派遣薬剤師は時給3500円?月収50万越えで正社員・パートよりも稼げる調剤薬局・ドラッグストアの派遣単発

「薬キャリ」(株式会社エムスリーキャリア)

  • 登録者数10万人以上、転職希望登録者数NO.1
  • 提携紹介会社数21社で全国幅広い求人を網羅
  • 即日最大10件以上の求人紹介が可能
対応地域
全国
求人数
43,000件以上
雇用形態
正社員・パート、アルバイト・派遣・契約社員
こだわり条件
ママ薬剤師、高年収(年収600万円以上)
「薬キャリ」の公式ページを見る

ファルマスタッフ(株式会社メディカルリソース)

  • 日本調剤グループの薬剤師転職エージェント
  • 700万円以上の高年収求人情報多数
  • 時給3000円以上の高時給派遣求人を多数掲載
対応地域
全国
求人数
43,000件以上
雇用形態
正社員・パート、アルバイト・契約社員
こだわり条件
産休・育休取得実績有り、年収600万円以上可
「ファルマスタッフ」の公式ページを見る

派遣薬剤師なら時給3500円以上で月収50万以上も可能?単発でも高日給

子育てが落ち着いてきたから、空き時間に働きたい、子供が学校に行っている時間は働けるけど家事もあるしフルでは働けない、そんな薬剤師さんにぴったりの働き方が、パートと派遣ですね。
というのも今は 時給3000円以上の派遣・派遣単発求人が薬剤師求人サイトに多数掲載 されており、正社員以上の月収を得ることも可能な状況なのです。
派遣って聞くとあんまりイメージが良くない方もとりあえず業界大手の薬剤師求人サイトで上場企業のエムスリーグループが運営する 「薬キャリ」 で派遣・パート薬剤師の求人を検索したらどんな求人が出てくるか見てみましょう。
いかがでしたでしょうか?実際に 「薬キャリ」 で派遣薬剤師の求人を探してみましたが、首都圏でも時給3000円、地方だと時給4000円以上の派遣・派遣単発求人が実際に出ているのです。

兵庫県高砂市(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

兵庫県高砂市

業種

調剤薬局

給与

【時給】2800円~3000円

勤務時間

【月、火、水、金】9:00~19:30【木】9:00~17:30【土】9:00~13:00

休日

【休日】その他 (日、祝日 休み)

交通

宝殿駅 徒歩11分(JR神戸線(神戸~姫路))

福岡県福岡市南区(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

福岡県福岡市南区

業種

調剤薬局

給与

【時給】3200円~

勤務時間

【月~金】9:00~18:00【土】9:00~13:00

休日

【休日】その他 (日、祝、他)

交通

大橋駅 徒歩5分(西鉄天神大牟田線)

長野県長野市(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

長野県長野市

業種

調剤薬局

給与

時給2,700円 ※経験により異なります

勤務時間

時間,曜日応相談/週20時間程度/18:30まで可能な方歓迎

休日

日祝

交通

しなの鉄道北しなの線 北長野駅より徒歩19分 (北長野駅 徒歩17分(北しなの線、JR飯山線) / 桐原駅 徒歩18分(長野電鉄長野線) / 信濃吉田駅 徒歩19分(長野電鉄長野線))

京都府亀岡市(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

京都府亀岡市

業種

調剤薬局

給与

時給3,000円~ (※経験で算定)

勤務時間

月~金 9:00~19:00/ 土 9:00~13:00

休日

日・祝 その他シフトによる

交通

亀岡駅 徒歩16分(嵯峨野線) / 馬堀駅 徒歩16分(嵯峨野線)

念のためパート薬剤師の時給も調べたが2500円程度で足止め

東京都小金井市(調剤薬局)の薬キャリのパート薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

東京都小金井市

業種

調剤薬局

給与

年収430~550万円 時給1900~2100円 ※経験年齢考慮

勤務時間

勤務(営業)時間:9:00~19:00(土)9:00~13:30(第1木)9:00~19:00

休日

定休日:木・日曜・祝/週休2日/【年間休日125日】/法定有給休暇/夏季休暇/年末年始休暇※パートご希望の方は勤務日時間ご相談下さい。

交通

武蔵小金井駅 徒歩7分(JR中央線(快速))

福岡県福岡市早良区(調剤薬局)の薬キャリのパート薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

福岡県福岡市早良区

業種

調剤薬局

給与

@2,000円~

勤務時間

月・火・木・金 8:00~18:30 水・土 8:00~13:00 ※勤務時間は相談可

休日

日・祝+他平日有給休暇

交通

賀茂駅 徒歩5分(福岡市営地下鉄七隈線) / 野芥駅 徒歩8分(福岡市営地下鉄七隈線)車通勤可能

東京都品川区(調剤薬局)の薬キャリのパート薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

東京都品川区

業種

調剤薬局

給与

【正社員】400万円~500万円【パート】1800円~2000円※年齢・経験により応相談

勤務時間

08:30~17:30

休日

年間休日125日(週休二日制/日祝定休)年末年始休暇 夏期休暇 産前後休暇 育児休暇

交通

JR京浜東北線大森(東京都)駅

岐阜県垂井町(調剤薬局)の薬キャリのパート薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

岐阜県垂井町

業種

調剤薬局

給与

【正社員】年収 400万円~600万円 昇給:年1回 賞与:年2回【パート】時給 1,800円~2,000円

勤務時間

【正社員】土は輪番で~17:30交互 日祝年末年始輪番あり【パート】応相談

休日

日・祝日  完全週休2日制、年末年始休暇(12月31日~1月3日)、ときめき休暇(5日間)、メモリアル休暇、年間休日127日(2015年度実績) 、年次有給休暇(初年度10日)、慶弔休暇、育児・介護休暇(休業)

交通

JR垂井駅 徒歩約10分 (垂井駅 徒歩9分(JR東海道本線(岐阜~美濃赤坂・米原)))車通勤可能
派遣薬剤師・派遣単発だと職場がコロコロ変わる可能性があるし、パート薬剤師も時給は十分高いのでパート薬剤師として働けば良いと普通考えてしまいます。
ですが、 パート薬剤師の場合、時給相場は2000円〜で最大2500円程度で止まってしまい派遣薬剤師より低い のが現状なのです。
パート・アルバイト薬剤師で時給が3000円を超えることは基本的にありません。時給3000円以上で働きたい場合は派遣薬剤師として働いた方が良いでしょう。

派遣薬剤師・派遣単発とパート薬剤師は時給の差から月給がどれくらい違う?

派遣薬剤師・派遣単発の方がパート薬剤師よりも時給が高いことはわかったけれど、正直なところ気になるのは時給によって月給にどれくらい差が出るのかというところですよね。
以下に パート、派遣薬剤師がそれぞれ1日6時間、8時間働いた際の月給を 計算してみました。

「パート薬剤師」が週3~5日で1日6時間勤務した時の月収

時給
週3
週4
週5
2000円
14.4万
19.2万
24万
2100円
15.1万
20.1万
25.2万
2200円
15.8万
21.1万
26.4万
2300円
16.5万
22万
27.6万
2400円
17.2万
23万
28.8万

「派遣薬剤師」が週3~5日で1日6時間勤務した時の月収

時給
週3
週4
週5
2800円
20.1万
26.8万
33.6万
2900円
20.8万
27.8万
33.6万
3000円
21.6万
28.8万
36万
3100円
22.3万
29.7万
37.2万
3200円
23万
30.7万
38.4万
3300円
23.7万
31.6万
39.6万
3400円
24.4万
32.6万
40.8万
3500円
25.2万
33.6万
42万

派遣薬剤師・派遣単発なら1日6時間でも週3日で月給20万円、週4日で月給30万円以上

パート・アルバイト薬剤師の時給相場は時給2000円〜時給2500円なので、月給20万円以上欲しいとなると、週4日の勤務が必須となってしまいます。
それに対して派遣薬剤師なら週3日で月給20万円以上が可能ですし、 時給が3000円を超えてくると週4日1日6時間勤務で月給30万以上 も見えてくるのです。

1日8時間勤務の場合、派遣薬剤師・派遣単発とパート薬剤師だと月給にどれくらい差が出る?

