復職に向けて復習!ママ薬剤師向けの改正薬事法による変化まとめ

改正薬事法による変化のまとめ


薬剤師さんがご存知の通り、2009年6月より改正薬事法が施行されました、これによって薬の専門家である薬剤師に加えて医薬品販売の専門家として「登録販売者」もドラッグストアで勤務します。

また一般用医薬品は成分や副作用、相互作用、使用法の難易度の項目によって3つのグループに分けられ、副作用などのリスクが比較的少なく使用法も難しくないとされるもの(第2類医薬品、第3類医薬品)は、薬剤師のほかに「登録販売者」も販売できるようになりました。つまり薬局・ドラッグストアだけでなく店舗販売業の許可を取ったスーパーやホームセンターなどでも風邪薬や鎮痛剤などの第2類医薬品や整腸剤などの第3類医薬品が販売される事になったんでしたね。

この制度は消費者のセフルメディケーション(自分の責任で一般用医薬品などを利用して健康管理すること)を手助けするために作られました。つまり消費者は入手する機会の増えた一般用医薬品を上手に利用して自分自身の健康管理を意識して行うという新しい時代を迎えているのです。

*第一類医薬品:薬剤師のみが対応でき、購入に先立って薬剤師が書面により服用方法や副作用、効能効果などについて説明しなければならない医薬品。

*第二類医薬品:薬剤師または登録販売者が販売できる医薬品で販売時に情報提供の努力義務がある。

*第三類医薬品:薬剤師または登録販売者が販売できる医薬品で、情報提供の努力義務はなく購入者から質問があったときに相談する。

OTC医薬品に関しての基礎知識


薬は医療保険で給付される薬(医療用医薬品)と、薬局・薬店などで買える薬(一般用医薬品)に大きく分けられます。医療用医薬品はいわゆる「医者からもらう薬」であり特定の患者のそのときどきの症状にあわせて処方されるため薬の効き目も副作用も強いものもしばしば。そのため慎重に扱う必要があり、使用者が自由に購入することはできません。

一方一般用医薬品は市販されている大衆薬であり、一般消費者が薬局・薬店などで直接購入できる薬です。使用者が自分の判断で使用することを前提として作られており有効性とともに安全性も重視して成分や量が決められています。各製薬メーカーが加盟している日本OTC医薬品協会では「OTC医薬品「」と呼んでいます。OTCとは「Over The Counter」の略で英語圏では一般用医薬品の代名詞となっています。