看護師夜勤バイト・夜勤専従の職場

看護師夜勤バイト・夜勤専従の職場(6件)

Q

看護師の離職率が低い職場は十分な看護師が確保できている

A
また、離職率が低い職場は十分な看護師の人数が確保出来ている職場も多いのでその分夜勤も看護師が一つの病棟に3人いる他にヘルパーや介護士の資格のある看護助手さんを一人かならず夜勤のシフトに入れている職場もあります。 ですので、夜勤では看護師さん以外でも対応できるようなナースコール対応や夕食朝食の準備を看護助手さんにしてもらえるので援助や看護が必要な患者さんへも柔軟に対応することが出来ます。 そうなると夜勤中の無駄なストレスや労力を軽減することが出来て、不満を持たず夜勤をこなすことが出来ます。これだけ夜勤の環境が整っているので看護師さんがなかな辞めないで仕事をこなすことができるのです。 ...
Q

看護師の離職率が低い職場が、夜勤をしていて不満を持たない職場

A
看護師の離職率と看護師の夜勤のこの二つはあまり関係がないように思う人もいるかもしれませんが、とても関係があります。 離職率の良い職場は大体、人間関係が良い職場です。ですので、夜勤でどの看護師と一緒になっても不満を抱かないくらいに人間関係的な環境が整っています。 そうなると人間関係の悪い職場で働いているよりも看護師もストレスがたまらず、不満が出ることも少ないです。もう一つに離職率が低い職場はベテラン看護師さんが豊富にいて、この職場の夜勤のノウハウをしっかりと理解している人ばかりなので、心配なことや急な対応にも慌てないで済みます。 また、ベテラン看護師さんが一人いると夜間の急な医師への連...
Q

夜中に当直医師を呼んでもなかなか来ない病院

A
看護師の勤務帯の中で、一番緊張感が伴うのは夜勤帯でしょう。日勤帯は、院内にいつでも医師がいるので、患者の担当医師に連絡、相談したり、緊急でも何かあれば医師を呼ぶことも可能です。でも夜勤帯になると患者の担当医師は帰宅し、当直医師だけになってしまいます。 自分が常勤看護師でありいつも見ている患者ならば、その状況から判断して対処することは可能かもしれません。しかし夜勤のバイトで入って、いつも接していなければすぐにわからないこともありますよね。患者さんの中には、夜が不安で不定愁訴ばかり言う人だっているのです。認知症が入っているから、症状をしきりに訴える人だっているのです。 夜勤帯でも必要があ...
Q

夜勤バイトをする職場で夜間の入院受け入れがある

A
夜勤帯に入院があると、ただでさえ多忙な通常の業務が止まってしまいます。書類作成といった事務的なことや、患者さんや家族への説明に時間がとられてしまうのです。かといって通常業務や記録をしなくて良いというわけでもなく・・・ただひたすらに忙しいだけです。 たまたま入った夜勤バイトでこういう日に当たったら本当に残念ですよね。夜間に入院受け入れがなければ、毎回ルーティーンで夜勤業務をこなすことができますし、急変を除けば予想外の業務が発生することもほとんどないでしょう。業務の予定も立てやすいですし、ちょっと時間が空けばのんびりすることもできます。この点を考えると救急がある病院でなく、療養病棟や慢性期...
Q

設備が古い職場での看護師の夜勤バイトは考え直すべき

A
建築基準法や消防法が改正されるたび、継ぎ足しの設備で消防点検をかいくぐってきたような施設は出来るだけ避けた方が無難です。事務会計書類で診療報酬に不正がないかを行政に点検される医療監査。それと共に、管理職がピリピリするのが医療監視です。 清潔不潔区域の区別、環境整備がされているか、構造設備に問題はないか、看護記録に不備はないか、本人確認の印やサインは入っているかを点検されます。そこでも何とか基準を満たしているということで行政指導を回避している施設でも、客観的に見て疑問を感じることがあります。 外来患者さんが利用するトイレに、レバーハンドルならまだしも、今どきひねる蛇口。車椅子やストレッ...
Q

