看護師辞めたい
Nurse

パート看護師として復職後に求人選びに失敗したと感じる人の共通点

Q

看護師が転職に失敗してしまう理由

A
大きな期待を抱きながら転職活動をしても、転職後に失敗したと感じてしまう看護師さんもいるのが事実です。看護師さんが転職に失敗してしまう主な理由とは何でしょうか? それは転職先の情報不足と看護師転職支援会社の未活用と考えられます。今の職場が嫌すぎて、とにかく違う職場に行きたいという思いが先走ってしまうと転職先のことをよく調べずに転職してしまうということがあるんですね。。 例を挙げてみましょう。職場の上司とのそりが合わず、転職を決意。ナースフルなどの転職支援会社にとにかくはやく転職したいと希望を伝え、転職先が決まるも年収が下がって今度はそれに不満を持ち始めるといったこともありますし、年収はアップしたが労働条件を詳しく聞かなかったため勤務時間が長く残業が多いということもあります。 応募する求人が決まったら、自分で職場に行ってみる、調べるなど看護師さん自身が積極的に情報収集しないと、不幸な転職になってしまいます。転職は立て続けに何度もできるものではありませんので、しっかりと情報収集してから転職するべきですよね。 もう1つの看護師さんが転職に失敗するパターンは、転職支援会社のコンサルタントを信用しすぎる時です。転職コンサルタントはこれまでいくつもの看護師さんの転職を仲介し、任せればいいや!とついつい思ってしまうのですが、そうすると転職に失敗する可能性が高まってしまいます。 よくあるのが、コンサルタントにメールだけで希望を伝えて転職活動を進めてしまうパターン。メールだけではあなたがどのような性格、なぜ転職をしようと考え、どのような職場に転職したいのか正確にはわかりません。 転職コンサルタントと直接合って転職活動の方針を決めたり、相談をしないと後悔する転職になる可能性が高まります。
Q

看護師がパートに復職後よく感じる不満

A
子育ても落ち着いたしそろそろパートとして復職しようかなという看護師のみなさん、職場の雰囲気が良く、休みもとれて、残業も少ない!といったような職場で働きたいですよね。。もちろん良い求人を見つけ、パートをすることができればそうなります。 しかし、求人選びに失敗してしまうと、こんなはずじゃなかった。これだったら復職しなかった方がまし。と思うことになってしまいます。 勤務時間が聞いていたよりも長い、残業なしと聞いていたのに思いっきり残業がある、上司との関係がうまくいかない、実際に通勤してみると遠い、病院の経営状況が実はひどかった、職場の雰囲気が全然合わないと初日で気づいた。 自分でたいして情報収集もせず、ナースフルなどの看護師の転職支援会社に頼りすぎると上で述べような事が起きても不思議ではありません。転職エージェントは確かに看護師さんの転職活動をサポートしてくれますが、そのサポートをどう利用するかで転職が成功するか失敗するか大きく変わってきます。