看護師辞めたい
Nurse

派遣看護師として働く前に確認しておきたい『社会保険』への加入

Q

派遣看護師が契約更新,4分の3以上働いたら社会保険に加入

A
2ヶ月以内の期間を定めて派遣される場合は、1つめの要件を満たさないため加入しません。ただし、更新などでその期間を超える場合は、それ以降加入しなければなりません。 2つめの要件である、所定労働時間とは、1日または1週の所定労働時間、所定労働日数とは一ヶ月の所定労働日数を指します。加入したくない場合は、1ヶ月の労働日数を派遣元社員の4分の3未満にする、1日の労働時間を派遣元社員の4分の3未満にする、のいずれかにする必要が有ります。 社会保険は看護師派遣会社で加入し、保険料は派遣会社と派遣看護師が半額ずつ負担します。社会保険料は負担が大きいので、加入しない派遣会社が多く問題になりました。加入要件を満たしているのに加入させていないことがわかると、最大2年分さかのぼって徴収されることがあります。 社会保険に加入すると会社負担が多くなるという理由から加入させていない看護師派遣会社もあるため、厚生労働省は社会保険に加入させる責任を派遣会社に負わせると同時に派遣先にもチェックをすることを義務付けています。 具体的には、看護師派遣会社から派遣先へ社会保険の加入状況を通知する、正当な理由なく社会保険に加入していない場合は派遣先は加入させてから派遣するよう求めることになっています。
Q

社会保険の加入は看護師派遣会社が行う

A
派遣看護師としての採用が確定すれば、看護師派遣会社は派遣労働者の氏名などを派遣先(勤務先)に通知することが当然義務付けられています。 労働者派遣契約は、派遣労働者についての契約ではないため、派遣先はこの通知によって氏名、性別などを知ることになっています。派遣先は、看護師派遣会社が決めた派遣看護師を就業条件に従って働かせます。原則として、通知は書面またはFAXまたは電子メールによることされています。 また社会保険の加入は、雇用関係にある看護師派遣会社が行います。社会保険の加入基準は決まっており、派遣会社や派遣看護師の意思とは関係なく、基準にあてはまる場合は加入しなければいけません。 健康保険と厚生年金保険を合わせて社会保険といいます。加入する際、この2つは1セットです。片方だけの加入はありません。 ①雇用契約期間が2ヶ月超 ②所定労働時間および所定労働日数が派遣元の社員の4分の3以上 看護師派遣会社や派遣看護師が希望しなくても、この要件にあてはまる場合は加入しなければなりません。