看護師辞めたい
Nurse

派遣看護師と看護師派遣会社、医療機関の3者の関係

Q

一般労働者派遣事業とは

A
一般労働者派遣事業は、派遣社員として働きたいと希望する労働者を登録しておくタイプです。そして、派遣社員の受け入れを希望する会社から依頼があった場合に登している派遣社員のなかから適任者を選んで派遣します。 この場合、派遣される者は、派遣先企業に派遣されている期間だけ派遣先の医療期間と雇用契約を結ぶことになります。 一般労働者派遣を事業として行うためには、事業所ごとで厚生労働大臣の許可を受けなければなりません。許可される期間は3年間ですので引き続き派遣事業を行う場合は更新が必要となります。 特定労働者派遣事業とは、自社で雇用する社員を派遣社員として派遣するタイプです。派遣されている期間だけ雇用される一般労働者派遣事業とは、その点で違いがあります。 したがって労働者としての身分は、一般労働者派遣事業に登録している派遣社員と比べれば安定していると言えます。このような事業から、特定労働者派遣事業を行う場合は、厚生労働大臣の許可を受ける必要はなく届け出ですみます。
Q

派遣看護師、派遣元、派遣先の関係を知る

A
看護師の派遣には派遣労働者と看護師派遣会社、そして派遣先の医療機関の3者が関係します。看護師の派遣とは、看護師が看護師派遣会社に雇用され、看護師派遣会社が派遣先の医療機関と結んだ派遣契約に基づいて、派遣先の医療期間の指揮命令のもとで働く形態のことをいいます。 派遣看護師が実際に働くのは、派遣先の医療期間ですが、雇用契約は看護師派遣会社と結んでいますから、派遣看護師に対する賃金は看護師派遣会社から支払われます。つまり派遣看護師と派遣先の医療期間との間に雇用契約の関係は生じないということです。 派遣看護師としてはいろいろな医療機関に派遣されることでさまざまな経験ができますし、しがらみにとらわれずドライな人間関係のなかで働くことができるといった点もメリットと言えるでしょう。 派遣看護師を受け入れる医療期間としては、弾力的な組織運営が可能であること、派遣看護師の技術や知識をすぐに活用できるなどのメリットを期待できます。