看護師辞めたい
Nurse

看護師の仕事と家事・子育てを両立するために大事な3つのこと

Q

何を一番に優先したいかを常に考えておく

A
仕事は始めたけれど、その中で優先したいことはなんですか?収入?やりがい?それとも子供の成長?家族の時間?人それぞれあると思いますが、やはり仕事は子供がいてこそ頑張れる、ってことではないでしょうか? 増えた収入を子供たちとの遊びに使いたい、学費や習い事に使いたいなど、目標があれば仕事に対するモチベーションも上がりますね。子供が待っているから、早く定時で帰れるように努力しようと気持ちの張合いも出ます。 子育ても仕事も両立させたいけれど、突発的な問題など発生した時には迷うことも多いですね。そんな時は、何を一番に優先させたいか、原点に返って考えてみるとやるべきことが見えてくるような気がします。 夫も仕事をして疲れています。大方の世帯では夫の年収の方が多いことから、「一家の大黒柱」というプライドがあります。 男性の〈手伝い〉〈家事育児参加〉というスタンスは長続きしません。まして妻の側から〈お願い〉や〈命令〉は、その時妻は楽になっても、後々夫の爆発は避けられません。 「私も疲れている」と言いたいところですが、黙々とひたすらに家事をしている方が穏やかに過ごせます。 親に「可愛い孫でしょ、お世話も楽しいでしょ」という感覚で預けることは極めて利己的です。 自身の生活を振り返って、温泉に行きたかったけれど子供が嫌がった、本の続きを読みたかったけれど子供が算数が分からないと言ってきたので付き合った、など、諦めたことは山ほどあるはずです。高齢の親は、今まさにそんなストレスから解放されています。
Q

気持ちの切り替えができるように看護師の仕事を家に持ち込まない

A
派遣・パート看護師の仕事をしていて、勤務が終わってからも病棟や患者のことが気になったりしたことはないですか?この職種は交代制勤務なので、自分の勤務が終われば帰宅ができますが、帰宅後も受け持った患者や業務のことなどいろいろ考えてしまう…つまり看護師は常に後ろ髪が引かれる仕事なのです。 仕事が終わっても仕事のことを考えてしまうなんて、家にいても落ち着いて家事や育児をすることができないですよね。そのようなことがないようにするためには、気持ちの切り替えができるように、仕事を家に持ち込まないようにする努力が必要です。 仕事の時間は、仕事のことだけを一生懸命考えて、やり残しがないようにきっちりこなす、家に帰ると家族のことだけを考えて楽しく一緒に過ごす、この切り替えが大切です。 仕事を始めると、生活のリズムが整うまで大変です。生活のリズムが崩れると子供の具合が悪くなってしまうことも…それを回避するには、生活リズムをなるべく崩さないようにすることが大切です。 仕事を始めると、これまでに比べ家事にかける時間は減ってしまうでしょう。便利グッズを使って家事を時間短縮できるようにしたり、食事もまとめて作っておいて、日々の食事は時間をかけずにできるようにいろいろな方法を考えておきたいですね。一日の段取りを考えて動き、リズムを早く確立させることは自分も家族も守ることにつながります。 またやっぱり子供のことを考えなければいけません。派遣やパートで復職しようとするほとんどのナースがお子さんがいます。子供が学校から帰って来て、自分で玄関の鍵を開けて入る。カバンを置いて友達と遊ぶためにまた鍵を掛けて出掛ける、又は、誰も居ない家でだんだん日が傾いていくのを感じながら過ごす、それだけで子供にとってはストレスです。 「一人でゲームしてるから」「塾に通っているから」それは親の見解です。冷蔵庫を開けたら手作りのゼリー、それだけでも『お帰りなさい』の気持ちが伝わります。 グラス一つ一つに子供の名前を書いた付箋を貼っておけば喧嘩になりません。成長期ですし、とりあえずひもじい思いをさせないことは一番大切です。 子供は知らないうちに大きくなっています。話を聞いたり、遊ぶ時間を出来るだけ確保してください。休日一緒に映画を観に行ったり、子供のスポーツの試合や発表会を観に行ったり、あえてお出掛けなどしなくても、一緒にお菓子を作ったり。 いつも看護師としてセカセカしている姿を見せているので、休日はどっしりと座って本を読んでいる姿を子供に見せると子供も安心します。