看護師辞めたい
Nurse

看護師として精神科の夜勤をしている私のタイムスケジュールと仕事内容を順に説明します

Q

精神科の夜勤の23:00~9:15の仕事

A
6:00からは朝一番の採血をしたり患者さんの一般状態の観察を行い、その後は朝の記録をひと通り済ませてそのまま朝食の準備に取り掛かります。 食事が終われば朝食後の薬を配ったり、患者さんの対応に追われ、そのまま朝の申し送りにはいり、その後は仕事の抜けがないかを再チェックして帰宅となります。 精神科では患者さん本人や周囲の安全を確保するために『隔離』や『身体拘束』というものがあります。 隔離とは個室に入ってもらい外から施錠して室内から出れないようにして患者さんの安全を確保するもので、拘束とは体幹と手足(もしくは体幹のみ)の動かせる範囲を制限することで患者さんの安全を確保するものだそうです。 隔離や身体拘束を受ける患者さんの観察は重要で、隔離を受ける患者さんは30分に1回身体拘束を受ける患者さんは15分に1回の状態観察をしなければならないようになっているそうで、それは時間に関わらず常に重要になる業務です。
Q

精神科の夜勤の16:30~23:00の仕事

A
看護師の二交代の夜勤でも科によってその業務内容は大きく違ってきます。今回はとくに特殊でなかなか話題にならない『精神科』の夜勤業務について述べていきます。 16:30からは患者の情報収集をして、夕食後や寝る前の薬を準備したりなどの事前準備、そして重要事項のみの申し送りなどをします。 その後は血糖値測定だったりインシュリン注射のの実施をして夕食のセッティングや見守りがあり、そして状態の悪患者さんがいれば血圧測定などの一般状態の観察をしてその記録をします。 食事の後は消灯までしばらく目立った仕事はないようです。 20時あたりから再び活動開始し、寝る前の薬を配ったり消灯の準備をしていきます。21:00頃に消灯になりそれ以降は患者さんが『不眠』の訴えで睡眠導入剤をもらいに来たり、落ち着かないからと『不穏時』の薬をもらいに来たりと落ち着けない時間になりますね。 23時以降はほとんどの患者さんはどうにか就寝されるそうで少し余裕が出てきます。