子供の薬の服用に関する基礎知識(アセトアミノフェンと薬を飲ませるタイミング)

薬による副作用例「ライ症候群」


まずアセトアミノフェンとアスピリンを体に有害・不快な作用を及ぼす「薬の副作用」の視点から子供の場合に限定して比較していきます。非アスピリンは炎症による痛みや腫れを和らげ熱を下げるのに即効性のある薬です。一方少量をつかった場合は、血液をサラサラにする抗血小板作用があり、脳血栓の予防などに有効です。

アスピリンの服用と関連があるとされる重大な副作用症状にライ症候群があります。これはインフルエンザや水痘などのウイルス性疾患にかかった子供がまれに激しい嘔吐や意識障害、けいれんなどを起こし脳や肝臓が冒され死亡することもある症候群です。

ライ症候群とアスピリンの服用に因果関係があることがわかり、15歳未満の子供用の風邪薬にはアスピリンは原則として使われなくなりました。

そういうわけで、子供の解熱・鎮痛薬には副作用の心配が比較的少ないアセトアミノフェンが使われています。大人用のバファリンAの主成分はアスピリンですが、小児用バファリンCはアセトアミノフェンです。

アセトアミノフェンが主成分の子供の風邪薬にはバファリンとつくものがあり、紛らわしいのですが大人用と子供用では成分が違うことに注意が必要です。

子供の場合薬を飲むのは空腹時でもOK


子供の薬は内服薬や坐薬が主です。ここでは内服薬の使い方の注意点を復習していきます。剤形はいくつかありますが、のどに詰まりやすい錠剤やカプセル剤は小学生くらいにならないと飲めません。それ以下の年齢では飲ませやすいという点からシロップ剤と散剤が中心です。

お子さんのいる薬剤師ならわかると思いますが、子供に薬を飲ませるのは本当に苦労します。それには薬の味の問題、お母さんの飲ませ方の問題も当然あります。ただ食後に飲ませなかったらといって必ず食後30分に服用させなきゃいけないというわけではありません。

乳幼児の場合は、食後にこだわるのはあまり意味がありません。食後に飲ませようとしてもほとんど飲んでくれませんし、ときには吐いたもするからです。また、たとえば赤ちゃんが寝ているのを起こして時間通りに飲ませるようなことはしないほうが良いでしょう。