退職前は病院勤務だったママ薬剤師向け、ドラッグストアの派遣業務の特徴

派遣薬剤師のドラッグストアでの業務


薬剤師の派遣先として、当然調剤を併設しているドラッグストアもありますが、派遣業務はいったいどのようなものでしょうか。ドラッグストアでは調剤、OTC薬、サプリメントなどの健康食品、衛生材料、衛生用品など幅広い品揃えがされています。

ドラッグストアによって薬剤師の業務範囲が「調剤だけ」という店舗と「調剤とOTC薬販売」の両方を担当する店舗にわかれますが、最近では調剤を併設したドラッグストアが多いので調剤しかやりたくないというママ薬剤師はドラッグストア勤務には向いていないでしょう。

実際にドラッグストアの派遣薬剤師の求人に申し込み、採用担当者と面接をすると「調剤とOTC薬販売と両方を担当していただきます」という説明を受けることがほとんどでしょう。

ご存知かと思いますが調剤とOTC薬の両方を兼務することが多くなったのは2009年の改正薬事法によって、OTC薬の第一類医薬品の情報提供が薬剤師の業務になったためです。

第一類医薬品はそれまで医療用として使われていた成分をOTC薬に転用したいわゆるスイッチOTC薬がほとんどであり専門知識をもつ薬剤師が説明することで安全性を担保します。


ドラッグストア勤務の派遣薬剤師が担う重要な役割とは


ドラッグストア勤務の派遣薬剤師が薬局や病院での派遣薬剤師と大きく異なるのが、顧客とのコミュニケーションが圧倒的に多い点ですね。OTC薬も担当するドラッグストアの薬剤師は病気や薬について顧客から様々の質問を受けます。多くの場合は、もっとも適したOTC薬を選んであげることですが、場合によっては薬に頼らず食事や睡眠で対処するよう勧めることもありますし、あるいは顧客の訴えからOTC薬では対応できないと判断して受診を勧めることもあります。

処方箋を持ってきた患者が同時にサプリメントを購入する場合もありますので、処方箋に記載された医薬品とサプリメントを併用してもよいものかどうかの判断も薬剤師の仕事となります。

このように、その時点で最適な選択をすることをトリアージといいますが、ドラッグストアの薬剤師には顧客の発言から、症状や様態を正確に把握し、どの薬を買うべきなのか、どう治療すればよいのか伝える力が求められます。

したがって、ドラッグストアの薬剤師は幅広い健康知識、近隣の医療情報などジェネラリストとしての素質が求められます。顧客からどんな質問をされても対応できなければなりません。

ドラッグストアでOTC薬販売などを経験した薬剤師からは「患者とのコミュニケーションがうまくできるようになった」などの声を聞きますし、健康人から病人まで様々な顧客と接するうちに自然とコミュニケーションが上達するでしょう。