看護師辞めたい
Nurse

パート看護師が働きやすい職場は外来、個人病院、病棟

Q

病院勤務のパートは職場次第

A
病棟勤務のパートも、勤務環境によっては勤務しやすいと思います。同じパート看護師が勤務している病棟、もしくは勤務していた病棟は、パート看護師の受け入れが柔軟だと思います。さらに、病棟内の人間関係が良く、全体スタッフの勤続年数が長くなっている病棟がおすすめです。 勤務時間内に子供の対応で早退する場合も、快く送り出してくれる病棟もあります。ママナースが多く勤務している場合は、配慮も対応も、かなり柔軟かと思います。大切なのは、どの程度パートナースにたいして、抵抗なく受け入れてくれる環境であるのか、ということです。 個人病院でも外来や病棟でも、看護師として働くひとつの形としてパートという選択をした、一人の看護師であると認められる環境が、パート看護師が働きやすい環境かと思います。
Q

パート看護師の勤務時間

A
パート看護師の勤務時間は限られています。例えば勤務可能時間が8:30~16:00と仮定して、時間内で勤務していく必要があるので実際に勤務する職場は限られてしまうことが多いのではないでしょうか。 病棟勤務から外来勤務に異動しなければならなくなったり、同じ職場に継続して勤務することが困難になることもあります。 就職先から退職を申し出ることは、基本的にはありませんが、実際は勤務を続けることが困難だと上司から打診されたり、周囲の批判が強くなってしまい自主退職を強いられることがあります。看護師不足に喘いでいる臨床現場であるにも関わらず、このような現状があるようです。では、パート看護師が働きやすい職場とは、一体どのような現場が考えられるでしょうか。 まずひとつは、診療時間が限られており、業務自体も延長しにくい外来勤務が挙げられると言えます。外来勤務には、家庭を持つ女性が多く働いています。外来患者の処置や診療の補助を主に行います。 次に、個人病院の診療介助もパート看護師が勤務しやすいと思います。これは、診療時間が限られているため、勤務時間を自分にあった時間を希望しやすいためです。任される業務も、診療の補助に限られていますし、難しい業務も対応もほとんどありません。診療の補助をしていき、急変患者を見つけ、救急対応している病院に搬送することになります。