看護師辞めたい
Nurse

ブランク明けのママナースはパートの受け入れ態勢が整った職場へ

Q

産休前のようには働けないママナース

A
長い産休や育休が明けて、ナースとして再スタートを切っても、今までの常勤ナースと同じような働けない場合があります。勤務できる時間が制限され業務量も減ってしまいます。急な早退に配慮されるあまり今までのようなリーダー業務や委員会などの仕事は減ってしまうかもしれません。 常勤看護師としてキャリアを積んでいたナースにとっては少し辛いかもしれません。しかしお子さんが大きくなるまでの間の不安であると言えます。お子さんに手がかからなくなったら委員会やリーダー業務をもう一度任せられる場合もあります。 長い時間臨床の現場から離れてしまうともう一度看護師に戻るのはきっと不安がいっぱいだと思います。子供のことも心配だし、その職場で安心して働けるのか悩みは尽きないと思います。ママナースに配慮ある職場であれば、心配は心配のまま復帰することができると思います。 実際にママナースと働いたことがありますが、環境もよかったのもあり、助け合いながら一緒にいきいきと働くことができました。若いナースにとっても、ママナースとの関わりは刺激がありましたし、観察の視点もしっかりとしていて勉強になることばかりでした。配慮ある職場ばかりではないとは思いますが、受け入れ態勢の整った職場であればママナースとして看護師を続けることはそんなにハードルは高くないと思います。
Q

ブランクは復職してしまえば解消される

A
産休や育休が明けて、もう一度看護師として再スタートを切ろうとしているママナースにとって、看護師として働いていなかったブランクは大きな不安の元になっていると思います。 医療の知識や方法はまさに日進月歩であるため、日に日に医療の現場は変わっていきます。新しい治療法や、薬剤が変化していきます。それに伴って、必要な知識はどんどん増えていきます。どれだけ勉強しても追いつけない場合もあり、復職しても子育てしながら勉強するのは、現実的に困難ではないかと不安になってしまうかと思います。 実際に復職してしまえば、日々の業務で新しい方法や薬剤に触れ、自然に勉強していくことになります。なので実際には復職してしまえばこの心配は解消されるようです。