「パート薬剤師」が週3~5日で1日8時間勤務した時の月収

時給
週3
週4
週5
2000円
19.2万
25.6万
32万
2100円
20.1万
26.8万
33.6万
2200円
21.1万
28.1万
35.2万
2300円
22万
29.4万
36.8万
2400円
23万
30.7万
38.4万

「派遣薬剤師」が週3~5日で1日8時間勤務した時の月収

時給
週3
週4
週5
2800円
26.8万
35.8万
44.8万
2900円
27.8万
37.1万
46.4万
3000円
28.8万
38.4万
48万
3100円
29.7万
39.6万
49.6万
3200円
30.7万
40.9万
51.2万
3300円
31.6万
42.2万
52.8万
3400円
32.6万
43.5万
54.4万
3500円
33.6万
44.8万
56万

派遣薬剤師なら週5日フルタイム勤務で月収50万円以上が可能

時給相場が2000円〜2500円のパート薬剤師がフルタイムで勤務すると週3日なら月給20万円前後、週4日で月給30万円程度、週5日で最大月給38円となっていますね。
それに対して時給3000円以上の派遣薬剤師なら週3日で月給30万円以上が可能ですし、 週4日だと月給40万円越え、週5日だと月給50万円越え も現実的なのです。

実際に派遣薬剤師として短期間勤務された方の体験談(神奈川県在住31歳)

私事ですが、前の職場を退職して、現在の職場に就職するまでの転職期間中に派遣薬剤師として働いた経験があります。私の場合は退社してから次の職場で働くまで海外旅行や趣味を満喫したかったので、その期間のみ派遣薬剤師として働きました。
職場は大手薬剤師求人サイトに登録をして見つけて、自分の日程と合った週2~3日勤務という感じです。求人サイトは 「薬キャリ」 を利用しました、唯一聞いたことがあったリクナビ薬剤師は派遣薬剤師の求人が充実してないと思ったからです。意外と求人サイトごとに求人数とかに違いがあるんだなと気付きました。
私が勤務したのは調剤薬局でしたが、いずれの日も混み合うこともなく、10時〜14時の休憩なしの4時間で10人程度投薬して「こんなに頂いてしまってもいいのでしょうか?」というような時給だったと思います。ちなみに時給は3300円でした。
私のように、次の仕事が決まるまでのつなぎの間、少しでも稼ぎたい、またいろいろな薬局で働いてみたいという人も多いと思います。それから、時給のよさからいえば数ヶ月稼げるだけ稼いで、海外に行ったりする方もいらっしゃるようです。なんといっても3500円以上の求人が普通にありますからね。
しかし、派遣薬剤師として働くのであればまず薬剤師派遣会社に登録をしてどんなところで働きたいかなどキャリアコンサルタントに連絡すると、できるだけ希望に沿ったところを紹介してくれます。流れとしては住む場所を決めるときの物件探しみたいな感じですね。
私の場合前の職場で働いている時に自分で求人探しをしたのですが、正直面倒だったので「薬キャリ」のコンサルタントに希望の条件だけ伝えて定期的にメールで条件に合う求人のURLを送ってもらい、それをチェックしました。キャリアコンサルタントには負担大だったかもしれませんが、私としてはめちゃくちゃ楽でした(笑)その方にはとても感謝しています。

派遣薬剤師として働いている薬剤師はどんな人?誰が向いてる?

派遣薬剤師の形態も様々です。例えば週2固定型や、単発や一定期間集中型、また一定期間集中型でも地方に数か月勤務という形態もあります。
また、薬剤師賠償保険も加入することもできる派遣紹介会社もあり、福利厚生も充実しているようです。派遣薬剤師として働くのはある程度自由度が高いことから、いろいろなケースがあると思います。結婚で退職し、ひとしきり結婚生活を楽しんで、落ち着いたときに「また仕事したいな」と思ったら、派遣で働く。
また出産を経て子育てもある程度落ち着いてから、派遣で働くなど、特に子持ちのお母さんには働きやすい環境にはなるかと思います。
ただブランクが長すぎる場合などは時給より自分の能力に見合った薬局をキャリアコンサルタントとよく相談の上、選んだ方がよいでしょう。
ダブルワークで、派遣薬剤師をしている方も多いでしょう。正社員ではなかなかダブルワークを認める会社は少ないと思うので、派遣薬剤師の強みかと思います。
また、50〜60歳の薬剤師さんも子育てが終了して、働きたくなったという方も多くいらっしゃいますが、ブランクの長さや混雑時の機敏さがいちばんの難点でしょう。
いくら管理薬剤師の職歴があったとしても、15年ブランクありといわれると、会社側ではほぼ新人としての扱いになります。逆に変に「自分は管理もやったことがあるし、何でもできます」といわれると、働いている正社員は99%全員年下でしょうし、直してほしいところがあっても言いづらい。
そして、実際働いて、20〜30代と同じ動きができるかといわれると、難しいところがあります。のんびり、ゆったり、患者様もご高齢がほとんどのところなら、スピードもそこまで求められないかと思うのでいいと思いますが、希望と合致するようなところで求人をしているかが問題になってきます。
求人探しや面接を受けてみて実感したことですが、今のところ薬剤師はまだまだ引く手あまたです。 高時給で働けるチャンスは積極的に活用したほうが良いと思いました。

実際に派遣薬剤師として調剤併設ドラッグストアに短期間勤務された方の体験談(30代女性)

私の経歴は、薬剤師歴 10年。調剤併設ドラッグストア、調剤薬局勤務経験あり。現在、調剤薬局(3年目) で管理薬剤師(約1年半)をしています。 30代・独身 母親と二人暮らしです。私自身は派遣で働くということに抵抗はありませんが、母親はきっと正社員で働くことを望んでいると思います。
今、現在在籍の店舗の閉店が決まりこれを機に転職も視野に入れ情報を集めている最中ですが、派遣で働くことを選択したらきっと嫌がるのではないかと思います。母が薬剤師の転職・仕事事情について全く無知なため、派遣というと毎日違う場所に行かされるものだと勘違いしていると思います。
今のご時世には、派遣という働き方も有効だと私自身は感じていますが、ちょっと古い考えの人には定職に就いていないというあまりいいイメージではないのかと思います。

収入面(時給の高さ)や契約に関する不安などはありますか?

時給は、下手にパートになるよりも派遣の方が高いですし、しっかりした大手の派遣紹介会社であれば、薬剤師賠償保険にも加入でき、不安はないですね。 実際、スポット派遣の経験が数回ありますが、ちゃんと源泉徴収票もいただけましたし。正社員の場合は、年末調整など会社側がやってくれていますが、私は医療費控除や相続における不動産売買で、青色申告も何度も書いているので、別にそれも苦ではありません。

派遣薬剤師として、どういうメリット・デメリットがありそうですか?

メリットとしては、自由な時間を有効活用できる点だと思います。後述にありますが、私には他にもやりたいことがあるので、そのために時間を割きたいのです。正社員で、今は10時から21時前まで拘束されているので、正直自分の時間がない状態です。 昼休みといっても、店を閉めるわけではないし、ほぼ毎日一人薬剤師として働いているため、休憩もろくに取れないときも多々あり、「管理薬剤師は管理職だから」と残業をいくらしても残業代もつかず、ストレスが溜まるばかりです。 デメリットとして、一緒に働く従業員さん(薬剤師だけでなく医療事務も含む)たちに、見くびられないかが心配です。「どうせ派遣だろ」と変な先入観を持ってもらっては困ります。 私も、薬剤師として10年以上働いてきて、得意分野に関してはある程度の自信を持っています。もちろん不得意分野もあることは事実ですが、もしそうだとしたら勉強していけばいい話ですし、事前にどんな処方内容が多いのか確認していれば済む話でしょう。いろいろな患者様への対応も、経験上人並みにこなせるつもりです。

あなたは派遣薬剤師として働く気はありますか?

