看護師夜勤バイト・夜勤専従の残業事情

看護師夜勤バイト・夜勤専従の残業事情(4件)

Q

夜勤に慣れないうちは特にペース配分と優先順位を考えましょう

A
これは、夜勤でなくてもいえますが、特に夜勤ではフォローしてくれる人はいません。 ペース配分を間違えると全部の仕事が中途半端な状態になっていたり、大事な処置や点滴などを忘れてしまうという事態になりかねません。 焦ってやるあまりに、最悪ミスを犯してしまう事態を誘発してしまいます。これは、あってはいけないことです。 新人の看護師や新しい職場では慣れるまでが大変です。自分のペースで仕事ができるようになると残業も減ってきます。 <h2 class="midashi">申し送りは簡潔に重要事項を伝える</h2> 今では申し送りを廃止しているところも多くなっています、だらだらと申し送り内容を聞...
Q

夜勤中落ち着いている時間でもやるべきことをすぐやる

A
夜勤で何で残業になってしまうのでしょうか?看護師の夜勤はとにかく毎回、体力、精神力、時間との闘いだと思います。 そのなかでどうしてもあと回しになってしまうのが、記録と片付けではないでしょうか。それと忙しい時間に言われた患者さんからの質問や依頼の内容など、緊急性の低い内容は後になってしまうことが多いですよね。 大体の残業の内容がこれらに当てはまると思います。ではどうすれば、残業をしないで帰れるのでしょう。 夜勤は何が起こるかわかりません。患者さんの急変、緊急入院の受け入れ、急変時の転院などなど。夜勤者も日勤のときのように数がいません。 少ない人数で全部やらなければいけません。平和な...
Q

立て続けに来る入院患者を見ると残業を覚悟

A
日勤では何事もなかったのに、夜勤帯に入った途端に次々と入院の連絡が入ることがあります。入院患者は1人くらいではたいしたことはないですが、2人3人と人数が増えてくると、夜勤者だけではだんだんと処理しきれなくなってきます。 ひらすら処置を行い、次の勤務者に申し送りをして自分の勤務が終了してからやっと記録作業に入る、なんて日も多々あります。だいたい3人目の入院患者の連絡が入った時点で、ペアのスタッフと「今日は最悪な日になりそうですね。」なんて会話になるものです。 仕事が立て込んでくると一つ一つの業務を急いでこなしたり、省けるところは省いたりしながらなんとか時間通りに事が進むように調整するも...
Q

残業することになるかどうかは勤務開始時間前からわかる

A
看護師という職業は、勤務前に患者さんのこれまでの経過を情報収集することから始まりますので、仕事開始の30分程度前から出勤しパソコンやカルテで今までの経過と自分の勤務帯でやるべきことなどを情報収集します。 その出勤した時のナースステーションの雰囲気で日勤がどんな勤務状況だったのかがわかる時がよくあります。比較的落ち着いている日はスタッフが椅子に座り、記録作業をしていたり笑顔で談笑する姿が見られます。 その姿を見ると、「お、今日は落ち着いてるのかな。」と安心するものです。それとは逆に出勤してみたらスタッフが誰一人としてナースステーションにいない!なんて日ももちろんあります。もしくはスタッ...
Q

夜勤残り1時間で救急患者が搬送,入院中の患者さんの容態が急変したとき

A
救急患者が搬送されてから処置を受けて入院、もしくはそのまま帰宅するまでにはおおよそ1時間以上はかかるものです。そして患者がいなくなってから記録や片付けなど、その後の仕事も残っています。 残り1時間で入院中の患者さんの容態が急変したときも同様です。患者さんの容態が急変すると看護師は患者さんの状態を観察しながら当直の医師を呼んで診察・処置をしてもらうのですが、その後にレントゲンや採血などの指示を受ければその検査をこなさなければなりませんし、点滴などの処置も行うことになります。 もちろん夜勤帯は人数が少ないので、処置を終えてからの記録になります。やはり救急や急変の対応が残業の理由になること...
Q

