看護師辞めたい
Nurse

忙しいと思われがちの看護師の夜勤の仕事内容・朝までの流れを確認!

Q

忙しくないときは夜勤中に交代で仮眠をとることもある

A
その後、23時、一時、三時と時間ごとに患者の様子を見に病室を回り、時間ごとの点滴の交換をしたりします。また、痛みや吐き気などの訴えがあるときや症状が強い時は夜間担当医師に連絡をして、薬剤や点滴の指示を受けて実施する事もあります。 夜勤の仕事が忙しく無い時は看護師が交代をして一時間くらい仮眠を取る事もあります。その後、朝が近づくと患者の朝食後薬や朝から開始する点滴の準備をします。朝の処置の準備をして、6時半の起床後は病室を回り患者の夜間の状態を聞きながら起床後の歯磨きなどの援助をします。 朝食の配ぜんや下膳をしたら、口腔ケアなどの援助をして、朝から開始する点滴を実施し、夜勤の患者の申し送りを日勤帯の看護師にして、夜勤業務は終了です。 内科やガン病棟、呼吸器内科はガン性疼痛が強い人もいるので夜間の点滴や薬剤による痛みのコントロール、抗がん剤による副作用のケアをするので夜間もひっきりなしにナースコールがある部署も多いです。また、癌が末期の患者さんは夜間に状態が急変して亡くなる人が多いので亡くなる人が多い時の夜勤はとても忙しいです。 整形外科や外科病棟では手術後の患者や手術前日の患者がいるので手術後の状態観察や手術前の処置や絶食による身体的精神的ケアが必要な患者も多いです。 精神科では夜間に興奮状態になったり精神的に不安定になり不眠になる人も多く、異常行動や危険行動、自殺行為をしない様に常時観察したり、指示による薬剤の服用で精神的症状が安定する様に援助する事もあります。
Q

看護師の夜勤の朝までの流れと仕事内容

A
看護師の夜勤の仕事は忙しく大変というイメージがある人も多いのでないでしょうか。ですが、きちんと自分に合った職場選びが出来ると夜勤もそれほど苦労なく行える事も多いのです。その職場や科目、病院によって夜勤の仕事内容も違うのでその少しではありますが夜勤の仕事内容について説明します。 大体の夜勤は申し送りや夜勤業務が始まる前に自分の夜勤担当の患者さんの日勤帯での情報収集をしてから、夜勤で試用する予定の薬剤や点滴の準備を事前にしておくことが多いです。また患者さんの夕食後薬や就寝時薬を事前に準備しておくこともあります。 申し送り後は夕食の配ぜんや下膳、夕食後の口腔ケアの介助や援助をした後に各受け持ち患者さんの病室に回り患者さんの状態観察をします。その後、就寝時薬の服薬援助や就寝準備の援助をして、夜9時の就寝の為に各病室の明かりを消しに回ります。 就寝後は患者さんのナースコール対応をしながら、部屋回りでの患者の状態を記録に記載します。ですが、最近では電子カルテの病院も多いため、記録の簡単な記入になっている所や状態が変わったのみだけ看護記録に記載するところも多くなってきています。