もし、近い将来、唯一の肉親の母親に不幸があり、天涯孤独になったと仮定した場合、私は派遣薬剤師として働くことも視野に入れています。今まで、都内でしか働いたことも住んだこともないため、都内で派遣薬剤師、それに加えて時間が合えばスポット派遣もいいでしょう。 もしくは短期間(数か月〜半年程度)地方で荒稼ぎして、都内に戻りしばらく週2〜3で、派遣薬剤師として働くというものいいと思います。ただ、地方に行った場合、車は必需品ですよね。私、免許証がないので、まずは免許とってからですね(笑)。

派遣薬剤師・派遣単発は基本残業がなしなので定時で帰宅可能

派遣薬剤師の給与は時給で計算します。1時間単位で仕事をしているとちょっとでも延長したくありませんよね。できる限り残業したくないと思うのは当然の感情です。 薬剤師の派遣の場合正社員と異なり基本的に残業はないと考えて大丈夫です。派遣薬剤師は、派遣会社から雇われて働いているので、正社員の薬剤師に契約以外のこと(主に残業)を押し付けられても、断る事ができます。(空気的には気まずくなることもありますが) 契約の更新の事で不安になることもあるかもしれませんが、それと残業を一緒に考える必要はありません。あくまで勤務時間内で精一杯仕事を全うすれば良いのです。 もちろん、常識の範囲内でお願いされた仕事は終わらせて帰る、人間関係を悪くならないようにするなど正社員の薬剤師さんとうまくやれば時間通り帰っても文句をそこまで言われる事はないでしょう。 派遣薬剤師さんはサービスを提供するべき相手、それは派遣先の正社員さんです。派遣薬剤師さんはもちろん患者さんがおちろんお客様にもなりますが、派遣先の正社員の薬剤師さんのサポートをする、ということを覚えておく必要があります。 社員さんが少しでも楽になるように動く事を考えるんですね。ですので、社員の薬剤師さんとの人間関係がうまくいかないとどうしても職場に不満を持ってしまいます。逆を言えば、社員の薬剤師に感謝されるような働き方をすれば、派遣先から評価され契約の更新ができる可能性が高まりますし、その職場で働く事自体が楽しくなり社員さんにとっても派遣薬剤師さんのどちらもハッピーになる訳です。

どうしても辞めたくなったときに派遣薬剤師からの途中契約解除は可能?

派遣薬剤師として働く事を決めたとしても、知っておいた方がいいのが派遣薬剤師から派遣契約を解除できるのかということ。 派遣契約は基本契約を解除できないとしても、本当に辞めたくなったときはどうなのか、きちんと知っておくべきですよね。なので契約解除に関して確認していきます。 派遣薬剤師は期間を定めた労働契約で働いています。ですので、原則として期間の途中での派遣薬剤師からの解約は契約違反。一度契約を結んだら期間満了まで仕事をしなければいけません。 実際のところ実際のところ自己都合により途中で辞めると、派遣元から次の仕事を紹介してもらえなくなる可能性が高くなってしまうのです。 では派遣薬剤師は契約期間中いっさい解除をできないかと言われればもちろんそうではありません。もし「やむをえない理由」などの正当な理由があれば契約の解除は可能です。 例えば夫の転勤などの理由では派遣元へ申し出て承認をとります。また就業条件明示書に書いてあった労働条件が実際と異なっていた場合は即時に労働契約を解除することができます。 とはいえすぐに辞めてしまうと派遣元がかわりの薬剤師の確保や引き継ぎで困ってしまうかもしれないので、正当な理由があるとしてもできる限り余裕を持って派遣元へ途中解除を申し出るようにします。 また、労働条件や職場環境のトラブルは、双方の誤解が原因だったり話し合いなどで解決できたりすることもあります。派遣薬剤師は辞める事を決める前に派遣元とよく話し合いをしてみるのも一案です。 派遣薬剤師を職場へ送り込んだ派遣元は、派遣薬剤師にとにかく辞めて欲しくないということを覚えておきましょう。派遣元は派遣薬剤師を強制的に働かせることはできません。 したがって派遣薬剤師が契約期間途中で辞めたいと言ってきた場合、無理に引き止めることはできません。ただ、派遣薬剤師が途中で辞めて代替要員を派遣できない場合、派遣元は派遣先から損害晩鐘を求められる事があります。

単発・スポット派遣の薬剤師の仕事内容はなに?勤務先はどこ?

「薬キャリ」「ファルマスタッフ」「ファルメイト」などの単発の派遣薬剤師の求人を掲載している転職サイトで確認すればわかりますが、単発・スポット派遣の薬剤師の求人のほとんどが「調剤薬局」と「調剤併設のドラッグストア」になります。 薬剤師の単発・スポット派遣とは薬剤師が最短1日~働ける短期間での働き方で、単発の場合30日以内かつ週20時間未満です。単発でない派遣契約の場合は、数ヶ月から1年程度が一般的です。
また単発の派遣薬剤師の場合、パートやアルバイト・派遣の場合の復職と違って、教育の期間がなく当日すぐに実務に入ってもらう形となるので投薬、ピッキングがメインであるなど実際に派遣先の調剤薬局、調剤併設のドラッグストアでピンチヒッターとして必要とされる業務に臨機応変に対応することになります。
ですので調剤経験が1年以上あれば問題なく単発の派遣の仕事に就くことが可能となっております。欲を言えばコミュニケーションスキルが高く初めていく職場の薬剤師さんとも円滑に業務を進められるに越したことはありませんが、調剤経験が1年あれば単発派遣をやりたいのにできないという状況にはならないといって大丈夫でしょう。

単発・スポット派遣で働ける薬剤師の4つの条件

単発・スポット派遣は労働者法で「日雇い派遣」に分類され、以下の4つのうち1つでも当てはまれば単発・スポット派遣の薬剤師としての就業が可能となります。 「60歳以上の方」「雇用保険の適用を受けない学生の方」「年収500万円以上で副業として働きたい方」「世帯年収が500万円以上で主たる生計者ではない方」が条件となります。 管理薬剤師の方は単発スポット派遣の就業はできないのでご注意ください。

高時給の薬剤師派遣単発・スポット派遣なら月3回の勤務で月収7万が可能

正社員薬剤師としていきなり復職するのは厳しい、さらに言えばまだ家事や子育てが落ち着いていないので週に数日勤務するパートや派遣でもハードルが高いというママ薬剤師の方でも単発派遣・スポットであれば安心です。 薬剤師の単発派遣・スポットであれば週単位ではなく月に数日でもOKです。単発派遣とはいえ薬剤師の場合時給は3000円以上のケースも存在するのでそうなると月に2,3日の勤務で月収5万, 7万越えも可能なのです。 月5日であれば時給3000円で1日8時間勤務なら月収10万円も得られます。 また勤務日数を考慮して薬剤師派遣単発をするママ薬剤師もいれば、ブランクで正社員薬剤師として勤務していた頃から5年以上経ってしまって感覚を取り戻しておきたいがために働く方もいます。 いきなりパートや派遣として復職するよりも復職の際の面接で単発やスポット派遣で復職に向けて単発勤務をしていたとアピールもできますし、ママ薬剤師さんから見ても精神的に安心できます。

既に正社員・パート勤務の薬剤師さんは単発・スポット派遣(副業)で年収アップ

単発・スポット派遣の就業条件として「年収500万円以上で副業として働きたい方」とありますね。正社員薬剤師として年収が500万円ある方で、転職するのは面倒だったり職場自体には満足しているけれど年収をあげたいという方に単発・スポット派遣は便利です。 薬剤師の単発・スポット派遣の時給は3000円を超える場合も多いので、そうなると土日のどこかで月に数回勤務するだけで月収10万円アップを実現できます。
転職による年収アップを考える正社員薬剤師さんもいるかもしれませんが、転職となると大掛かりなので短期的に月収を増やしたい、余裕のある土日だけ働く単発スポット派遣の方が都合が良いですよね。
土日に1日8時間働くのはさすがに体力的に厳しいとなれば1日6時間の単発スポット派遣勤務が現実的でかつ1日6時間からOKの求人も存在しますが、1日6時間の勤務だけでもある程度の金額を稼げます。
時給3500円であれば1日6時間でも日給2.1万円で、月に2回の勤務で4.2万円となりますし、土日のどこかだけ1日勤務するなど工夫をすれば副業で10万円前後の月収を得られるのです。

神奈川県横浜市青葉区(調剤薬局)の薬キャリの派遣単発薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

神奈川県横浜市青葉区

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給3,000円〜3,500円※経験、就業条件により異なる。

勤務時間

平日09:00-18:30土曜09:00-18:00日曜09:00-13:00※単発勤務歓迎!週4-勤務大歓迎!!

休日

勤務日以外店舗定休:水祝

交通

東急田園都市線 沿線徒歩7分

埼玉県さいたま市北区(調剤薬局)の薬キャリの派遣単発薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

埼玉県さいたま市北区

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給3,500円〜※経験など考慮し決定

勤務時間

土 9:00〜17:00※上記のうち、時間帯は応相談

休日

就業日以外有給休暇(適用条件あり)※取得実績あり!産前産後休暇・育児休暇(法定通りに適用)※産休育休の取得実績あり!

交通

JR高崎線 / 上尾駅JR高崎線 / 宮原駅

埼玉県さいたま市中央区(調剤薬局)の薬キャリの派遣単発薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

埼玉県さいたま市中央区

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給2,200円〜2,700円※経験など考慮し決定

勤務時間

月火水金 9:00〜12:00/15:00〜18:00土 9:00〜12:00※上記内で日数・時間数は応相談

休日

就業日以外有給休暇(適用条件あり)※取得実績あり!産前産後休暇・育児休暇(法定通りに適用)※産休育休の取得実績あり!

