっぱり多いのは夜勤明けの昼間が自由なのでその時間でショッピングや友人と過ごす時間にあてる看護師が多いようです。 テーマパークやホテル・旅...
Q

夜間ほど、患者さんの不安は強い傾向?看護師の対応次第で感謝も大きい

A
看護師としての仕事のやりがいを感じたり、看護師の道を選んでよかったと思うことはよくあることではあります。 しかし、『夜勤のやりがい』や『夜勤をやっていて良かった』とあらためて考えることはあまりありません。 今回は私が感じたことや、まわりのスタッフにきいた『夜勤のやりがい・やっていてよかったこと』についてまとめてみます。 長年、看護師をしていて思うことは、日中より夜間の方が患者さんの精神面は不安定になる傾向にあるなということです。痛みや病状の不安があって寝れない、寝れないとどんどん不安が強くなる、という悪循環を起こしやすいです。 また、日中は家族の面会やスタッフの出入りが多く、コミュニ...
Q

報告義務があるため、報告をしたのに理不尽な当直医師の対応

A
夜勤帯に例えば、患者さんが転倒したり、看護師が針刺し事故を起こしたりしたら、重大な症状に繋がらなくても、当直医師に報告して、然るべき指示を受け、処置をしなければいけません。 それは夜勤リーダー看護師としての責任だと思うのですが、そこで当直医師に報告すると、「なんでそんなことで連絡したんだ」とか「そんなことはお前らが悪いことで、俺は関係ない」といった理不尽な態度をとられることがあります。こっちはルールを守って連絡したのに、そんな言い方はないんじゃないか?とストレスが半端なくたまります。 自分が経験を積んで中堅層になってくると、それなりの責任ある立場がついてきます。仕事を任されることは...
Q

疲れている夜勤明けに、上司からの厳しい・冷たい一言や態度

A
夜勤も朝方になり、佳境に入ってきて、朝の8時頃になると、日勤者が出勤してきます。それまでに大量のナースコールや緊急入院、緊急処置などに振り回され、疲れ果てた自分も日勤者を見ると、もう少しで勤務が終わり、交代ができるとホッと安心するものです。 日勤者の中にはもちろん、師長など上司もいますが、そこで一言冷たい言葉や態度をとられるときのストレスは半端ありません。大変な夜勤で労ってほしいぐらいなのに、「あれ、やってないよ」とか、患者さんの転倒などのインシデントがあったりしたら「なんで、そんなことが起きたの?」と追究されたり、指摘や小言の嵐。確かにできてないかもしれないけど、夜勤が忙しかったこと...
Q

朝の採血がなかなか取れない

A
夜勤を行っていて、朝の6時くらいから日勤が来るまでの8時半までが夜勤看護師にとって一番忙しい時間帯です。患者は明け方6時ころから徐々に起き出してくるので、検温や採血に回りますが、この採血が一発でなかなか取れないとしんどいです。 一回失敗すると、気の焦りが出るので、次も失敗する可能性が高いですし、その日一日がなぜかすっきりしないのです。一発採血!これが夜勤の看護師の目標の一つです。 朝一番の手術に合わせた手術準備も大変ですよね。平日の午前中は外来があるから、手術は朝一番からあることは少ないけれど、土曜日にまとめて朝から手術を入れる医者っていませんか? 正直をいうとこの土曜日の朝から手...
Q

自分と性格が合わない、おしゃべりな看護師との2人夜勤

A
夜勤をこなすためには夜勤の相手がカギを握ります。自分と気の合う人ならば楽しく夜勤ができるのでいいですが、合わないなあと感じる人とはなかなか狭い詰ナースステーションの空間で二人きりで夜勤の時間乗り切るのはしんどいことなのです。 私が夜勤をしていた時には、なるべく勤務表で夜勤の相手をチェックしないようにしていました。なぜなら夜勤の相手を知ると夜勤の前から憂鬱になるからです。でも夜勤にいってから、あっ今日はこの相手かと思うのもしんどいと思う瞬間なんですが… また、おしゃべり好きの同僚と日勤は一緒だと楽しいけど、夜勤はちょっとと感じる人は少なくないはず…なぜなら夜勤の時は自分しか相手をする人...
Q

夜勤バイト・夜勤専従で稼ぎなら生活リズムをつけたい看護師

A
日勤と夜勤の繰り返しよりは夜勤だけで仕事をしたほうがリズムをつけやすいという人もいるようです。日勤だけでも生活リズムは整います。むしろその方がより健康的な生活リズムをつけることができるでしょう。しかし日勤だけだとどうしても給与が大きく減少してしまいます。 看護師の給与は夜勤してなんぼの世界ともいえるでしょう。その点、夜勤専従だと給与もしっかりもらえて夜勤だけのシフトなので生活リズムをつけやすいというのが夜勤のみで働く理由となるのです。 看護師で夜勤専従として働き続けるのにはやはりそれなりの覚悟が必要になってきます。よく聞くパターンとしてはいままでの職場を退職して、次の職場があまり決...
Q