介護職員ならではのエビデンスのないこだわりに付き合わされるはめに

A
夜勤バイトでも多いのが、老人保健施設・特別養護老人ホームといった介護施設。介護施設ですから、スタッフの中心は介護福祉士さん、ケアワーカーさんです。 夜勤の編成も、介護士2名、看護師1名といった組み合わせも多いです。これは実際にいろいろな施設で見られるようですが、看護学校や病院実習で決まった学習を受けてきた看護師はエビデンスに基づいて仕事をする傾向にありますが、介護士さんは独自のこだわりというものを前面に出されたりすることがあるようです。 例えば、深夜帯の4時からフロア内の利用者さんの寝衣交換を開始し、6時までに終わらせ、朝食前には新しい寝衣で食事をさせてあげるとかといったもの。これを...
Q

患者さん対応以外の事務仕事や翌日準備が夜勤帯にない職場でバイト

A
日勤夜勤で行う業務というものは病院個々によって違いますが、基本的に夜勤帯は患者さんが寝ていて、検査や手術も行わないために、夜勤の間に事務仕事(カルテ整理)やナースステーションの掃除、翌日の入院・検査・点滴の準備などの業務が入ってくる病院が多いです。 しかしながら、夜勤帯には予期せぬ事態、例えば患者さんが転倒したり、緊急入院が入ってきたり、更には緊急手術、急変といったものが起こる時もあります。そういった状況になると、患者さんへの対応だけで手一杯になり、事務仕事や翌日の準備などに回せる時間がとれません。 そうなると、翌日の日勤帯にまで影響を及ぼすことになり、準備不足で支障が出たりします。...
Q

夜勤をする看護師が自分一人しかいない,仮眠がとれない病院

A
看護師で夜勤アルバイトをする人には夜勤アルバイトを掛け持ちする人。看護師で勤務しつつダブルワークとして単発などで夜勤をする人などが多いものです。 とくに単発で夜勤をする人にとっては生活の主になる仕事に悪影響のないように夜勤のアルバイトを選ばなければなりません。夜勤のアルバイトをする職場を選ぶうえで注意するべき点を挙げたいと思います。 夜勤をする看護師の人数はどこで夜勤バイトをするかにおいて非常に重要な要素となるものだと思います。どんなに仕事のできる看護師であっても、アルバイト程度の頻度でしか入らない病棟だとシステムを充分に理解することも難しいですし、物品の場所の把握をするのも難しいで...
Q

ADLの自立している患者さんが多い精神科病棟での夜勤バイト

A
病院には診療科が多数あり、看護師は幅広い場所での活躍を求められるものですが、その中でも他の診療科と一線を画しているのが、精神科だと思います。内科や外科の病棟だと、やはり患者さんの年齢は平均的に高く、脳疾患だと麻痺があったりして動けない、呼吸器・循環器・消化器だと安静の制限があったり、整形外科や一般外科でも手術後のために一時的に動けなくなっていたりします。 そういった状況だと、看護師がADL介助をしたりする必要があり、どうしても体力的に厳しい部分があると思います。それに比べ、精神科は身体面には大きな問題がない方がほとんどで、平均年齢を見ても若い傾向にあります。皆、基本的に自分のことは自分...
Q

当直医師が常に病院に待機する病院での看護師の夜勤バイト

A
夜勤のアルバイトに不安を持つ人は少なくありません。常勤でいつもそこで勤務している場合は、ある程度患者の把握ができているのですが、バイトで入るとそうもいかない。患者の情報収集から一から始めなくてはいけないけれど、すべてを把握するのは至難の業だからです。 夜間に何かあった場合にも当然困りますから、情報収集をして疑問があれば、申し送りの時に解決をしておかなければいけない。夜勤バイト看護師には非常に緊張感が伴うのです。 でもそんな時、当直医師が常に待機している病院だと少しは安心してバイトを行うことができるのです。当直医師がいると看護師だけで判断に迷う場合や、緊急の場合にも、何かあると相談する...
Q