交通

JR埼京線 / 与野本町駅

神奈川県横浜市(調剤薬局)の薬キャリの派遣単発薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

神奈川県横浜市

業種

調剤薬局

給与

派遣時給2,800円交通費全額支給

勤務時間

9:00~18:00(休憩2時間、実働7時間)

休日

日曜・祝日応相談

交通

都筑ふれあいの丘駅 徒歩13分(グリーンライン)

神奈川県横浜市緑区(調剤薬局)の薬キャリの派遣単発薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

神奈川県横浜市緑区

業種

調剤薬局

給与

時給3,000円~ (※経験で算定)

勤務時間

平日 9:00-18:30土祝 10:30-16:00のうち、シフト制

休日

日・祝 その他シフトによる

交通

十日市場駅 徒歩18分(JR横浜線) / 長津田駅 徒歩22分(JR横浜線)

大阪府河内長野市(調剤薬局)の薬キャリの派遣単発薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

大阪府河内長野市

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給2,700円〜2,700円

勤務時間

3/28(月)、4/11(月)いずれも 10:00〜17:00※上記より就業可能な日をご相談ください。(1日のみの勤務も相談可能です)

休日

勤務日以外

交通

南海高野線 / 千代田駅 徒歩7分 *車通勤も便利です

東京都足立区(調剤薬局)の薬キャリの派遣単発薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

東京都足立区

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給2,700円〜3,000円※時間、日数、経験により考慮します

勤務時間

11/14、21、28(土)9:30〜12:30

休日

就業日以外

交通

JR常磐線(上野〜取手) / 北千住駅つくばエクスプレス / 北千住駅東京メトロ千代田線 / 北千住駅

東京都足立区(調剤薬局)の薬キャリの派遣単発薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

東京都足立区

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給2,500円〜2,800円※時間、日数、経験により考慮します

勤務時間

1月10日(火)、11日(水)、13日(金)、16日(月)、20日(金)、23(月)27日(金)、30日(月)

休日

就業日以外

交通

JR常磐線(上野〜取手) / 北千住駅つくばエクスプレス / 北千住駅東京メトロ千代田線 / 北千住駅

東京都練馬区(調剤薬局)の薬キャリの派遣単発薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

東京都練馬区

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給2,400円〜2,800円※経験・能力・時間数などにより異なる

勤務時間

月〜金 9:00〜19:00土    9:00〜13:00※1日単位の単発派遣〜週3日以上の長期派遣までご案内可!

休日

日祝+契約日以外

交通

西武池袋線 / 中村橋駅

派遣薬剤師の単発・スポットなら転職の合間や一定期間働いて長期休暇もあり

薬剤師さんの中には転職活動をしていて、次の職場での就業開始日までしばらく休みたいという方もいるかと。その間に海外旅行に行ったり、子供との時間を大切にしたり転職の合間だからこそできる時間の使い方がありますよね。
次の職場での就業開始日を2ヶ月先とかにしてしまうとさすがに数ヶ月給料がないわけで、いくら退職金や前職での給料が入るとはいえ海外旅行などに行ってしまったら家計は大赤字になりえます。
そこで次の職場で働くまで都合の良い日だけ短期・スポット派遣で働いて一定の月収を得るというのは有効ですし、海外旅行などの費用を短期・スポット派遣で稼いでしまうこともできるでしょう。

派遣薬剤師・パート薬剤師の職場は調剤薬局がメイン

そろそろパート・アルバイトで働こうかなという薬剤師が復職先として選ぶのが、調剤薬局ですよね。実際に結婚,出産,子育てが落ち着いたママ薬剤師の復職先はほとんどの方がドラッグストア、病院ではなく調剤薬局でしょう。病院に勤務していて結婚を機に退職、その後調剤薬局で働くというのが主流ですからね。 ドラッグストアや病院で働くのに比べ、調剤薬局で働く場合は職場的にも落ち着いて仕事ができるというイメージをお持ちではないでしょうか。薬局にもよりますが、職場に薬剤師がそんなに多くいるわけではないのでよほど気が合わないということがなければ人間関係にも悩みを抱えず家事や子育てもしながら空き時間に働くことが可能です。

調剤薬局勤務は同じでも派遣とパートでそれぞれメリットデメリット

調剤薬局のパート薬剤師は時給2000円〜2500円程度、派遣だと3000円以上の求人もあるようですね。薬局での仕事に関しては、当然おわかりだと思いますが、処方箋、薬疑義照会、服薬指導など、最前線で患者の方を守る役目となります。 多忙な薬局でも、休憩時間はしっかりとれることが多く、シフト制で薬剤師さんの都合に合わせた働き方が可能なところがほとんどでしょう。 徐々に派遣として働く薬剤師さんが増えてきたという現状があります。それはやはり働きやすさに加えてパートよりも時給が圧倒的に高いというのもあるでしょう。 ただ、パートという働き方、派遣という働き方それぞれにメリットとデメリットはあります。確かに派遣の方は時給が3000円を超える求人がいくつもありパートよりも稼げますが、契約が短期間なので、定期的に職場が可能性が変わる可能性が高いです。一方パートは派遣よりも時給は劣ってしまいますが、一度採用されれば職場が変わる心配はありませんし安定しています。 調剤薬局で働くことはだいたい決めているが、パートと派遣で迷っている、派遣の時給の高さに興味をもったが、派遣切りという言葉もあるし派遣はやっぱり不安といった方は実際に薬剤師派遣会社に登録して確認してみた方が良いでしょう。自分が勤められるエリアでは派遣とパートそれぞれどういう求人があるのか確認したいというのも全く問題ありません。

ドラッグストア勤務の派遣・パート薬剤師の時給と仕事内容

派遣・パートとはいえドラッグストア、調剤薬局、病院などどこで働くかは復職、働き方を変えようと考えている薬剤師さんにとって非常に重要なことです。なので今回は派遣・パート薬剤師として働こうと思っている方向けにドラッグストアで働くメリットデメリット,派遣・パートの時給について紹介していきます。 ドラッグストアに勤務する派遣・パート薬剤師の仕事は、薬剤師のみができる仕事と薬剤師以外でもできる仕事に分けられます。注意する必要があるのは、薬剤師以外でもできる仕事をやらなきゃいけないのがドラッグストアの薬剤師なんですね。 とはいえ時給はパートだと時給2000円〜2500円、派遣だと最大時給4000円とかなりの高待遇です。 薬剤師資格がなければできない仕事としては、OTC(第1類)、調剤業務(調剤併設型ドラッグストアの場合)が挙げられます。ロキソニンなどの医薬品は薬剤師の資格がないと販売できない薬なのです。 これらの薬剤師資格がないと販売できない医薬品(第一類のOTC)は、薬剤師資格を保持しない人が販売すると法律で罰せられますが、ドラッグストアの売上の上位を占めています。ですので、その売上を支える医薬品を販売するためにドラッグストアは薬剤師の確保が必要です。。 したがってお客さまとの積極的なコミュニケーションも大切な仕事のひとつです。健康についての身近な相談者として、生活習慣の改善、健康管理や一般用医薬品などについて、お客さまから相談を受ける機会も多くなります。ドラッグストアで働く薬剤師は、一般の消費者にとって最も身近に感じられる薬剤師ではないでしょうか。 一方、ドラッグストアで薬剤師資格がなくてもできる仕事がたくさんあり、当然薬剤師も本業とは関係がありませんがやらなければなりません。 ドラッグストアは、店舗運営と商品販売が主な仕事となるので、バイトがやるような仕事も業務に含まれます。また、正社員としてドラッグストアに採用されると店長業務をやることも多々あります。つまり、店舗の経営全般の仕事をやる必要がでてきます。店舗の売上状況や数値管理、バイトのシフト管理ももちろんそれに含まれます。 ドラッグストアの薬剤師のデメリットは、薬剤師としての本業以外の仕事内容があることです。