日勤のめんどくさい仕事をせずに現場での業務だけに集中したい看護師

A
20代後半の独身の女性の看護師さんにたまに見かけるのが、最初は日勤夜勤の交代制勤務でしたが5年目を過ぎ、部署でも中堅クラスになってきたため、通常の業務以外に新人教育担当の仕事を割りあてられますよね。 そこで、かなりストレスを感じるようになり、残業も増えてしまったため、そういった通常業務以外の仕事をしたくないために、夜勤専従に代わるというパターンがあります。 夜勤だと日勤をしないために日勤帯に行われるような会議や新人教育には介入が難しいため、教育委員会とか感染委員会とか、業務改善委員会などといった患者さんに関わる仕事以外の役割は外してもらえるルールになっているところも多いので、それを理...
Q

看護師の夜勤バイト,夜勤専従のデメリットはやはり体調面

A
夜勤勤務の最大のデメリットはなんといっても体調管理でしょう。どれだけ昼間に休むことのできる時間があるにしろ、夜間の睡眠と比べると疲れの取れ方も違うことが実験でわかっているそうです。 このことからいくら昼間に休息がとれるにしても体調を崩しやすい環境にあるということが最大のデメリットではないでしょうか。上で述べたことと関連してくるのですが、有事の際の交代要員を確保しにくいということもあります。 日勤と違いスタッフ数もすくないので夜勤を休む場合は必ず誰かが補填として勤務しなければなりません。夜勤の交代となると、交代スタッフの翌日からの勤務の変更も必要になるので「交代できない」ということにも...
Q

看護師の夜勤バイト,夜勤専従の最大のメリットは日中を有効活用できる

A
看護師の夜勤バイトの最も大きいメリットは「日中の時間を好きに使える」ということではないでしょうか。夜勤前にしっかり休息を取りたい人はいるでしょうけど、平日昼間だと、普段は人が多い場所でも空いていてショッピングなども気軽にできます。 男性で奥さんと家事を分担しているなどあれば昼間に家事をしておけば夕方帰ってくる奥さんの負担も減ります。またこどもが小さいと病気も多くなります。昼間に病院に連れていける人がいるというのはとても心強いものです。 ほかにも「アルバイト」として捉えるのであればとても高額な報酬になります。夜勤は日勤に比べると主治医の診察や入浴介助などの介護などもなく、とくに問題など...
10 件中 10 件を表示

テーマ一覧

医師との関係で看護師が仕事を辞めたい・転職したい 恋愛・不倫・セクハラで看護師が仕事を辞めたい・転職したい 家庭と看護師の両立が難しく看護師を辞めたい・転職したい 面倒・性格の悪い看護師のせいで辞めたい・転職したい 仕事が嫌で看護師を辞めたい・転職したい 患者との関係で看護師を辞めたい・転職したい 残業・研修・時間外労働が多く看護師を辞めたい・転職したい 職場に対する不満で看護師を辞めたい・転職したい 年収・給料に不満で看護師を辞めたい・転職したい 夜勤が原因で看護師を辞めたい・転職したい 先輩看護師との人間関係で看護師を辞めたい・転職したい 看護師の退職・辞め方 ストレスで体調管理ができず看護師の仕事を辞めたい 看護師転職コラム 看護師夜勤バイト・夜勤専従の残業事情 病院の看護師夜勤バイト・夜勤専従 老健・老人ホームの看護師夜勤バイト・夜勤専従 クリニックの看護師夜勤バイト・夜勤専従 産婦人科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 救急外来の看護師夜勤バイト・夜勤専従 精神科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 助産師の看護師夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の職場 看護師夜勤バイト・夜勤専従と日勤の違い 看護師夜勤バイト・夜勤専従のシフト・勤務体制(2交代制, 3交代制) 看護師夜勤バイト・夜勤専従の求人探し 子持ちのママナースの夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の日給・月給・給料 看護師夜勤バイト・夜勤専従のメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従のデメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従の休憩・体調管理・間食 初めての看護師夜勤バイト・夜勤専従 新人看護師だけど辞めたい・転職したい 看護師のパート・派遣の職場選び パート看護師・派遣看護師として復職 パート看護師・派遣看護師の比較 パート・派遣看護師と子育て・家事の両立 パート看護師・派遣看護師の求人探し パート看護師・派遣看護師の扶養内勤務 派遣看護師の派遣契約 パート・派遣看護師の給料・日給・時給 パート看護師のメリット・デメリット 常勤・正社員看護師からパート看護師へ転職