子供がウイルス性感染症、風邪、発熱、インフルエンザになったと相談にきたママに薬剤師が伝えるべきこと

子供のウイルス性による感染症


一口に感染症といっても原因はさまざまです。大きく分けるとかぜ、風疹、水痘などウイルスによるものと、観戦すると化膿する細菌によるものがあります。生後6ヶ月を過ぎたあたりから感染症にかかりやすくなりますが、それはお母さんからもらった免疫がなくなるからです。

それまではあまり熱を出したりしなかったのが、このころから発熱などの症状を現すことが多くなってきます。こうして自分自身の免疫を獲得していくのです。

ウイルス性の風邪の場合、基本的には子供が機嫌も良く食欲もあり顔色もよいと心配はいりません。でも発疹など皮膚に症状が出たり発疹とともに激しい下痢、嘔吐、高熱などの症状が出た場合には小児科への受診が必要です。

では子供のかぜによく見られる主な特徴を見ていきましょう。かぜとはウイルスで引き起こされる一種の症候群です。よく見られる症状は「発熱、鼻づまり、鼻水、咳やたん、頭痛、悪寒、くしゃみ、のどの痛み、関節の痛み、筋肉の痛み」などです。このほか特に注意したいのが下痢、嘔吐、吐き気、食欲不振などによって引き起こされる脱水です。

子供に軽いかぜ症状が見られるとき


まずウイルス感染の場合です。ウイルス性のかぜのチェックポイントは、①軽い風邪症状が見られる、②初めて発熱した、③かぜをこじらせた、でそれぞれ対応が異なります。

ウイルスが体内に侵入すると体のあちらこちらで戦闘が始まります。咳、たん、のどの痛みなどのかぜの諸症状はその戦いの現れです。これらは一言で言ってウイルスを体から排出するために必要な体の防御機能ですからある程度はやむをえません。

しかしこれらの症状が続くと睡眠障害、体力消耗などが激しくなり全体的に悪化する可能性があります。このような場合には鎮咳薬、去痰薬など症状に合った薬を用います。子供が気管支炎をおこし、激しい咳がとまらない場合は喘息・肺炎を併発したりします。

子供に発熱が見られるとき


かぜのウイルスは熱に弱く、体温の上昇とともにその活動は弱まるので早期の解熱・鎮痛剤の使用は控えるべきです。しかし長期にわたる発熱は体力消耗の原因となりますから、主成分がアセトアミノフェンの解熱・鎮痛薬を使用するとよいでしょう。

また熱性けいれん(発熱を伴ったけいれんで生後6ヶ月から6歳の間に起こりやすいですが、ひきつけが4~5分で回復したら心配ない)などを発症する可能性もあるので、高熱が3日間以上続く場合は小児科を受診したほうがよいです。

お母さんが慌てやすい子供のインフルエンザ感染


子供のかぜをふつうの風邪だと思っていたらじつはインフルエンザに感染していてあわてて病院に行き、薬をもらうというおかあさんもよくいます。そこでお母さんからインフルエンザに関して質問をされたときにより適切な説明ができるよう、簡単に復讐しておきましょう。

インフルエンザウイルスは鳥や豚、鶏の体内で増殖します。主にこれらが家禽として飼われていることが多い東南アジアから渡り鳥がウイルスを日本へ運んできます。インフルエエンザウイルスの粒子は非常に細かく、乾燥した空気中を長時間、大量に浮遊するためかぜよりも流行しやすいのが特徴です。

毎年12月末から3月ころがインフルエンザの流行期というのはご存知の通り。インフルエンザの症状の特徴は全身症状、つまりふつうのかぜよりは各症状が強く出ることです。また感染力も強く、インフルエンザウイルスが1個体内に侵入すると24時間後には100万個に増えると言われています。

インフルエンザと同時に起きる炎症


子供やお年寄りでは気管支炎、喉頭炎、肺炎などの合併症に気をつけなくてはなりません。まれにではありますが、インフルエンザの合併症として脳症が起きることがあります。

4歳以下の幼児がかかりやすくインフルエンザの症状が出てきてから2日以内に脳症の症状が出ることが多いようです。いわゆるインフルエンザ脳症のときは一般薬では対応できません。タミフルなどが必要となります。

また、インフルエンザの予防接種は、接種後2週間でその効果が期待できるといわれており、子供は免疫力が弱いため2回の投与が推奨されています。

初めて子供がインフルエンザにかかった場合お母さんはかなり心配するのは当然ですので、インフルエンザとは何か、どういう症状があるのかなどていねいに説明することを心がけましょう。