薬剤師の転職活動で失敗しやすい「転職エージェント・派遣会社頼り」の求人の探し方とは?

薬剤師さんは転職エージェント・派遣会社に対して自分がお客だという意識を持ちすぎない


薬剤師の派遣として復職をお考えのママ薬剤師が、求人探しで注意すべき事を述べていきます。よくあるのは派遣会社を頼りすぎて言われるまま復職先を決めることになってしまうパターンです。

派遣会社に登録すると、あなた専任のコンサルタントがつくわけですが、とにかく優しいのです。条件を言えば求人を紹介してくれるし、無料のキャリア相談にも乗ってくれます。が、頼りすぎるとそのコンサルタントが復職させたい求人に応募してしまうことも全然ありえます。

あまりの親切さに気を許し、コンサルタント頼りの派遣薬剤師の求人探しをしてしまうと、満足いく結果にならないことも多いようですので注意が必要です。

なぜ、このようになってしまうのかというと、薬剤師さんがお客さんの感覚が強いからではないでしょうか。結局、薬剤師の派遣会社を利用するとはいえ、求人に応募し、実際に働くのは薬剤師さん自身です。このことを忘れてはいけません。

また、お客であるからといって、派遣会社からの連絡をやたらと無視したら、派遣会社側からの印象が悪くなり、求人を紹介してもらいづらくなります。

まとめると、コンサルタントに任せきりの求人探しをしてはいけないし、派遣会社との連絡のやりとりもきちんとやることがあたりまえですが復職成功へ欠かせないことなのです。

転職エージェント・派遣会社に対して望の条件をかなり細かく伝える


ここは難しいところなのですが、どれだけ希望の条件を強気で言えるのか、が好条件の求人に出会えるかどうかを左右します。あまり細かく希望の条件を指定しすぎたら、紹介される求人が減るんじゃないかと考えてしまいがちなのですが、気にしてはいけません。

なぜなら希望の条件は後から変えられるからです。ですので最初は時給はいくら以上、エリアはこのあたり、勤務時間、勤務日数はこれくらいで月収いくら、といったかたちで指定すべきです。

そのあとコンサルタントからそのような条件だとなかなか求人が見つからないので、といった話が来るでしょう。そうしたらその条件に優先順位をつけて、月収、勤務時間、勤務日数、職場、などどれが優先順位が高いかを検討した上で条件をゆるくしていきましょう。

ですので、最初は強気にかなり好条件の求人でないと応募しない、これにぴったりの求人を紹介してほしいといった姿勢でコンサルタントに話すと、より良い求人が紹介される可能性が高まります。

コンサルタント側も相手の薬剤師さんが自分で決める意志があるのか、それともコンサルタントに決めてほしいのか見極めて求人の提案の仕方を変えますので、自分で求人を選びに行くスタンスが重要なのではないでしょうか。

可能であればお客として求人先の雰囲気を見てみる


希望の条件に合う求人がいくつか紹介され、この求人なら勤務したいと思えるものに出会えたら、応募する前に必ずその職場に行ってみましょう。首都圏に住んでいて時給の高い地方で派遣薬剤師として働くつもり、というなら話は別ですがいくら好条件だとしてもその職場にはどういう人がいて、どういう雰囲気なのかは実際に足を運んでみなければわかりません。

複数候補の求人があるとしても、若干面倒ですが実際に行ってみましょう。というのも、実際に働き始めてからこんな雰囲気だと思わなかったといった感じで後悔するよりは何倍もましだからです。派遣とはいえ3ヶ月以上勤務するのが普通です。せっかく時間を使って働くわけですから、薬剤師としての仕事に充実感がなければもったいないです。コンサルタントに職場を見学したいと言えば、同伴してくれることも多いので、確認してみましょう。