派遣・パート薬剤師としてドラッグストアで働くメリット

派遣薬剤師の職場は調剤薬局、病院、製薬会社などありますが、ドラッグストアで働くメリットとは何でしょうか?1番大きなメリットは店舗の経営まで幅広い業務を行えることです。薬剤師さんの中にもいろんなタイプの人がいて、経営までやりたい人もいれば調剤に専念したい人もいます。 薬剤師としての勤務に加え、店舗管理まで行い人にとっては最適な職場と言えるでしょう。経験を積んで、将来は度独立・開業を目指す事もできます。 他には、OTC販売の経験が積める、接客機会が多くお客とのコミュニケーションが多いといったところでしょう。そして調剤薬局や病院と比較しても給料は高めとなっています。 地域の人々の暮らしや健康を守る大切な拠点としてドラッグストアを運営し、日々様々な人の悩みを解決しながら人々の生活に密着した存在として仕事をしていくことは、それ自体が大きなやりがいでもありますし、店舗マネジメントやマーケティングセンスなど、ビジネススキルを磨くことができます。

派遣・パート薬剤師としてドラッグストアで働くデメリット

ドラッグストアで働くメリットに、薬剤師としての本業以外の業務もできるとありましたが、そのような業務を好まない人にとっては医薬品以外の業務は大きなデメリットとなります。薬剤師の専門性を生かしきれないですからね。商品の在庫管理や店舗マネジメント、接客・レジ業務など、薬剤師資格とは関係ない業務もかなりのボリュームを占めるため、そのことをしっかりと理解しておかないと、大きなギャップを感じてしまうでしょう。 業務が幅広すぎて、かえって大きな負荷となるケースもあるので注意が必要です。また、1店舗に薬剤師の数が1人だけというケースも決して珍しくありません。 店舗に薬剤師が自分しかいないと、必然的に第一類医薬品の販売対応や調剤業務などは全て自分が担当することになる上、ドラッグストアは24時間365日営業の店舗も多いので、どうしても休みが取りづらくなってきます。 他にも給料は頭打ち傾向であるなど、ドラッグストアならではのデメリットもあるので、ドラッグストアへの転職を考える場合には、求人先企業の勤務条件や薬剤師の配置体制などについて事前にしっかりと確認をしておくことをおすすめします。

薬剤師派遣の求人に応募する前に職場の雰囲気をチェックすべき理由

ママ薬剤師の人気の働き方、派遣薬剤師。求人を探すのは面倒ですから、薬剤師転職サイトを利用した方が効率的です。 しかし子育てや家事の忙しさのあまり、薬剤師派遣会社に任せっきりになってしまいやすい、つまり自分自身で納得いく職場を探すという考えが弱くなってしまいがち。 ただ、薬剤師派遣会社に任せっきりの求人探しをしてしまうと、派遣薬剤師として働き始めてからイメージと全く違った、条件も異なっている、こんなんだったら復職しなければよかったということになることも。 そんな最悪の事態を避けるためにも、面倒ですが求人に応募する前にその職場へ足を運ぶ事が非常に重要なんです。

派遣薬剤師の求人を応募する前に必ず職場へ足を運ぶ

薬剤師さんが転職や復職活動をする中で他の職種の人よりも良いところは、外部の人間でも職場の中へ入れる事です。要は、その派遣薬剤師の求人に応募する前にお客としてその職場へ行ってみる事が可能です。 実際に足を運べば、職場の雰囲気、どのくらいの年齢層が働いているのか、上司になりそうな人は誰か、患者さんにはどんな対応をしているのかなどわかりますよね。 他にも自宅から通うのにどれくらいかかるのか、どこに寄り道できるのかなど職場と自宅を行き来してみないとわからないこともたくさんあります。 特に薬剤師は女性が多い職場なので、人間関係でもめやすいのは否めません。ですのでどういう人が働いているかというのは、ちゃんと自分で目で見ないと後から後悔する可能性が高まってしまいますよ。 今述べたように、派遣薬剤師の求人に応募する前にその職場へ足を運んだ方が良いのですが、足を運んだだけではわからないことももちろんあります。 例えば子育てをしながら働いているママ薬剤師さんがどれくらいいるのか、職場の残業事情、その職場で働いている人の経歴、その職場を辞めた人の退職理由などできれば知りたいですよね。 そのような職場の細かい情報については薬剤師派遣会社のコンサルタントに聞いてみましょう。転職コンサルタントは職場ごとの情報を持っているので、希望すれば教えてくれるでしょう。 ですので、自分の目で職場を確かめる事、転職コンサルタントから職場の内情について教えてもらう、この2つが派遣薬剤師になる上でめちゃくちゃ重要なのです。

本当にある?地方で探すと見つかる時給4000円以上の派遣薬剤師の求人


派遣薬剤師の時給は、首都圏だとどんなに高くても3500円程度ですが、地方に行くとさらに上をいく時給4000円、希少ですが時給5000円の派遣薬剤師の求人も実際に掲載されているんですね。

地方にお住いの薬剤師さんは時給4000円以上の派遣求人があるか確認しないと逆にもったいないのが本音なところ。

地方に実在する時給3500円〜4000円で住宅補助付きの派遣薬剤師の求人


地方で派遣薬剤師の求人を探すと時給4000円以上の求人が実在し、驚かれた方もいるかと思いますが薬剤師の採用に困っている調剤薬局はさらに薬剤師さんに住居を用意するところもあるんですね。

どういうことかというと、わざわざ地方に出向いて勤務しにきてくれた薬剤師さんにはマンションの一部屋をかしてくるということです。つまり家賃をかけずに時給4000円といった高時給で働くことができるのです。ですので短期間だけ働いて数百万円の貯金をつくり、なんてことも可能です。

調剤未経験・ブランクありの薬剤師さんも派遣なら高時給で復職可能


結婚・出産を機に勤めていた職場を退職したママ薬剤師さんが復職を考える際に職場として最も多いのは「調剤薬局」でしょう。

ドラッグストアも可能といえば可能ですが、ドラッグストアの場合調剤以外の仕事も多いので、一般的には調剤薬局にパートや派遣で復職するのが一般的ですね。とはいえ調剤未経験の方や長期間のブランクがある方はそんな私でもOKの求人があるのか不安になってしまうこともあるかと。

薬剤師派遣会社に微妙な求人を紹介される可能性もあるので注意が必要


薬剤師派遣会社に登録すると、一般公開されていない非公開求人も紹介される、自分では見逃してしまうような思いがけない求人を紹介してもらえるというメリットもありますが、が当然デメリットもあり希望と異なる求人を紹介されてしまうこともあります。

なぜそのようなことが生じるかというと、薬剤師派遣会社は薬剤師さんを病院、調剤薬局、ドラッグストアに紹介するわけですが、薬剤師さんが入社した場合、年収の30%程度を仲介手数料として採用した企業からもらうのでそれが利益となります。そのため派遣会社は取引がある企業しか紹介できたいので、薬剤師派遣会社側が得するような企業しか紹介されないことがあるのです。

ですので「派遣会社に頼りすぎ」の求人探しはトラブルの元です。派遣会社にとって応募者からの転職相談は仕入れです。斡旋につながらない相談に時間を割くことはできないのです。

希望が定まってから派遣会社に本格的に相談する


希望が定まらないまま派遣会社のキャリアコンサルタントに相談しに行くと紹介しやすい求人を紹介される可能性が高いですね。募集人数の多い求人や人気のない職場が紹介されたとしてもその求人が悪いわけではないのですが、紹介されるままに働くことを決意してしまうと「やりたい仕事と違った」「派遣に働き方を変えたのに前と同じ不満が・・」といった後悔をしてしまいます。

相談というよりは、「自分の希望の条件・派遣として働く意思を伝えにいく」という表現の方が適切かもしれません。時給、年収、勤務地、勤務日数など優先順位も考慮して理想の条件をまとめておきましょう。

薬剤師派遣会社を選ぶ際のポイント


薬剤師派遣会社を選ぶ際のポイントは、キャリアコンサルタントの力量、相性、派遣会社が持っている求人案件と薬剤師さんの希望がマッチするかです。

キャリアコンサルタントの力量と相性を見極めるためにまずはメールでやりとりして紹介される求人の質を見たり対応の丁寧具合を見れば良いでしょう。来社を強引に勧める会社や画一的な対応をする会社は早期にコンタクトを取って関係を築いていくには向いていないですね。

最初はどの薬剤師派遣会社に複数社に登録して合う派遣会社を搾っていくのが良いです。合わない会社、担当者とは自然とお互い連絡を取らなくなるので無理に吟味する必要はありません。

薬剤師派遣会社にもいろいろあって、気軽にたくさんの応募者に会いたいという派遣会社と、職務経歴書を見て斡旋の可能性がある人に合う派遣会社があるので、メールのやりとりで「会いましょう」と言われてから会うのもよし、薬剤師さん側から面談を申し込んでもOkです。