夜勤の朝方の緊急入院や緊急手術、処置にあたったとき

A
看護師の残業の原因は「患者さんの対応」と思われるでしょう。もちろんそれもあるのですが、看護師の業務が終わる時間に影響を与えるのは患者さんの容態だけではありません。そんな、看護師が定時で帰れないことを覚悟する瞬間をご紹介します。 夜間帯の中でも、準夜帯に緊急入院や緊急処置、手術など想定外の事態など忙しいことが起きても、よほどのことがない限り、後から取り返して残業にならないということはよくあります。しかし、同様の出来事が朝方の5時~6時に起きてしまうと、勤務終了時間が9時なので、なかなか取り返せません。 単純に残り時間が少ないというのもあるし、6時以降になると、患者さんの朝の部屋周りがあ...
Q

担当患者さんの重症度・状態を把握してから部屋周りをする

A
夜勤では日勤帯と違って、看護師の人数が少ないため、1人で10人~20人ほどの患者さんを担当することがほとんどです。病棟を何チームかに分けて、そのうちの一つのチームを見るのですが、準夜帯に部屋周りをする際は、患者さんのバイタルであったり自覚症状・他覚症状の観察、外科であれば創部の観察をしたりといった業務があります。 はっきり言って、全員の患者さんのバイタルを測っていたら、途方もない時間となります。部屋周りをしている間も、他の患者さんからのナースコールであったり、トイレ介助だったりも並行してあるので、要領を考えて回らないと何時間もかかってしまいます。 そういったときに、この患者さんはバイ...
Q

夜勤を土日入れると残業の可能性が低くなる

A
病院によっては日勤だけではなく、夜勤も残業が多い職場もあります。その職場によっては夜勤でも昼近くまで残業する病院もないわけではありません。そこまで残業する職場は少ないですが、9時で終わるところを11時近くまで毎回夜勤でも残業している所もあります。 日勤でも残業はあまりしたくはないですが、夜勤では寝ていない上に勤務時間以上に働く事は体力的にもかなりつらいですよね。体の疲れとその職場によっては朝食を取る暇もなく働いているので、集中力も切れて、早くに休みたいのが本音ですよね。 夜勤で残業をしたくない人はなるべくなら夜勤が忙しくない土日や祝日に夜勤を入れる様にするという方法もあります。働く前...
4 件中 4 件を表示

テーマ一覧

医師との関係で看護師が仕事を辞めたい・転職したい 恋愛・不倫・セクハラで看護師が仕事を辞めたい・転職したい 家庭と看護師の両立が難しく看護師を辞めたい・転職したい 面倒・性格の悪い看護師のせいで辞めたい・転職したい 仕事が嫌で看護師を辞めたい・転職したい 患者との関係で看護師を辞めたい・転職したい 残業・研修・時間外労働が多く看護師を辞めたい・転職したい 職場に対する不満で看護師を辞めたい・転職したい 年収・給料に不満で看護師を辞めたい・転職したい 夜勤が原因で看護師を辞めたい・転職したい 先輩看護師との人間関係で看護師を辞めたい・転職したい 看護師の退職・辞め方 ストレスで体調管理ができず看護師の仕事を辞めたい 看護師転職コラム 看護師夜勤バイト・夜勤専従の残業事情 病院の看護師夜勤バイト・夜勤専従 老健・老人ホームの看護師夜勤バイト・夜勤専従 クリニックの看護師夜勤バイト・夜勤専従 産婦人科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 救急外来の看護師夜勤バイト・夜勤専従 精神科の看護師夜勤バイト・夜勤専従 助産師の看護師夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の職場 看護師夜勤バイト・夜勤専従と日勤の違い 看護師夜勤バイト・夜勤専従のシフト・勤務体制(2交代制, 3交代制) 看護師夜勤バイト・夜勤専従の求人探し 子持ちのママナースの夜勤バイト・夜勤専従 看護師夜勤バイト・夜勤専従の日給・月給・給料 看護師夜勤バイト・夜勤専従のメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従のデメリット 看護師夜勤バイト・夜勤専従の休憩・体調管理・間食 初めての看護師夜勤バイト・夜勤専従 新人看護師だけど辞めたい・転職したい 看護師のパート・派遣の職場選び パート看護師・派遣看護師として復職 パート看護師・派遣看護師の比較 パート・派遣看護師と子育て・家事の両立 パート看護師・派遣看護師の求人探し パート看護師・派遣看護師の扶養内勤務 派遣看護師の派遣契約 パート・派遣看護師の給料・日給・時給 パート看護師のメリット・デメリット 常勤・正社員看護師からパート看護師へ転職