看護師辞めたい
Nurse

パート看護師の求人に応募する前に職場の雰囲気を自分でチェックすべき理由

Q

パート看護師の求人を出している職場に行ってみる

A
転職活動をする際に、医療機関が他の職種と違うところは外部の人間でも中に入れることです。病院であれば外来診療のフロアに行くだけでもどういう人が働いているのか、看護師の年齢層はどれくらいか、患者さんにはどういう風に接しているのかわかりますよね。クリニックであれば一度患者さんとして診療を受けたりすることもできます。 もちろんその職場で働いている人を見れるだけでなく、実際に通うとしたら家からどれくらいかかるのか、どこに寄り道ができるのかもだいたいわかりますよね。職場に行ってみないとわからないことも多いのです。少し手間はかかりますが、その分安心できますが、それによって得られる安心こそが自分で職場に行く最大のメリットです。 もちろん自分の目で応募しようと思っている職場に行く事も大事ですが、転職支援会社を利用して転職活動を進めている場合には、転職コンサルタントがその職場の情報を持ってることが多いですので必ず聞きましょう 。というのも、転職支援会社は病院から求人を依頼される際に、病院の内情について教えてもらっています。 例えば子育てをしながらパート看護師として働く場合はその職場にママナースがいた方がいないより良いですし、残業事情や今までにその職場を辞めた人はどういう理由なのか、ということも聞けたりします。転職コンサルタントがあなたが応募する求人の情報をどこまでもっているかは運にもよりますが、自分の目で確かめること、転職コンサルタントからその求人の情報を詳しく聞くこと、この2つは絶対に実行しましょう。
Q

パート看護師として入社してから後悔しないために

A
今では看護師の転職支援会社を利用した転職も主流となっていますから、転職支援会社から紹介された求人に応募して、実際に入社するというケースも増えていますね。転職支援会社を利用することは忙しい看護師さんにとってかなりのメリットがあります。 一方、転職会社を利用するとどうしても自分自身で納得いく職場を探すという考えが弱くなってしまいがちです。それもそのはず、いくら自分のこととはいっても自分で探すのは面倒ですからね。 しかし、転職会社に任せっきりのまま転職活動を進め、パート看護師として働きはじめてから想像と全く違った、条件も異なっている、こんなんだったら転職、復職しなければよかったということになってしまったら最悪ですよね。それをさけるためにも自分の足で、求人に応募しようとしている職場に行くことが大事となるんです。