薬剤師が転職する際に転職回数が多すぎるとマイナスイメージになる?

薬剤師の転職回数は何回までならOK?


薬剤師に限らず転職活動で重要視されることとして、年齢、学歴、職歴などの他に「転職回数」があります。これを考えてみることで病院や薬局側が転職に対してどう考えているか少し見えてくるでしょう。

結論から言いますと、薬剤師派遣会社のキャリアコンサルタントや病院、薬局の人事部長が薬剤師の転職回数を気にしていることは事実です。転職回数が多すぎる薬剤師は、1つの職場に腰を据えて仕事に取り組むことができないのではないかと思われてしまうのです。

なぜこのように企業を転職回数を気にするのかというと、せっかく正社員の薬剤師を採用する以上、長く働いて欲しいと企業が希望するのは当然でしょう。しかし、もう一つ重要な理由があるのです。その理由とは、転職回数が多い場合は他責的である可能性があるということです。

他責な傾向の薬剤師は転職の失敗パターンである負の連鎖に陥る可能性が高いのです。そうなると転職回数は目立つほど増えてしまいます。つまり、転職回数が多い場合、それ自体が問題であるというより、失敗パターンの人だと思われてしまうのです。

転職回数が多いのは逆をいえば採用回数が多いことによるメリット


薬剤師の中途採用において何回面接を実施するかというのは企業によってまちまちですし、同じ企業でもポジションによって面接回数が異なることがあります。

採用面接の回数が多いほど、採用に費やされる期間は長くなります。一般に企業も薬剤師側も採用に費やされる期間は短いほどよいと思うものです。企業としては一刻も早く空きとなっているポジションを埋めて戦力化したいのです。

薬剤師側としては採用に関わる期間があまりにも長いとその間は不安ですし、早く結果が欲しくなるものです。しかしこのような事情があるにもかかわらず採用面接の回数が多いことはどちらにとってもメリットがあります。

お気付きの通り採用面接の回数が多いということは薬剤師にとってはその病院、薬局の薬剤師と話す回数が増えるので、転職先の実態を知り得る最大のチャンスとも言えるのです。一部の病院や薬局はkのメリットに気づいてあえて採用面接の回数を増やしているところもあります。