夜勤バイトをするなら老人保健施設や療養型・リハビリ病院

A
夜勤帯はとにかく患者さんの急変が多いし、近年特に増加傾向としていえるのが、夜間の救急搬送。そういった状況下で、急性期病院や救急病院で働くのはかなり体力的にも精神的にもハードだと思います。 更に、夜勤バイトだと、夜勤の状態しか患者さんの状態がわからないため、情報不足で、患者さんに適切なケアが提供できなかったり、インシデントを引き起こしやすい状況といえます。高度な技術を要求されたりするのも、日頃、日勤帯での経験がないナースには戸惑う部分が出てきてもおかしくありません。 せっかく夜勤バイトを始めても挫折してしまったら元も子もないため、特に最初は療養型病床やリハビリ病床のある病院が良いと思い...
Q

看護師の夜勤バイトをするなら必ず3交代制で夜勤を待遇する職場

A
看護師の夜勤バイトをやるにしても2交代制では夕方16時に出勤、翌朝9時に退勤することができたとしても17時間拘束されることになります。 独身者や子育てを終えた方なら効率良く収入を得ることが出来る2交代制ですが、育児中の方は3交代制がおすすめです。 家族にとって、夕食と朝食の際に母がいないということは、「出張」と同じような感覚です。 夕べは自分でカレーを温めて1人で食べて寝たけれど、朝起きてみたら味噌汁の匂いが漂っていてキッチンに母が立っている、という風景なら、子供も安心します。あるいは深夜勤なら、夕食を一緒に食べてから明日の学校行事の持ち物を確認し、目覚ましをセットしたところで安心し...
6 件中 6 件を表示

テーマ一覧

医師との関係で看護師が仕事を辞めたい・転職したい 恋愛・不倫・セクハラで看護師が仕事を辞めたい・転職したい 家庭と看護師の両立が難しく看護師を辞めたい・転職したい 面倒・性格の悪い看護師のせいで辞めたい・転職したい 仕事が嫌で看護師を辞めたい・転職したい 患者との関係で看護師を辞めたい・転職したい 残業・研修・時間外労働が多く看護師を辞めたい・転職したい 職場に対する不満で看護師を辞めたい・転職したい 年収・給料に不満で看護師を辞めたい・転職したい 夜勤が原因で看護師を辞めたい・転職したい 先輩看護師との人間関係で看護師を辞めたい・転職したい 看護師の退職・辞め方 ストレスで体調管理ができず看護師の仕事を辞めたい 看護師転職コラム 看護師夜勤バイト・夜勤専従の残業事情 病院の看護師夜勤バイト・夜勤専従 老健・老人ホームの看護師夜勤バイト・夜勤専従 クリニックの看護師夜勤バイト・夜勤専従 産婦人科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 救急外来の看護師夜勤バイト・夜勤専従 精神科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 助産師の看護師夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の職場 看護師夜勤バイト・夜勤専従と日勤の違い 看護師夜勤バイト・夜勤専従のシフト・勤務体制(2交代制, 3交代制) 看護師夜勤バイト・夜勤専従の求人探し 子持ちのママナースの夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の日給・月給・給料 看護師夜勤バイト・夜勤専従のメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従のデメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従の休憩・体調管理・間食 初めての看護師夜勤バイト・夜勤専従 新人看護師だけど辞めたい・転職したい 看護師のパート・派遣の職場選び パート看護師・派遣看護師として復職 パート看護師・派遣看護師の比較 パート・派遣看護師と子育て・家事の両立 パート看護師・派遣看護師の求人探し パート看護師・派遣看護師の扶養内勤務 派遣看護師の派遣契約 パート・派遣看護師の給料・日給・時給 パート看護師のメリット・デメリット 常勤・正社員看護師からパート看護師へ転職