看護師辞めたい
Nurse

ママナースが復職するときの心配事とストレスとは

Q

パート看護師だと正社員のときより給料が下がるという不安

A
次に、経済的な事情も心配になっているのではないでしょうか。パート看護師は残業や夜勤が出来ない分、常勤看護師に比べて給料が少なくなってしまう傾向があります。結婚していて夫婦で共働きしていれば、経済的な心配は少ないと思います。しかし、離婚しシングルマザーとなってしまったママナースは、自分しか働くことができない場合は、お給料が少ないのは、切実な問題になってきます。 さらに、看護師として再就職する先のスタッフが、パート看護師の受け入れが出来るのかどうかも心配になります。働きにくい環境では、看護師を続けることにとって一番のストレスになるのではないかと思います。ママナースが多い職場は、ママの理解も受け入れもいてくれやすく、働きやすい職場が多いと思います。 しかし、きっと一番のママナースのストレスになってしまうのは、子育てとナースの両立ではないでしょうか。いくら頑張っても、ママナースの体は一つしかないので、体力も一日の時間も一人分しかありません。 朝起きて子供たちを送り出し、一息つく間もなく自分も日勤の仕事に急ぎます。日勤の仕事を急いで終わらせて、子供を迎えるために奔走して、気が付けば一日は終わってしまいます。 子供は体調を壊しやすく、ママの予定通りにうまくいかないことが多いようです。予想していないタイミングで体調を崩しお迎えが必要になったり、ママとしての役割が看護師としての時間に食い込んでしまうことも多く見られます。看護師としての役割を投げ捨てて、ママとして走ることができればきっとストレスになりませんが、そう簡単にはできないのが現実です。職場のママナースへの理解があれば、フォローもしてもらいやすく、安心してナースとして働くことができます。
Q

ママナースの1番の気がかりは子供

A
ママナースは、ママの顔と、看護師の顔を持っています。家庭ではママとしての役割があり、職場では一人の看護師としての役割があります。そっちも頑張らないといけないけど、同じように働くのなら気持ちよく働きたいものです。ママナースには心配事や不満が、ついて回っていると思います。 その一つにはママとしての子供の心配でしょうか。子供が幼稚園や学校から帰ってくる時間に、ママとして迎えることができるのか、看護師の仕事を抜けられるかは、心配になりますよね。 働ける時間が限られているので、診察時間のある外来やクリニックなどの勤務や、ママナースへの配慮のできる病棟での勤務が望ましいところです。急な早退に対応できる職場だと安心して働いていくことができると思います。