調剤薬局で患者さんによく質問される「錠剤」「飲み合わせ」「タバコとアルコールと薬」

錠剤は噛み砕いて飲むと早く効くのか


答えは「水で飲む通常のタイプの錠剤はかみ砕かないで飲むべき」です。錠剤は噛み砕いて飲んでも、早く効果が現れるわけではありません。錠剤は飲みやすいように糖衣をほどこしたり、混ぜ合わせると変質の恐れがあるものや薬の働きなどを考慮して腸で初めて九州されるように特殊な被膜を施した腸養錠など、薬が体内の必要な部位に届いてから作用するように計算されたものもあります。

このように錠剤の形にはそれぞれ意味があり、必要な工夫がなされているので水やぬるま湯で飲む通常のタイプの錠剤は口の中でかみ砕かないで飲みましょう。


薬は水以外のもので飲んでもよいのか


薬はコップ1杯の水またはぬるま湯で飲みましょう。牛乳や濃いお茶、ジュースなどと一緒に飲むとその中に含まれる成分や添加物などの影響で薬の影響の効果が低下したり、思わぬ副作用が出たりする可能性があるので避けましょう。

コーヒーの場合、カフェインが含まれている薬と一緒に飲むと、カフェインの過剰摂取となり頭痛や不不眠などの原因となることもあります。


病院でもらった薬とOTC医薬品を同時に飲んでもよいか


複数の薬を飲む場合、薬と薬の飲み合わせによって相互作用が起き、薬の効力が減ったり逆に作用が強くなりすぎたりすることがあります。また、同じ種類の薬の場合、薬の作用が増強されると考えるのは容易ですが、組み合わせによっては思わぬ副作用が出てしまう可能性があります。

現在飲んでい病院の薬に加えてOTC医薬品も服用する場合はOTC医薬品を購入する前に医師や薬剤師などの専門家に相談することが大切です。

タバコやアルコールの薬の効き目に対する影響


アルコールには中枢神経抑制作用があるため、アルコールと薬を一緒に飲むと薬の作用が増強したり、逆に弱まったり、強い副作用が出てしまったりする危険性が増えます。

薬を飲んでいるときは基本的にアルコールの摂取はやめたほうがよいです。また、普段大量にアルコールを飲んでいると薬の作用が現れにくくなったり副作用が強まったりする場合もあります。

なお、栄養ドリンク剤や清涼飲料水などにも含まれているので注意が必要です。タバコも薬の効き目に影響を与えます。タバコの煙の中には薬の効き目を弱めたり効き目の持続時間を短くしたりする成分が含まれているためです。