看護師辞めたい
Nurse

看護師のパートと派遣のデメリットをそれぞれ比較してみた!

Q

派遣看護師は自由だけれども打ち切りの可能性がある

A
派遣看護師は派遣会社の職員として契約された病院に勤務に行くという形になります。そのため、あらかじめ派遣会社で希望時間や希望日を伝え、それを受け入れてくれる病院への派遣となります。 またはじめから派遣期間が決まっているので、長く同じ場所で働く意思がない場合には、都合のよい働き方でしょう。そのため派遣看護師のメリットは、自分の仕事をコントロールしやすいということが挙げられます。また夜勤専従看護師など特殊な働き方もできることが魅力の一つです。 反対にデメリットは、病院の看護師の人数が十分になった場合、派遣が打ち切りになる場合があるということです。しかし、反対に派遣から常勤看護師への雇用の可能性もあるので、よい職場であると感じていた場合はチャンスとなることもあります。
Q

看護師のパートは残業はないけれど仕事が物足りないかも

A
パート看護師のメリットは、決められた時間での雇用契約を結んでいるので、残業がない、また仕事とプライベートの予定を立てやすいことが挙げられます。子供の帰宅時間に合わせて仕事終了時間を決めておくことも可能ですね。ただ勤務時間終了前に急患があり、見捨てては帰れないということもありますが。 反対にデメリットは、病院に雇用されますが、短時間勤務のパートという立場では、常勤のように、患者を受け持ったり病棟内の回診について回るなど、常勤看護師のような大きな仕事を任すことができず、常勤看護師の補助的業務ばかりを行う職場もあります。 これまで多くの経験を積んできた人には、物足りなく感じる業務かもしれません。またパート看護師は時給制であり、ボーナスや労働時間によっては福利厚生もない場合があり、常勤との待遇の差が明らかです。ボーナス時期になるとパートという働き方を考え直すという人も少なくないのです。