看護師辞めたい
Nurse

看護師夜勤バイト,夜勤専従で働くメリットとデメリットを比較してみた

Q

看護師の夜勤バイト,夜勤専従のデメリットはやはり体調面

A
夜勤勤務の最大のデメリットはなんといっても体調管理でしょう。どれだけ昼間に休むことのできる時間があるにしろ、夜間の睡眠と比べると疲れの取れ方も違うことが実験でわかっているそうです。 このことからいくら昼間に休息がとれるにしても体調を崩しやすい環境にあるということが最大のデメリットではないでしょうか。上で述べたことと関連してくるのですが、有事の際の交代要員を確保しにくいということもあります。 日勤と違いスタッフ数もすくないので夜勤を休む場合は必ず誰かが補填として勤務しなければなりません。夜勤の交代となると、交代スタッフの翌日からの勤務の変更も必要になるので「交代できない」ということにもなりかねません。そして夜勤は日勤に比べてスタッフ数が少ないので、個人の技量・知識が重要になってきます。 急変があったとしても限られたスタッフで対応しなければなりません。急変の対応をしつつも通常業務も並行して行うことになります。もし技術も知識も経験もないようなスタッフとの組み合わせになると大きな負担がのしかかることになります。 夜勤帯しか働いていない、しかも、夜勤バイト、夜勤専従は特定のチームに所属していないことが多いため、患者さんの普段の状態がわからず、申し送りとカルテの記録からの情報くらいしかなかったりします。 入れ替わりの激しい病院だと、長期連休のあとに出勤したら、下手したら担当患者さん全員が初めてということもあるかもしれません。やはり、生で実際に見た情報というのは大きいです。どんな薬を飲んでいて、どんな点滴をして、どれくらい動けて、どんな性格なのか。それがわかった状態で、患者さんのところに行くと、看護師も安心感があるし、視野が広がります。落ち着いて仕事ができますが、初めてばかりだと、どうしても見落としがちになります。 そうすると、重大なインシデントにつながることもあります。普段、日勤をやらないというデメリットとしてそういった点があると思います。これらのことから、夜勤バイト、夜勤専従をやる看護師というのは、ある程度の経験・知識・技術を持ち合わせていないといけないでしょう。
Q

看護師の夜勤バイト,夜勤専従の最大のメリットは日中を有効活用できる

A
看護師の夜勤バイトの最も大きいメリットは「日中の時間を好きに使える」ということではないでしょうか。夜勤前にしっかり休息を取りたい人はいるでしょうけど、平日昼間だと、普段は人が多い場所でも空いていてショッピングなども気軽にできます。 男性で奥さんと家事を分担しているなどあれば昼間に家事をしておけば夕方帰ってくる奥さんの負担も減ります。またこどもが小さいと病気も多くなります。昼間に病院に連れていける人がいるというのはとても心強いものです。 ほかにも「アルバイト」として捉えるのであればとても高額な報酬になります。夜勤は日勤に比べると主治医の診察や入浴介助などの介護などもなく、とくに問題などなければ日勤よりも精神的・体力的負担なく働くことができます。意外に思われるかもしれませんが、夜勤バイト、夜勤専従のほうが生活リズムができていいという人もいます。夜勤と日勤の繰り返しのほうが「合わない・リズムが変わる」という人がいるのも事実です。 看護師の夜勤バイト、夜勤専従で働いている人の勤務をみると、夜勤入り、夜勤明け、休み、夜勤入り、夜勤明け、休みといった流れが通常です。時々、夜勤入り、夜勤明け、夜勤入り、夜勤明けといった感じで、休みが入らないときはかなりしんどいとは思いますが、とにかく一度に16時間、2日分の仕事を消化できてしまえるのが特徴です。 そのため、病院に勤務していない時間帯が増えるし、続く傾向になります。仕事から解放されて、旅行に行くのもよし、プライベートの時間をかなり確保できます。特に、夜勤明けを上手に活用できれば、更に増えると思います。夜勤明けで帰ってきて、夜まで寝てしまい、夜更かしし更に寝ると、それはちょっともったいない感じもします。 しかし、頑張って、帰ってきてから活動的に動き、夜まで遊びに行ってしまえば、それはもう一日休みをもらって遊んできたようなものですから、非常に充実した一日に変えることができます。更に次の日も休みなのですから、気分も良いですよね。