看護師辞めたい
Nurse

看護師の夜勤バイト・夜勤専従をするのに適している職場の3つの特徴

Q

夜勤バイトをするなら老人保健施設や療養型・リハビリ病院

A
夜勤帯はとにかく患者さんの急変が多いし、近年特に増加傾向としていえるのが、夜間の救急搬送。そういった状況下で、急性期病院や救急病院で働くのはかなり体力的にも精神的にもハードだと思います。 更に、夜勤バイトだと、夜勤の状態しか患者さんの状態がわからないため、情報不足で、患者さんに適切なケアが提供できなかったり、インシデントを引き起こしやすい状況といえます。高度な技術を要求されたりするのも、日頃、日勤帯での経験がないナースには戸惑う部分が出てきてもおかしくありません。 せっかく夜勤バイトを始めても挫折してしまったら元も子もないため、特に最初は療養型病床やリハビリ病床のある病院が良いと思います。オムツ交換や経管栄養といった、患者さんの食事排泄などの日常生活ケアが中心で、病状的にも慢性期で急変が考えにくい状況といえます。 もちろん、たくさんの方をオムツ交換していくのは体力的に厳しいでしょうが、こういった病院だと介護福祉士やケアワーカーも夜勤で入るため、看護師ばかりに負担が集中はしにくいと思われます。何より、急変するんではないかというプレッシャーや救急車が来たらどうしようというような怖さを感じながら働くよりは落ち着いて働けるでしょうから、最初は特におすすめしたいと思います。 実際に看護師1名、介護士2名の夜勤において、稀に急変やステルベンがあった場合に、違うフロアから応援を要請出来るようなサポート体制があると良いですよね。 もちろん他のフロアもギリギリの人員数で回っているため、管理上基本的には病棟内で解決しなければなりませんが、担当の病棟にない医療機器類の貸し借りを依頼したり、エキスパートに内線でアドバイスを請うなど、他部署との連携が図れていて風通しの良い職場は働きやすいです。 夜勤を終えた更衣室で「助かりました」「お互い様です」という会話があると、次のシフトも責任を持ってこなそうという気になります。 どんなに人あたりが良く環境に適応しやすい方看護師も、同じ年代の方がいるのといないとでは居心地が違います。 平成生まれのシェアが拡大しつつあるこの頃、若くてフレッシュな空気に圧倒されそうになっても、心の寄すがとなる存在が1人でもいると気持ちに余裕が生まれます。 直接身の上話をすることがなくても、「○○さんは女手一つで娘さんを大学に行かせているのよ」、「××さんのお父様、昨日も入院されて大変だったんですって」などの情報は自然に入ってきます。孤独感や孤立感と戦う夜勤でも、苦労しているのは自分だけではないと分かると気持ちに張りが出てきます。 夜勤バイトをする前に、看護師派遣会社の人といろいろ連絡を取ると思いますが、求人に応募する前にそこで夜勤をしている人はどういう人がいるのか出来る限り知れると良いですよね。
Q

看護師の夜勤バイトをするなら必ず3交代制で夜勤を待遇する職場

A
看護師の夜勤バイトをやるにしても2交代制では夕方16時に出勤、翌朝9時に退勤することができたとしても17時間拘束されることになります。 独身者や子育てを終えた方なら効率良く収入を得ることが出来る2交代制ですが、育児中の方は3交代制がおすすめです。 家族にとって、夕食と朝食の際に母がいないということは、「出張」と同じような感覚です。 夕べは自分でカレーを温めて1人で食べて寝たけれど、朝起きてみたら味噌汁の匂いが漂っていてキッチンに母が立っている、という風景なら、子供も安心します。あるいは深夜勤なら、夕食を一緒に食べてから明日の学校行事の持ち物を確認し、目覚ましをセットしたところで安心して出勤できます。 また病院それぞれによって、夜勤に対する条件は大きく異なります。深夜加算は法律で決まっていることなので、すべての病院に共通してあると思いますが、付属してもらえる夜勤手当に関しては差が出たりします。 1回15000円のところもあれば、8000円のところもあったりです。また、夜勤はかなりハードで、仕事の行き帰りで何かトラブルがあってもいけないので、タクシーチケットを渡し、送迎サービスをしたり、食事サービスをしたりと夜勤ならではのサービスがある病院もみられるため、しっかり条件をみて、夜勤に対する条件が厚遇されている病院がおすすめです。