中小規模の薬局は大手薬局とドラッグストアの存在によって苦しい経営が続く

薬局の数はコンビニよりも多い


2012年度の時点で、薬局の数は5万5000店舗、一方コンビニは4万4000店舗。つまり薬局の数はコンビニより1万店舗も多いのです。自宅の近くを思い出してみれば、薬局って意外ありますよね?ということは派遣薬剤師として働く職場はコンビニと同じような数があると考えればたくさんあるということになります。ブランク明けのママ薬剤師が派遣として働く職場は調剤薬局が圧倒的に多いですからね。

コンビニと薬局が違うのは薬局に処方箋を持参した患者しか来ないところです。そう考えると薬局は多すぎるのに加え、患者の奪い合いとなります。コンビニと同じくらい薬局があるのに、薬局を利用するのはコンビニほど頻繁ではないのがかなり影響していますね。

全国展開しているドラッグストアにより地域の薬局が消える


要するに薬局業界では競争が激化し、どの薬局も薬価切り下げ、調剤報酬の伸び悩みなどで収益構造が悪化していることに加え、薬剤師を確保できないとい問題もあります。そうすると小さな薬局は次第に消えてドラッグストアが現れるというのがありがちなパターンです。

これは地方でよく起こるのですが、その地域の小売店が全国チェーンのドラッグストアの出現により顧客がドラッグストアに流れて小売店が消えていくんですね。ドラッグストアによって多くの顧客を奪われた薬局は一人当たりの調剤単価を高めようとしますが、調剤の場合処方箋次第というところがあるのでそれが難しく閉店を余儀なくされることが多いという現状があります。

大手薬局と中小規模の薬局の決定的な差


アインファーマシーズや日本調剤などの大手薬局と中小規模の薬局の差はやは知名度、待遇、教育システムでしょう。経営面でも大手ならではのシステム化による効率化、医薬品の大量購入による有利な納入条件を引き出すことができます。

その結果中小規模の薬局は、買い手がつくうちに大手薬局チェーンのM&A(買収)に応じたり、債権者である医薬品卸の傘下に入ったりすることも多いのです。

薬局の経営者の立場から考えれば、大手薬局やドラッグストアがある地域に新規で店舗を出すとわかれば、当然その地域の自社の薬局の存在があやうくなるわけです。

それに加え、ドラッグストアは処方箋受付はもちろんのこと、日用品の物価も安いため処方箋を受け取るついでに何かかっていこうというかたちで消費者にとって便利なためリピート率が高くなります。そうすると処方箋受付しかできない薬局は顧客が離れていく一方なのですね。