看護師辞めたい
Nurse

派遣の常識!期間を定めなければ派遣看護師の受け入れは1年間

Q

派遣期間を超える際は派遣先が通知する

A
また期間制限が守れずにだらだらと派遣労働者を使うことを防ぐために、派遣先は期間制限を超える日(抵触日)を看護師派遣会社に通知しなければなりません。期間制限を超える日が変更になるときも同様です。 すでに別の看護師派遣会社から派遣看護師を受け入れてるかもしれないため、その業務につして人材派遣を最初に受け入れた日は派遣先にしかわかりません。そのため、この通知は派遣先に義務付けられています。看護師派遣会社はこの通知がなければ、派遣契約を結んではいけません。 看護師派遣会社は派遣制限の1ヶ月前から前日までに、「期間制限を超える日」と「その日行こう人材派遣を行わない」旨を通知することが義務付けられています。 通知は派遣先、派遣看護師の両方に対して行います。いずれの通知も文書で行うこととなっています。ちなみに、この期間制限の日を超えて、人災派遣をした場合は、看護師派遣会社に対して30万円以下の罰金、許可取り消し、派遣事業の全部または1部の停止、派遣先に対して指導または助言、是正韓勧告が下ります。
Q

派遣労働者の受け入れ期間

A
派遣期間の制限が定められている一般的な派遣の場合、たとえ派遣先や看護師派遣会社が同意したとしても期間の制限は、次の①、②のようになります。この期間を超えて受け入れることはできません。 ①期間を定めた時:定めた期間(上限は3年) ②期間を定めない時:1年 1年を超えて派遣労働者を受け入れる場合は、あらかじめその期間を通知して労働者代表の意見を聞かなければなりません。意見をきく意味は、その業務に「臨時的」とは言えない長い期間、社員ではなく派遣労働者を受け入れることが本当に必要かどうかを確認することにあります。 労働者代表とは、労働者の過半数が加入している労働組合であればその労働組合、なければ労働者の過半数を代表する者といいます。意見をきくタイミングは派遣労働者を受け入れる前とは限りません。1年以内の期間の予定で開始した後、1年を超える期間を定めるのであればそのときでもかまいません。 なおこの期間を変更する場合も同じように労働者の過半数代表者に通知し、意見をきくこととしています。労働者の意見を聞いた結果、反対意見があれば再検討をするなど意見を尊重する努力が求められます。しかし、その意見をとりいれることまでは義務付けられていません。 この意見書は届出する必要はありません。書面に記録してその人材派遣終了後、3年間保存することになっています。