看護師辞めたい
Nurse

パート看護師は業務が同じでも常勤看護師より給料が低い

Q

パート看護師はパート以外の仕事を引き受けることも

A
さらに、看護師でありながら「看護師ではなくてもいい仕事」を多く引き受けなくてはならないこともあります。フリー業務と言われるような、看護師の雑務を引き受けることや、看護助手、介護士と同じような仕事を引き受けることもあります。同じ看護師免許を持って働いているのに、看護師としての知識や、技術が活用できない場合も多いのです。 以上のように、看護師として勤務しているのにも関わらず、常勤との違いができてしまいます。きちんと看護師として働けない上に、給料面でも不満を持ってしまうパート看護師も少なくありません。 看護師の仕事が終わっても家庭での家事や育児が待っている場合や体調不良になりやすく自分の体調のコンディションがうまく調整できない場合もあり、慢性的な不満を抱えて働いている人も多いのではないかと思います。 パート看護師だけでは、どうにもできないことばかりで一人で悩んでいる看護師は多いのではないかと思います。不満や愚痴を言い合える看護師がいればいいですが実際はパート看護師は病棟内では少数である現状から、なかなか相談できないでいるパート看護師が多いと思います。
Q

パート看護師は日勤帯に勤務

A
パート看護師は、基本的に日勤帯の限られた時間の勤務をしています。なので、給料も働いた時間分、勤務時間に応じて給料が発生します。看護師の給料が高いと、一般の方は認識していることが多いですが、実際は常勤看護師の給料と一般のOLの給料と比較して高めである、という話でしかないのです。 この常勤看護師の給料の内訳は基本給に加え、残業手当や夜勤手当などが含まれています。しかしパート看護師は夜勤や残業ができないことが多く限られた時間内での勤務しかできません。そのため常勤のような夜勤手当や残業手当は含まれず、受け取れる給料はかなり減ってしまいます。 常勤看護師と同じ資格を持って同じ仕事をしているのに給料自体は差がついてしまいます。さらに看護師ですから業務の過酷さは変わりません。しかし常勤看護師からは「パートだから腰掛けのつもりで働いているんじゃないのか」「真剣に仕事をしていないんじゃないのか」などの批判が向けられることも少なくないのです。