看護師辞めたい
Nurse

看護師のパート中にどうしても辞めたくなる瞬間とは

Q

自分より年下の正社員看護師の方が給料が上なことに耐えられない

A
辞めたくなったこともそれぞれの病院でありますが、一番辞めたくなった病院は、自分よりも若く経験が浅い看護師が自分よりも給料を貰っているにも関わらず、仕事が全然出来ずに毎日振り回された時もかなり大変でした。知識だけは豊富で頭はいい分、適格適所に応じた対応が出来ずに患者からのクレームが多く、その尻拭いをさせられたこともあります。 患者のクレーム対応というのは本来は正社員の責任ある立場の看護師、師長や主任がしなければならないはずの事を私がさせられた時には、正直すぐにその場を離れたい気持ちになりました。 はっきり言ってその時の師長はパートの私から言っても師長としてはふさわしくないぐらい患者対応が下手だったので、師長が対応するよりは他の人が対応した方が丸く収まるだろうことはスタッフ全員が分かってはいました。 だからといってなぜ続けて私なのかという気持ちになり、職場に行くのさえ嫌になりました。この様なつらい経験から、就職面接の時点で職場内の見学、パート看護師としての仕事の内容を事細かく聞く様に今はしています。
Q

正社員と同じ仕事内容でもパートと給料に差が出る

A
パート看護師として働いていていろいろな経験をしました。正直きついな、辞めたいなあと思ったことも何度もあります。その経験のいくつかを紹介します。 フルパートだと同じ時間だけ働いて、同じ内容の仕事をしても正社員よりは給料は安いのです。同じ時間であっても仕事内容が違えば話は別です。同じだけ働いているにも関わらず、給料日に自分だけ給料が安いのがとてもつらい時期がありました。どうして同じ内容の仕事をしているにも関わらず、こんなに違うのだろう?と日々考えてしまう毎日で、やりがいを見いだせないでいました。どうしてパートとしてこんな仕事を毎日しているんだろうと考えたこともあります。 そこの病院では病棟で正社員は受け持ち患者の看護をし、私たち看護師は入院患者やナースコールの対応のみでした。これだけ見るとそんなに大変そうではないかもしれません。ですが、そこの看護師は受け持ち患者の見回りが終わると詰所にこもりっきり、ナースコールに出ないことをいいことに一切廊下にすら出てこなくなりました。 受け持ちの記録を書くのもそんなに時間のかかる作業ではないのに関わらず、それ以上は動こうとしない正社員を見て、ここは正社員も暇なのでパートがいなくてもできるだろうと考えました。そこで私たちはパートの辛い面、大変な状況を責任者にすぐさま報告し、パートみんなでその次の日に辞めました。 ほとんどが派遣でのパート看護師でしたので、派遣会社側にも報告しその後は派遣ではパートをその病院には働かせていないようです。そこの病院は今は、正社員看護師の募集しかしていないようです。