ブランク明けの薬剤師が復職・再就職の際に登録しておきたい薬剤師転職サイト・薬剤師派遣会社とは?

薬剤師の6割は女性なのでブランクは普通のこと


全国には約3万人の薬剤師の方が、調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社などで勤務していますが、薬剤師の6割は女性なのですね。女性の場合、ライフスタイルによって働き方、どう働きたいかが変わるのは当然のことです。


特に結婚・出産・育児などにより、一度薬剤師としての仕事を辞めプライベートが落ち着いてきた頃に復職するというのは普通のことになりました。


しかし一度仕事を離れて数年のブランクがある場合、再就職する際に不安がつきまといますよね。例えば、ブランク中の知識不足、薬事法の改正、医薬品の最新事情といった実務に関する不安もあれば、お子さんがいる場合勤務できる時間が限られているので採用されるのか、ママさん薬剤師がいないとママの事情を理解してくれなさそう、子供がもう1人できた場合産休はとれるのかなどです。。



ブランク明けの薬剤師が復職の際に苦労すること


薬剤師の場合、ブランクの期間が長くなればなるほど復職するのが難しくなるという現状があります。たとえば10年ほどのブランクがある場合は知らない新薬がたくさん登場し、薬剤師として知っておくべき情報を知らないという状態になってしまうため、他の薬剤師に知識、業務において遅れをとることになります。


他にも医薬品は薬事法の改正、薬物療法の高度化・細分化、新薬の登場など、常に変化し続けるため最新の情報を持った上で業務に取り組む必要が高いです。OTC医薬品においては、平成26年6月12日より制度改正がありましたね。


最近で言えばジェネリック医薬品について、患者さんに説明する必要性は高まっていますね。情報管理もほとんどのことをパソコンで行うためパソコンが使えないとさらに大変になる可能性もあります。。



ブランク明けの薬剤師が復職するならまずアルバイト・派遣


ブランクのある薬剤師の方が復職するともちろん苦労することもありますが、だからといって復職するのが無理というわけではありません。ただ、復職して最初から製薬会社に正社員として勤務する、病院で勤務するというのはやはり難しいので、調剤薬局のパートまたは派遣薬剤師としてリスタートすることをおすすめします。



調剤薬局の場合はブランクOKの求人がたくさんありますし、調剤薬局がなんといってもブランク明けの薬剤師のための研修が充実していることが多いです。ですので、薬剤師免許さえ持っていれば調剤薬局から全面的なサポートを受けることが可能なのです。


職場次第ですが、お子さんがいる場合はママさん薬剤師がいるとわかりあえることが多く、シフトなどお互いにサポートしやすいです。ブランク明けは働く感覚を思い出し、知識も追いつかせる必要があるため精神的にも肉体的には最初はハードなので、開業医クリニック近くの門前薬局などでパート・アルバイトとして働くのは良い選択肢と言えるでしょう。



薬剤師派遣会社を利用してブランクOKの派遣薬剤師の求人を探す


薬剤師資格保有者は依然として売り手市場が続いており、たとえブランクがあったとしても、薬剤師資格の保有者であれば採用したいという企業・薬局は多数存在しています。


以前仕事をしていたときと薬剤師の転職事情も変わっている可能性もあるので、まずは薬剤師の派遣会社に登録し、コンサルタントに相談し情報収集やアドバイスをもらうのは非常に効率が良いと言えます。


特にお子さんがいる場合は子育てのため働ける時間が限られるため希望条件がどうしても増えてしまいますし、ブランクを克服するためのセミナー・研修を受ける必要もあります。これらのことを自分で情報収集し、求人に応募するのは大変すぎるので、転職会社のコンサルタントに希望を伝えましょう。


そうすれば、あなた専任のコンサルタントがご希望に合う求人をかわりに探してくれ、見つかり次第紹介してくれます。



ブランクOKの求人数で薬剤師派遣会社を比較すると


ブランク明けの薬剤師の方が復職先を探すには、信頼できる薬剤師派遣会社を利用した方が良いです。というのも、まずブランクの間にどういうことが変わったのか、どういう研修を受けるべきなのかなどひとまず転職エージェントのコンサルタントから情報収集することが大事だからです。


ですが20近くある薬剤師派遣会社も比較すると、ママ薬剤師やブランクOKの求人が多い薬剤師派遣会社があるんです。特におすすめの転職エージェントはエムスリーキャリア。


というのも、エムスリーキャリアならママ薬剤師・ブランクのある方可を選択して求人できますし、派遣薬剤師となると時給3000円以上の求人もあります。



今すぐ派遣薬剤師として働かなくても薬転職サイトに登録OK


薬剤師転職支援会社の有名どころと言えば、リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師、エムスリーといったところでしょうか。派遣として働こうかな、と考えている薬剤師の方が転職サイトに登録するとなるとすぐに条件に合う求人を探して、応募、そしてすぐ働くというイメージがあるかもしれません。


しかし多くの薬剤師の方が本気で派遣として働くことを考えていないけれど複数の転職サイトに登録しているのです。転職サイトに登録するって、そんなにハードルの高いことではないんです。


薬剤師派遣会社を知るきっかけは人それぞれですが、いざサイトを見てみるとやっぱりおもしろいですよね。求人情報を見れるし、派遣薬剤師の職場事情、時給情報を見れます。『え、こんな良い条件なら派遣として働こうかな!』という求人もあるかもしれません。実際に時給3000円以上の派遣薬剤師の求人もありますからね(汗)



薬剤師派遣会社に登録しないと見れない非公開求人


薬剤師派遣会社っていろんな情報がのってるな〜と思った薬剤師の方もいるかもしれませんが、登録しないでみれる情報はほんの1部なんです。。では、薬剤師派遣会社に登録するとどんな有益な情報が知れるのでしょうか?


好条件の求人は非公開求人にある


まずはなんといっても好条件が豊富な非公開求人を見れることです。非公開求人ってなに?ってなりますよね。説明します。転職サイトには、会員じゃなくても見れる求人と、会員登録した人のみに見れる非公開求人があります。


なぜそんなことをやるのかというと、好条件の求人を一般公開してしまうと応募が殺到してしまうから。そういうわけで良い求人は会員登録した人にのみ公開する、非公開求人とするのです。


非公開求人が転職サイトの求人の1割とかなら、まあだいたいの求人は登録しなくても見れるしいいや、となるのですがわけがちがうんです。一般公開されている薬剤師の求人は全体の2割程度と言われています。ということは、転職サイトに登録しないとその転職サイトの派遣薬剤師の全求人のうちの2割しか見れてないということです。損にもほどがあります。会員登録は無料ですから。



ブランクがあっても無料会員登録するだけで情報収集し放題!


最初に述べたように、薬剤師派遣会社に登録する人の中でもかなりの数の人がとりあえず登録して情報収集だけしようという感じなのです。というのも、薬剤師派遣会社に登録するのは無料で、仮に本当に派遣薬剤師として働くことが決まっても薬剤師さんが費用を払う事はいっさいないのでご安心を。


転職サイトはあなたが派遣薬剤師として採用されたら派遣先から仲介手数料をいただく仕組みになっているのです。



本気で復職して派遣薬剤師の求人を探す前に転職サイトを比較しておく


先に転職サイトに慣れておけば、いざ転職をするとなったときに楽です。各転職サイトの特徴を把握したり、派遣薬剤師として正式に勤務するまでのの流れもだいたい分かる、求人もたくさん紹介されているので求人を見る目も養われます。