また求人を紹介されたら応募する場合もしない場合も必ず意思表示をすべきで、魅力的だと思った時には気に入った理由を、応募しない場合は本当の理由も伝えた方が良いです。そうすると次の求人はより希望の近いものになります。

薬剤師派遣会社の利用料はは完全無料


薬剤師派遣会社の利用料は完全無料です。転職をする薬剤師の方はいっさいお金がかかりません。ですが、無料会員登録すると、あなたに1人専属の転職コンサルタントがつくんです。。これは活用しないと損ですね。


転職コンサルタントは、各薬剤師派遣会社にいる薬剤師転職のプロです。というのも、これまでに数多くの薬剤師から相談を受け、希望に沿った求人をすぐに紹介し納得のいく転職を成立させてきたため、転職の仲介に慣れているのです。


まずは専属のコンサルタントに、あなたのご希望、経歴、転職を考えている理由、転職に関する不安などを伝えます。転職コンサルタントはヒアリングした後、数ある求人の中から希望に沿う求人を探し、提案してくれます。



派遣会社のキャリアコンサルタントのサポート内容


親切すぎる転職コンサルタント。。。。もう少し転職コンサルタントがサポートしてくれることについて具体的に述べていきましょう。



  • キャリアプランのアドバイスをしてくれる

  • 今転職した方が良いかのアドバイス

  • 応募書類の準備・面接日程の調整など、求人の応募手続き

  • 雇用条件や給料の交渉

  • 履歴書添削・面接対策

  • 入退職の準備・サポート


数多くの薬剤師転職をサポートしてきた転職コンサルタントにキャリアのアドバイスをしてもらえるのは本当にためになります。例えば、今は正社員として働いているけど結婚・出産したら多くの人はどういう働き方をするのか、調剤薬局に働いている場合、病院薬剤師はどんな感じなのか、など職場仲間や薬剤師の友人に聞けますが、実情を知っているコンサルタントから話を聞けるのは今後に役立ちますよね。


そして転職を迷ってるいる場合、今本当に転職すべきなのか、現在の職場で仕事を続けた方が良いのかも伝えてくれます。そのため相談するためだけに登録する薬剤師の方も結構多いんです。



他にも仕事で忙しい薬剤師の方が、転職活動がスムーズに進むように応募書類の作成、面接日程を調整してくれますし、話しづらい勤務条件、給料の交渉もしてくれます。これ本当にありがたいですよね。勤務時間や給料のことを企業の人と直接話すってほんとうにやりづらいです。。



薬剤師転職コンサルタントのアドバイスは無料で受けられる


薬剤師派遣会社のコンサルタントは、これまで述べてきたように薬剤師の転職をフルサポートしてくれます!求人を紹介、求人の応募、転職手続きをサポートしてくれるだけでなく、転職すべきかどうか、今後のキャリアについてもアドバイスしてくれます。


薬剤師の方は会員登録して転職するまで利用料や登録料を請求されることは一切ありません。転職時期が決まっていないが将来的には転職を考えている、現在の職場に不満がある薬剤師の方は、登録するだけでコンサルタントが相談にのってくれますよ。もちろん、転職を強引に勧められることはありません。1人で悩むのではなく、まずは相談してみてはいかがではしょうか?



派遣薬剤師の最大のデメリットは契約の更新


派遣薬剤師は働きやすい上に高時給な上に残業もほとんどないという利点がありましたね。今度は逆に薬剤師の派遣のデメリットについて解説します。


薬剤師の派遣の代表的なデメリットとしては、自分から契約を更新できないことです。派遣薬剤師の契約は1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月など期間が決まっています。その契約期間が修了したとき、薬剤師さん側がどんなに契約を更新したい場合でも、会社の都合により契約を打ち切りにするとなればそれを受け入れるしかありません。


ですので、一つの職場で長く働く事はかなり難しいです。せっかく仲の良い職場友達やママ友達ができたいr、時給や勤務日などで納得いく働き方ができていても自ら契約を更新することができないのが薬剤師の派遣の最大のデメリットでしょう。



ボーナスのない薬剤師の派遣


薬剤師の派遣は正社員と異なり基本ボーナスがありません。ですので派遣とはいえどんなに活躍しても働いた時間以外の給与は出ません。派遣薬剤師の中には時給3500円以上の求人もありますが、正社員にはボーナスがあるので結局のところ正社員より年収が高くなるのはかなり難しいです。


また働いた時間で給与が決まるので、固定で入る曜日が祝日などで休みになると給与が減ります。高時給の求人は交通費が自己負担のケースがあるので、注意する必要があります。



派遣薬剤師は勝手に退職がほぼできない


薬剤師の派遣では、派遣会社と一定期間の契約を結びます。そのため契約期間中、よほどの理由がない限り派遣薬剤師側から契約を切ることはできません。もし契約中に退職するようなことがあると、派遣会社との関係があり次の派遣の仕事を紹介してもらいづらくなるので注意が必要です。


一度派遣の契約を結んだら、簡単には退職できず契約期間を全うするしかないということは派遣をやる上で理解しておく必要がありますね。



派遣薬剤師のメリットとデメリットを比較


派遣薬剤師のデメリットをまとめると、契約の更新を自分からできない、ボーナスがない、勝手に退職ができないが主な3つです。もちろんその分働きやすく高時給で働けるというメリットもありますので、薬剤師の派遣のデメリットも理解した上で求人に応募するのが良いと言えるでしょう。


派遣という働き方はやはりお子さんをお持ちのママに向いています。ママ薬剤師として職場復帰したい、一定期間働きたい方には最適です。検索するときにママ薬剤師という項目があるので、検索結果もママにふさわしいものが出てきます。そろそろ働き始めようかなという方はぜひ無料会員登録して求人を探してみてはいかがでしょうか?



派遣薬剤師の魅力はわかったけれど・・


薬剤師の場合位は、正社員よりも、パートよりも派遣の方がかなり高いんですね。つまり、週5勤務の正社員薬剤師が派遣薬剤師に働き方を変えると時給が高くなるので、週4にしても正社員の時と同じ給料がもらえる、派遣は短期契約なので、契約期間が終わって次はたらくまでのあいだ、長期休暇をとれる、また週5勤務すれば年収がアップする、などメリットだらけなのです。

ただ心配なのが福利厚生や派遣契約、そして一度派遣として働いた後のキャリアではなにでしょうか。確認していきましょう。

なんだかんだ派遣契約が不安


確かに派遣薬剤師は時給が高く短期間で効率的に稼げることはわかったけれど、不安なのが「派遣」という雇用形態ではないでしょうか?「派遣切り」という言葉もあるくらいですが、そりゃあ心配になります。

ただ他の仕事と違い薬剤師の場合、そもそも薬剤師が足りていないため売り手市場なのです。


  • 正社員と同じくらいの福利厚生が受けられる(労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金、薬剤師賠償責任保険、交通費支給)

  • 薬剤師の派遣は、しっかり稼ぎながら自由な時間の使い方ができる働き方を選択しているというイメージ

  • 薬剤師の場合は派遣切りの可能性が特に低い



待遇的にも派遣という働き方にも問題ないことがおわかりいただけたでしょうか。また当然かもしれませんが、派遣薬剤師と雇用契約を結んでいる派遣元は該当する派遣薬剤師が産前産後休業を申し出れば必ず認めなければならずこれを理由に退職させるなどの不利益な扱いはできません。

ですので派遣薬剤師として働いてる間にもう一人子供ができたとしても安心です。

雇用契約は薬剤師派遣会社と結ぶ


派遣の大きな特徴は雇用形態が労働者(派遣薬剤師)と派遣会社(エムスリーキャリアーなどの派遣会社)、派遣薬剤師が実際に働く薬局やドラッグストア(派遣先)の3社で成り立っていることです。

なので薬剤師さんは派遣元である派遣会社と契約を結ぶ、ということになります。派遣薬剤師側からみると、派遣元の間には給与の支払いを受けるなどの雇用契約関係があり、派遣先との間には仕事上の指示を受けるという指示命令関係があります。

このように雇用契約を結ぶ会社と指揮命令を受ける会社が分かれている点で、派遣は一般的な雇用とは異なっているのです。

契約の期間は3ヶ月から半年が一般的で、その後正社員になるかならないかはその職場次第なのでなんとも言えません。

派遣として働いてもキャリアに悪影響する可能性は低い


薬剤師の場合は、一度派遣として働いてもキャリアに全く影響のないと言える理由があります。

まず、薬剤師は売り手市場であること、派遣終了後、正社員になれる可能性があること、パートに雇用形態を変えられること、契約期間きちんと働けば、薬剤師派遣会社から信頼されて、次の職場を紹介してもらえやすいということを考えれば、派遣として働いたことによって今後のキャリアがむずかしくなる可能性は低いといえるでしょう。

