納得のいく転職・転職に成功する薬剤師が共通して行っている2つのこと

転職に納得・成功した薬剤師は仕事をやりきったという自信と実感がある


なんとなく転職ではなく、明確な転職理由、志望動機があり自分の望む転職を実現した薬剤師は最初の転職をする前にキャリアの最初の時期にどんな業務でよいからとことんやりきったという経験があることです。

裏を返せば最初の業務でとことんやりきったと自分の中で感じられる前には転職していないということなんですね。最初の職場は病院という薬剤師が多いと思いますが、ある程度仕事をやりきったと感じるには通常は少なくとも数年程度はかかるものです。

入社3年以内に早期転職する人の全てが「なんとなく症候群」ではないもののやはりそれは疑う必要があります。またやりきった業務は必ずしも本人が望んでいた業務ではない可能性もあります。最初の時期は目の前にある課題をこなすことだけに集中するというのが重要となるのです。

転職に納得・成功した薬剤師はキャリアの初期はスポンジのように吸収する


転職活動において重要なのは転職する軸ですが、その軸を形成するにはスポンジのような吸収力が必要です。軸、つまり薬剤師として「やりたいこと、できること」とは薬剤師としていろんな仕事をしていないのに自覚できるものではありません。

業務をこなし、試行錯誤してみてはじめてやりたいこと、できることがわかってくるものです。そのためできるだけ広い範囲の業務に接し、それぞれの業務に求められる知識、スキル、能力をスポンジのように吸収していくことが望ましいのです。とにかく最初は病院などの職場が設定してくる課題を選り好みせずに対応していくことが結果として役立つのです。

転職に納得・成功した薬剤師は職場内外の多くの人から助言をもらう


転職に成功するためには、やはり情報収集の質と量はかなり影響します。当然ですがキャリアに関する相談を直接の上司の薬剤師に相談するのは難しいでしょう。職場内で転職を経験したことがある人がいて、直接利害関係がないような人がいれば転職に関して相談するのはかなり効果的でしょう。

どのタイミングで転職するのか、年収を上げるためにはどうすれば良いのか、どの薬剤師派遣会社を利用するかなど、自分でいちいち調べていては面倒なことも一発で役立つ情報が入ります。また同じ職場の人だけでなく、職場外の人から客観的な立場で転職に関するアドバイスをしてもらうことも重要です。

薬剤師派遣会社のキャリアコンサルタントの意見は貴重


薬剤師派遣会社のキャリアコンサルタントは外部の人でかつ薬剤師の転職に精通している人なので、コンサルタントからもらえるアドバイスというのは非常に価値があるのです。

というのも数多くの薬剤師の転職に携わってきたので成功するか失敗するか、市場価値はどれくらいあるのかなど薬剤師の転職に関して持っている情報の量が違うわけです。

もちろん一人だけのコンサルタントの話を真に受けてしまうと信用できないので、複数の薬剤師派遣会社に登録して複数のキャリアコンサルタントに同じことを相談して同じようなことを言われれば信用性が高いといえます。