看護師辞めたい
Nurse

ママナースが気になる派遣看護師の派遣期間の制限と延長

Q

派遣の同一場所、同一業務の判断基準

A
この場合の「同一場所」とは、課、部、事務所全体など、場所的に他の部署と独立していること、経営の単位として人事、経理、指導間隔、労働の態様などにおいてある程度の独立性を有していること、一定期間継続し、施設としての持続性を有することなどの実態に即して判断されることとなっています。 また同一業務とは、基本的に派遣契約で定められた業務のことをいいます。さらに派遣先の医療機関の組織の最小単位で行われる業務は同一の業務とみなされることとなっています。 組織の最小単位とは、業務の内容について指示を行う権限を有する者と、その者の指示を受けて業務を遂行する者とのまとまりのうちの最小のものをいいます。 なお、クーリング期間が必要なのは、同一の場所で同一の業務に派遣社員を受け入れる場合です。場所が異なったり、業務が異なったりするのであれば、クーリング期間をおく必要はありません。 派遣期間が派遣可能期間を超えて法律に違反することになった場合、厚生労働大臣は派遣先の医療機関に対して違反を是正するような指導、助言を行うことになります。この指導、助言に対して是正措置がとられない場合、厚生労働大臣は勧告を行い、この勧告に従わないときは、企業名などが公表されます。 なお当然のことですが、看護師派遣会社も派遣可能期間を超えるについて労働者を派遣してはなりません。もし、これに違反した場合は30万円の罰金に処せられることになります。
Q

同じ場所、同じ業務なら3年以内が原則

A
労働者派遣法は、基本的に同じ場所、同じ業務で派遣社員を受け入れる場合、その期間は派遣可能期間以内でなければならないと定めています。 なお、1年を超え3年以内の派遣期間を設定するときはその派遣期間について派遣先の医療機関における労働者の過半数を代表する者から意見をきくこととされている点に留意すべきでしょう。 今述べたように、同一場所の同一業務について派遣社員を派遣することができる期間は3年以内とするのが原則ですが、この3年以内とは継続して3年を超えてはならないという意味で、逆にいえば継続していなければこの制限は受けません。 そして指針は「派遣期間と派遣期間の間に一定の間隔(クーリング期間。指針によると3ヶ月と1日)があれば派遣が継続しているものとは判断しない」としていますから、このクーリング期間をおけば、同一場所の同一業務であっても、再び派遣社員を受け入れることができるのです。