派遣薬剤師は自分の好きなように働けるのが大きなメリット


派遣薬剤師として働くメリットとして挙げられるのは自分の都合に合わせた働き方ができるということです。女性の薬剤師の場合、結婚や出産、子育てによってワーキンススタイルを変えていくもの。子育ての時期に平日フルで働くのは厳しいですよね。


派遣薬剤師の場合、パート・アルバイトと異なり短期から長期まで働く期間を選べるのも魅力的です。1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月と短期から長期のお仕事もあるため、薬剤師さんの都合に合わせて勤務時期を決められます。子供でお金が必要となった、短期的にお金を貯めたい、職場復帰としてまず一定期間働きたいなど、融通の利くワークスタイルが可能なのが派遣薬剤師です。



派遣薬剤師なら時給3000円以上の求人が多数見つかる


派遣薬剤師の良いところはなんといっても高時給。薬剤師資格を持っている場合は、時給2000円、高いところだと時給3000円台の求人もあります。そのため、求人によっては正社員やアルバイト・パートよりも高い時給をもらえるのもあります。



ちなみにですが、短期で働きたい場合は、皮膚科・耳鼻科の近くにある調剤薬局が狙い目ですね。

皮膚科は夏・耳鼻科は冬だけ患者が大幅に増えるため、自然とその季節には近隣薬局の処方箋も激増。手が足りなくなります。季節限定で派遣薬剤師として働くのも手段の1つです。他にも薬剤師の派遣にはこんなメリットがあります。

派遣薬剤師は正社員と異なり残業ほとんどなし


派遣薬剤師の給与は時給で決まりますので、残業は基本なしと考えて大丈夫です。学生のときのアルバイトのように時間になったら終わりというイメージです。さすがに正社員となれば残業をせざるをえない日もあると思いますが、派遣薬剤師は時間通りで退社することが可能です。


もちろん雰囲気的に時間ぴったりに退社できない日もあるかもしれませんが、きちんと働いた時間を申請すれば大丈夫です。残業嫌いな方にはおすすめな働き方です。



退職の際、直接企業と交渉しなくてよい


派遣薬剤師の場合、退職する場合働いている職場に退職の交渉をしたりする必要は基本ありません。というのも、派遣薬剤師さんは派遣会社と契約をしているので契約の更新を自ら断りたい場合は派遣会社側にそのことを伝えれば良い訳です。ですので、期間が終わればすんなり辞めることができると言えます。逆を言うと企業側から派遣の更新をしないと言われた場合、もし契約を更新したい場合でもそれは不可能です。


また、勤務している企業の福利厚生サービスを受ける事はできず、ボーナスももらえませんが派遣会社の福利厚生サービスを受ける事はできますし、研修も利用可能です。



派遣薬剤師のメリットをまとめると


以上派遣薬剤師のメリットをまとめてきましたが、薬剤師は高時給ゆえ給与も派遣とはいえ400~600万程度軽く稼げてしまいます。契約期間の更新に関して不安はつきまといますが、実力が認められれば契約を更新できる可能性がありますので最大限努力する事とが必要ですね。


とはいえこれだけ高時給で働きながら、ワークスタイルを選べる職業は少ないです。派遣野中でも薬剤師は最高級の時給の高さですからね。これを生かさない手はありません。



派遣という働き方を真面目に考えてみようかなという方や派遣とパートで悩んでいる方もまずは薬剤師求人サイトに無料会員登録して実際に勤務可能な地域に高待遇の求人があるか検索してみてはいかがでしょうか?

「薬キャリ」(株式会社エムスリーキャリア)

  • 登録者数10万人以上、転職希望登録者数NO.1
  • 提携紹介会社数21社で全国幅広い求人を網羅
  • 即日最大10件以上の求人紹介が可能
対応地域
全国
求人数
43,000件以上
雇用形態
正社員・パート、アルバイト・派遣・契約社員
こだわり条件
ママ薬剤師、高年収(年収600万円以上)
「薬キャリ」の公式ページを見る

ファルマスタッフ(株式会社メディカルリソース)

  • 日本調剤グループの薬剤師転職エージェント
  • 700万円以上の高年収求人情報多数
  • 時給3000円以上の高時給派遣求人を多数掲載
対応地域
全国
求人数
43,000件以上
雇用形態
正社員・パート、アルバイト・契約社員
こだわり条件
産休・育休取得実績有り、年収600万円以上可
「ファルマスタッフ」の公式ページを見る

薬キャリの派遣薬剤師の求人例

大阪府大阪市住吉区(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

大阪府大阪市住吉区

業種

調剤薬局

給与

時給3,000円~ (※経験で算定)

勤務時間

平日9:00-19:00のうち、シフト制

休日

土・日・祝 その他シフトによる

交通

あびこ駅 徒歩2分(大阪市営地下鉄御堂筋線)

東京都足立区(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

東京都足立区

業種

調剤薬局

給与

【時給】2600円~3000円

勤務時間

【月~金】9:00~19:00【土】9:00~15:00

休日

【休日】その他 (シフト制)

交通

西新井大師西駅 徒歩5分(日暮里・舎人ライナー)

福岡県行橋市(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

福岡県行橋市

業種

調剤薬局

給与

【時給】3900円~

勤務時間

【月~金】9:00~17:30【土】9:00~12:30

休日

【休日】その他 (日、祝、他)

交通

新田原駅 徒歩12分(JR日豊本線(門司港~佐伯))

東京都千代田区(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

東京都千代田区

業種

調剤薬局

給与

時給3,000円

勤務時間

週4日以上、基本は1日実働8時間勤務 ※日数・曜日はご相談ください。土曜勤務できる方歓迎!【営業時間】平日9:00~18:00

休日

勤務日以外

交通

JR中央線「飯田橋駅」から徒歩4分 (飯田橋駅)

神奈川県横浜市旭区(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

神奈川県横浜市旭区

業種

調剤薬局

給与

【時給】2600円~2900円

勤務時間

【月~土】9:00~19:00

休日

【休日】その他 (日、祝、他)

交通

鶴ヶ峰駅 徒歩1分(相鉄本線)

東京都足立区(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

東京都足立区

業種

調剤薬局

給与

【時給】2600円~3000円

勤務時間

【月~金】9:00~19:00【土】9:00~15:00

休日

【休日】その他 (勤務条件による)

交通

西新井大師西駅 徒歩5分(日暮里・舎人ライナー)

神奈川県横浜市鶴見区(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

神奈川県横浜市鶴見区

業種

調剤薬局

給与

【時給】3,000円【手当】通勤手当、時間外手当

勤務時間

9:00~20:00の間で応相談

休日

勤務日以外の日(応相談)、有給休暇あり

交通

JR京浜東北線 鶴見駅 徒歩3分

神奈川県厚木市(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

神奈川県厚木市

業種

調剤薬局

給与

【時給】2600円~2900円

勤務時間

【月、火、水、金】9:00~19:00【木、土】9:00~13:00

休日

【休日】その他 (日、祝、他)

交通

厚木駅 徒歩28分(JR相模線、小田急線)

茨城県水戸市(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

茨城県水戸市

業種

調剤薬局

給与

時給2,700円 ※経験により異なります

勤務時間

時間,曜日応相談

休日

日祝

交通

― (水戸駅 徒歩28分(JR常磐線(取手~いわき)、JR水郡線、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線))

神奈川県川崎市中原区(調剤薬局)の薬キャリの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

神奈川県川崎市中原区

業種

調剤薬局

給与

【時給】2600円~3000円

勤務時間

【月、火、木、金】9:00~19:00【水】9:00~18:00【土】9:00~14:00

休日

【休日】その他 【休暇】有給休暇(法定通り)

交通

武蔵新城駅 徒歩3分(JR南武線)

日本調剤グループのファルマスタッフの派遣薬剤師の求人例

北海道札幌市西区(調剤薬局)のファルマスタッフの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

北海道札幌市西区

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給3,000円〜3,000円

勤務時間

月火木金9:00〜19:00 水土9:00〜13:00

休日

希望・シフトにより調整いたします

交通

JR函館本線(小樽〜旭川) / 発寒中央駅 最寄駅より徒歩札幌市営地下鉄東西線 / 発寒南駅 最寄駅より徒歩マイカー通勤可

埼玉県坂戸市(調剤薬局)のファルマスタッフの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

埼玉県坂戸市

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給4,000円〜経験を考慮し決定

勤務時間

16:00〜19:00※木曜日を含む週1-3日

休日

就業日以外有給休暇(適用条件あり)※取得実績あり!産前産後休暇・育児休暇(法定通りに適用)※産休育休の取得実績あり!

