看護師辞めたい
Nurse

【看護師のパートへ転職】転職コンサルタントと会うときに注意すべき2つのこと

Q

最初に紹介される2~3件の求人はだめ?

A
パート看護師の求人を探す際にもう1つ注意すること、それはコンサルタントが最初に紹介してくる求人にパートとして勤務することを決めないことです。もしあなたが看護師の転職支援会社のコンサルタントであれば、どんな看護師さんが楽でしょうか。一度転職コンサルタントの視点に立って考えてみればわかりやすいですね。 転職支援会社は医療機関が看護師さんが入社した際に、採用費を成果報酬という形で医療機関から受け取ります。つまり、看護師さんが医療機関に採用されるまでいくら転職活動をサポートしても利益はでないわけです。ということはパートになろうと考えている看護師さんにできるだけはやく求人に応募して入社してほしいということ。と考えると最初に紹介してきた求人に乗り気な姿勢を示すと、とにかくすぐに求人を見つけたいんだな、あんまり良い求人でなくても転職するのかもと思われてしまい本当に条件の良い求人が紹介されないかもしれません。 以上のことをまとめると、たとえ看護師転職支援会社を利用するとしても人任せにせず、自分で全て決めるという心持ちが大事ということです。なぜこんなことを言うかというと、看護師転職サイトを利用するとほんとに転職活動が楽になるんです。楽になる上に注意が必要なんです。 正直転職活動ってめんどうですよね。でもパート看護師として働きたいわけですから条件には妥協したくないわけです。とはいえ普通に看護師としての仕事をしながらの転職活動は大変すぎですし、精神的にも疲れます。そんなときに希望の条件に合う求人のみを紹介してくれて、求人の応募への手続き、面接の日程調整など面倒なことを全て代わりにしてくれるコンサルタントは本当にありがたいわけです。それゆえ感謝の気持ちから信頼します。 中には転職コンサルタントが頑張っているから紹介してくる求人から選んであげようかなというふうになってしまう看護師さんもいます。しかし、結局は自分の生活に関わる転職活動ですから妥協せずに自分で求人を選ぶという姿勢を忘れない事が、パート看護師への転職で失敗しないために欠かせないことです。
Q

転職支援会社のコンサルタントとは

A
パート看護師へと転職、パート看護師として復職する際に看護師転職支援会社を利用して、新しい職場を探す際看護師さん一人一人に支援会社のコンサルタントが担当としてつきます。コンサルタントと言ってもその会社の社員ということですね。 看護師の転職支援会社に登録するとその社員さんである転職コンサルタントがパート看護師への転職、復職を考えいてるナースの転職活動を支援してくれます。この転職コンサルタントのおかげでかなり転職活動が楽になるわけですが、もちろん注意する事もありますので今回は転職コンサルタントのサポートを受ける際のポイントについてご紹介していきます。 転職コンサルタントと会うときの注意点、それはコンサルタントを信用しすぎないことです。これは転職支援会社の利益の上げ方にも関係があるのですが、各会社の考え方、さらには担当者によってパートの求人を探している看護師さんの希望に会っていなくても求人を紹介してくることもあるからです。 転職コンサルタントが自分の担当のナースがパートとして医療機関に採用されればいくら、といった成果報酬の給与体系もしはボーナスがあることもあるので、看護師さんにあう病院を探す事よりも成約件数を増やす事に意識がいきすぎてしまうのです。 もちろん、自分の利益しか考えない転職コンサルタントばかりではありません。もしそのようなコンサルタントがいれば会社から仕事を与えられなくなりますしペナルティも受けることになるでしょう。実際に優秀なコンサルタントはあなたにぴったりのパート看護師の求人を紹介してくれ、パートとして医療機関に入社するまでていねいなサポートをしてくれますからまずは転職コンサルタントの事を信用しすぎずに、看護師さん自身がコンサルタントを見極める、といった心持ちが大事なのです。