救急外来の看護師夜勤バイト・夜勤専従

救急外来の看護師夜勤バイト・夜勤専従(3件)

Q

救急外来では意外と大変な電話当番がある

A
昼間は外来も稼働しているため、救急外来に来る患者は少ないですが、夜になると途端に大量の患者さんたちが押し寄せてきます。 かなり緊急を要する人もいますが、意外とそうでない人も多いのが現状です。また、たいていの人は電話連絡を入れてから来ますが、「~なので受診したほうがいいですか?」と聞かれてもまさか「来なくても大丈夫です。」とは言えません。 それで本当に病院に来なくて何かあったら大変ですからね。そのため電話当番をする人は、ひたすら患者さんたちの話を聞くためにいるような状態になります。 普通の人から電話が来る分にはまだ耐えられますが、よくかかってくるのが精神患者さんからの電話です。夜間は...
Q

救急外来の夜勤バイトはスキルアップに最適

A
救急外来で働くには様々な科の知識が必要です。一つの科の知識を深く持っていることももちろん役には立ちますが、それ以上に全ての科の知識を幅広く持っていることが患者さんへの対応にとても役に立ちます。 そしてさまざまな事を経験し、判断力を身につけることも必要になります。けが人も病人も両方が来るわけですからいろいろな部署の経験がないと何が起こっているのか把握することさえ困難になります。 一つの科だけでなく幅広く活躍できる看護師を目指したい方にとって救急外来はとても良い職場であると思います。 判断力のある人、頭の回転が速い人には救急外来は向いている職場であると言えます。 そういった人はたいて...
Q

救急外来の夜勤のデメリットは体力的にきついところ

A
病棟では夜勤でも休憩時間以外にも患者さんへのラウンドの時やナースコール対応をしている時以外は椅子に座り看護記録を書く時間があるところもあります。 また、夜間も状態が急変した患者さんがいた時くらいしか早足で歩き回るとぃうことはしないかと思います。 ですが、救急外来は普通の外来のように休憩時間以外はほとんど立って体を動かしている状態が多いです。ですので、夜間の仕事内容として体力的なことを考えると結構辛いのがデメリットです。 外科の救急外来では、夜間のけが人や急病の患者数が多い時は、患者の重症度や状態に合わせて緊急度がその都度変わります。 救急車で搬送されてくる人数もその夜勤によっては...
Q

救急外来の夜勤は医師も看護師の人数も十分であることが多い

A
救急外来は主に急病の患者の外来の診察応対や処置、点滴を行います。また、救急搬送されて来たひとの外来応対や医師の処置介助、指示による検査や治療の介助を行います。 ですので、夜間と言うことを考えなければ、救急車の搬送される台数は多いですが、日勤の外来と業務内容としてはほとんど変わりません。ですが、夜間ならではの救急外来の特徴があります。それを今回はメリット、デメリットとして説明します。 救急外来の夜勤のメリットとしては医師と看護師の人数が十分であることが挙げられるでしょう。 普通病棟での夜勤ではほとんど多いところでも看護師の人数が3人か四人程度かと思います。そのうえ医師が医局にいること...
Q

救急外来の夜勤の仕事・職場の特徴とメリット

A
救急外来の夜勤をする場合、意外と医師が多いので、慣れてしまえば救急外来がいいという人もいました。救急外来では病棟に比べると医師の人数が多く、医師が指示を出して看護師さんはそれをこなしていくという流れだそうです。どんなに忙しいといえどスタッフの数が多いので個人のする仕事量としては多くはないそうです。 また、引き継いでしまえば終わりという面もあります。救急外来では必要な処置を施したあとは病棟に入院になるかそのまま帰宅するかのどちらかなので、あとあと記録や処置に時間がかかることはあまりないそうです。ほんとうに大変なのは入院を受けた病棟の方だということです。 またバイト料が高く、とくに夜勤の...
Q

瞬時で的確な判断力と、スピードのある確かな技術が求められる場所

A
救急外来は文字どおり、救急車で来院した患者さんの対応が中心となる場所です。近年、高齢化に伴い、夜間の救急車の出動も増えている傾向にあり、地域の中核を担う病院や二次救急を行っているような病院では、次から次へと休みなく救急車が来ることも十分あります。 そういった中の仕事内容としては、かなりハードでシビアといえます。救急車で来るくらいなので、患者さんは症状が強く動けない、生命に大きく左右するような状態であることが多いので、看護師はまず瞬時に確実に、全身状態の観察、バイタルチェックや適宜、心電図のモニタリング、酸素の投与、点滴の留置といった処置をこなしていかなければいけません。 救急対応の医...
3 件中 3 件を表示

テーマ一覧

医師との関係で看護師が仕事を辞めたい・転職したい 恋愛・不倫・セクハラで看護師が仕事を辞めたい・転職したい 家庭と看護師の両立が難しく看護師を辞めたい・転職したい 面倒・性格の悪い看護師のせいで辞めたい・転職したい 仕事が嫌で看護師を辞めたい・転職したい 患者との関係で看護師を辞めたい・転職したい 残業・研修・時間外労働が多く看護師を辞めたい・転職したい 職場に対する不満で看護師を辞めたい・転職したい 年収・給料に不満で看護師を辞めたい・転職したい 夜勤が原因で看護師を辞めたい・転職したい 先輩看護師との人間関係で看護師を辞めたい・転職したい 看護師の退職・辞め方 ストレスで体調管理ができず看護師の仕事を辞めたい 看護師転職コラム 看護師夜勤バイト・夜勤専従の残業事情 病院の看護師夜勤バイト・夜勤専従 老健・老人ホームの看護師夜勤バイト・夜勤専従 クリニックの看護師夜勤バイト・夜勤専従 産婦人科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 救急外来の看護師夜勤バイト・夜勤専従 精神科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 助産師の看護師夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の職場 看護師夜勤バイト・夜勤専従と日勤の違い 看護師夜勤バイト・夜勤専従のシフト・勤務体制(2交代制, 3交代制) 看護師夜勤バイト・夜勤専従の求人探し 子持ちのママナースの夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の日給・月給・給料 看護師夜勤バイト・夜勤専従のメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従のデメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従の休憩・体調管理・間食 初めての看護師夜勤バイト・夜勤専従 新人看護師だけど辞めたい・転職したい 看護師のパート・派遣の職場選び パート看護師・派遣看護師として復職 パート看護師・派遣看護師の比較 パート・派遣看護師と子育て・家事の両立 パート看護師・派遣看護師の求人探し パート看護師・派遣看護師の扶養内勤務 派遣看護師の派遣契約 パート・派遣看護師の給料・日給・時給 パート看護師のメリット・デメリット 常勤・正社員看護師からパート看護師へ転職