交通

東武東上線 / 坂戸駅

埼玉県北本市(調剤薬局)のファルマスタッフの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

埼玉県北本市

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給2,500円〜2,700円経験など考慮し決定

勤務時間

平日 9:00〜18:00土曜 9:00〜13:00※上記内で日数・時間数は応相談

休日

就業日以外有給休暇(適用条件あり)※取得実績あり!産前産後休暇・育児休暇(法定通りに適用)※産休育休の取得実績あり!

交通

JR高崎線 / 桶川駅 ※マイカー通勤OKJR高崎線 / 北本駅 ※マイカー通勤OK車通勤OK

長野県長野市(調剤薬局)のファルマスタッフの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

長野県長野市

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給3,000円〜※ご経験・勤務条件等により異なります

勤務時間

月〜金/9:00〜18:00 土/9:00〜14:00※1日8時間、週4〜5日のシフト制勤務

休日

契約条件による有給休暇、産休育休(実績多数あり)

交通

JR信越本線(篠ノ井〜長野) / 長野駅 最寄駅より車10分車通勤が便利

東京都八王子市(調剤薬局)のファルマスタッフの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

東京都八王子市

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給2,800円〜3,200円※ご経験・ご就業条件などにより異なる

勤務時間

<月〜水・金 8:00〜18:00/土 8:00〜15:00>※上記のうち日数・時間数等応相談

休日

ご就業日以外、有給休暇(法定通り)

交通

JR中央線(快速) / 八王子駅 より徒歩京王線 / 京王八王子駅

滋賀県湖南市(調剤薬局)のファルマスタッフの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

滋賀県湖南市

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給2,200円〜2,700円※経験による

勤務時間

月〜金 8:30〜12:30/16:00〜19:00土 8:30〜12:30※曜日・時間相談可能

休日

勤務日以外

交通

JR草津線 / 石部駅 バス4分※車通勤可

東京都町田市(調剤薬局)のファルマスタッフの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

東京都町田市

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給2,700円〜3,000円※経験、就業条件により異なる。

勤務時間

平日09:00-18:00土曜09:00-17:00※上記時間内で、週4程度出来る方優遇!

休日

勤務日以外、有給、他

交通

小田急線車通勤相談出来ます!

栃木県栃木市(調剤薬局)のファルマスタッフの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

栃木県栃木市

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給2,200円〜2,700円経験・就業時間など考慮し決定

勤務時間

月・火・水・金 9:00〜18:00    木・土 9:00〜13:00※応相談

休日

就業日以外有給休暇(適用条件あり)※取得実績あり!産前産後休暇・育児休暇(法定通りに適用)※産休育休の取得実績あり!

交通

JR両毛線 / 栃木駅東武日光線 / 栃木駅

神奈川県川崎市麻生区(調剤薬局)のファルマスタッフの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

神奈川県川崎市麻生区

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給2,700円〜3,000円※経験・就業条件により異なります

勤務時間

平日09:00-19:00(09:00-18:30/10:00-19:30)水曜09:00-18:30土曜09:00-16:30※上記より週4日〜曜日ご相談※土曜・19時までできる方、歓迎

休日

契約日以外、有給他

交通

小田急線 / 百合ヶ丘駅 沿線徒歩2分駅から徒歩すぐ!

北海道函館市(調剤薬局)のファルマスタッフの派遣薬剤師の求人・採用・募集情報

勤務地

北海道函館市

業種

調剤薬局

給与

派遣:時給3,000円〜4,000円

勤務時間

月〜金9:00〜18:00 土9:00〜13:00(週40hシフト制)

休日

希望・シフトによる

交通

函館市電5系統 / 湯の川温泉駅
人気の市町村別派遣薬剤師の求人
  • 札幌市北区
  • 札幌市東区
  • 苫小牧市
  • 帯広市
  • 釧路市
  • 室蘭市
  • 旭川市
  • 小樽市
  • 函館市
  • 札幌市
  • 札幌市中央区
  • 八戸市
  • 青森市
  • 仙台市青葉区
  • 仙台市
  • 秋田市
  • 山形市
  • いわき市
  • 福島市
  • つくば市
  • 日立市
  • 水戸市
  • 足利市
  • 栃木市
  • 佐野市
  • 宇都宮市
  • 前橋市
  • 伊勢崎市
  • 所沢市
  • 春日部市
  • 狭山市
  • 羽生市
  • 鴻巣市
  • 草加市
  • 越谷市
  • 戸田市
  • 川口市
  • 熊谷市
  • 川越市
  • さいたま市南区
  • さいたま市浦和区
  • さいたま市中央区
  • さいたま市大宮区
  • さいたま市北区
  • さいたま市
  • 浦安市
  • 千葉市中央区
  • 千葉市
  • 銚子市
  • 市川市
  • 船橋市
  • 松戸市
  • 柏市
  • 流山市
  • 八千代市
  • 我孫子市
  • 鎌ケ谷市
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 八王子市
  • 立川市
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 府中市
  • 調布市
  • 町田市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 多摩市
  • 西東京市
  • 目黒区
  • 品川区
  • 江東区
  • 墨田区
  • 台東区
  • 文京区
  • 新宿区
  • 港区
  • 中央区
  • 千代田区
  • 横浜市戸塚区
  • 横浜市
  • 横須賀市
  • 平塚市
  • 鎌倉市
  • 藤沢市
  • 小田原市
  • 茅ヶ崎市
  • 厚木市
  • 大和市
  • 海老名市
  • 座間市
  • 横浜市鶴見区
  • 横浜市神奈川区
  • 横浜市西区
  • 横浜市中区
  • 横浜市南区
  • 横浜市磯子区
  • 横浜市金沢区
  • 横浜市港北区
  • 横浜市港南区
  • 横浜市旭区
  • 横浜市緑区
  • 横浜市瀬谷区
  • 横浜市泉区
  • 横浜市青葉区
  • 横浜市都筑区
  • 川崎市川崎区
  • 川崎市幸区
  • 川崎市中原区
  • 川崎市高津区
  • 川崎市多摩区
  • 川崎市宮前区
  • 川崎市麻生区
  • 相模原市緑区
  • 相模原市中央区
  • 相模原市南区
  • 新潟市
  • 長岡市
  • 越前市
  • 福井市
  • 山梨市
  • 韮崎市
  • 甲府市
  • 松本市
  • 長野市
  • 大垣市
  • 岐阜市
  • 掛川市
  • 焼津市
  • 富士市
  • 島田市
  • 伊東市
  • 富士宮市
  • 熱海市
  • 沼津市
  • 静岡市
  • 藤枝市
  • 豊橋市
  • 岡崎市
  • 一宮市
  • 春日井市
  • 豊田市
  • 名古屋市
  • 津市
  • 四日市市
  • 大津市
  • 京都市中京区
  • 京都市北区
  • 京都市上京区
  • 京都市左京区
  • 京都市東山区
  • 京都市下京区
  • 京都市南区
  • 京都市右京区
  • 京都市伏見区
  • 京都市山科区
  • 京都市西京区
  • 福知山市
  • 宇治市
  • 亀岡市
  • 八尾市
  • 大阪市北区
  • 大阪市平野区
  • 大阪市福島区
  • 大阪市東淀川区
  • 大阪市淀川区
  • 堺市西区
  • 寝屋川市
  • 東大阪市
  • 枚方市
  • 高槻市
  • 吹田市
  • 大阪市中央区
  • 豊中市
  • 茨木市
  • 尼崎市
  • 神戸市
  • 姫路市
  • 神戸市須磨区
  • 西宮市
  • 加古川市
  • 奈良市
  • 和歌山市
  • 松江市
  • 岡山市
  • 倉敷市
  • 広島市
  • 山口市
  • 下関市
  • 高松市
  • 松山市
  • 今治市
  • 高知市
  • 北九州市小倉北区
  • 久留米市
  • 福岡市早良区
  • 福岡市城南区
  • 福岡市西区
  • 福岡市南区
  • 福岡市中央区
  • 福岡市博多区
  • 福岡市東区
  • 佐賀市
  • 鳥栖市
  • 長崎市
  • 佐世保市
  • 大分市
  • 鹿児島市
  • 那覇市