看護師辞めたい
Nurse

これで安心!派遣看護師を受け入れる際に派遣先企業が絶対にやること

Q

派遣先は派遣看護師を雇用する努力をする

A
派遣受入期間の制限がある一般的な業務の場合、同一場所、同一業務に1年以上1人の派遣労働者を雇いいれ、 ①引き続き同一場所、同一業務に労働者を雇うとき、②派遣労働者から直接雇用を希望する申し出があったとき、③派遣終了後7日以内に派遣労働者と看護師派遣会社の雇用関係が終了したとき、派遣先はその派遣労働者を直接雇用するよう努力しなければなりません。 これは労働者を雇うのであれば、優先的に派遣労働者を雇うよう促すものです。ただ、「努力」と「義務」は異なり、そのまま受け入れてかまいません。 派遣受け入れ期間の制限がある一般的な業務の場合、あらかじめ定めた派遣機関を超えて派遣労働者を使用しようとすれば、前日までに直接雇用の申し込みをしなければなりません。申し恋は書面で行う必要があります。 ここでいう「あらかじめ定めた派遣期間」とは、派遣期間として定めた1年から3年のことです。このとき対象となる労働者は、派遣された期間にかかわらず、その直前に派遣されている者です。 なお直接雇用の申し込みの労働条件は、派遣就業中の労働条件や派遣先の労働者の労働条件を総合的に考量するものとされています。 派遣労働者が直接雇用を望まなかったとしても、制限期間を超えて雇用すれば法律違反となり、派遣先は厚生労働省から指導などを受けることになります。 派遣労働者が直接雇用を望まなかった場合でも、その業務を他の派遣労働者にさせることはできないので、その業務を自社の労働者にさせる、3ヶ月超の機関をあけてリセットするといった対処が必要となります。なお、制限期間を超えて受け入れた後、使用を停止しても一度発生した雇用の申し込み義務はなくなりません。
Q

派遣看護師を受け入れる派遣先企業に求められる措置

A
労働者派遣法第47条の規定に基づき、看護師派遣会社および派遣先企業の双方が行わなければならないことについての指針が定められています。そのまず1つめが「派遣契約締結にあたっての就業条件の確認」です。 派遣契約を結ぶ際は派遣社員に指揮命令する者から業務遂行に必要な知識や技術のレベルやその他の就業条件に関する内容を十分確認しておかなければなりません。 2つ目が「派遣契約に定める就業条件の確保」です。派遣契約に定められた就業条件を書面の交付などにより周知徹底することが必要です。また、就業場所を定期的に巡回して派遣契約に違反していないことを確認したり、直接指揮命令する者から就業状況の報告を求めることも要請されています。 その他、直接指揮命令する者に対して契約外の仕事を命じたり契約で規定されていない時間外労働を命じるなど派遣契約に違反するような業務上の指示をしないように指導することも求められます。 3つ目が「派遣労働者の特定を目的とする行為の禁止」。派遣社員を特定することとなるような事前面接や李k隷書を送付させるといった行為を行ってはいけません。 4つ目が「派遣契約の定めに違反する事実を知った場合の是正措置」について。派遣契約の定めに違反する事実を知った時は、これを早急に是正しなければなりません。 5つめは「派遣社員の雇用の安定を図るために必要な措置」です。派遣先は派遣契約の締結に際し、派遣期間を定めるにあたって看護師派遣会社と協力しつつ、雇用の安定を図るために必要な配慮をしなければなりません。 また、派遣先企業の事情で派遣契約を解除する場合には、あらかじめ相当の猶予期間をもって解除の申し入れを行わなければなりません。その場合は関連会社などのあっせんなどによって、派遣社員の就業機会を確保することも求められます。 さらに派遣先の責任で派遣契約を途中解除する場合で、就業機会の確保が困難な場合は、30日前に予告しなければなりません。もしその予告を行わない場合には、30日分以上の賃金に相当する額の損害賠償を行うことが求められます。