看護師辞めたい
Nurse

看護師の夜勤バイトをするのにやたらと忙しくて最悪な職場とは?

Q

夜中に当直医師を呼んでもなかなか来ない病院

A
看護師の勤務帯の中で、一番緊張感が伴うのは夜勤帯でしょう。日勤帯は、院内にいつでも医師がいるので、患者の担当医師に連絡、相談したり、緊急でも何かあれば医師を呼ぶことも可能です。でも夜勤帯になると患者の担当医師は帰宅し、当直医師だけになってしまいます。 自分が常勤看護師でありいつも見ている患者ならば、その状況から判断して対処することは可能かもしれません。しかし夜勤のバイトで入って、いつも接していなければすぐにわからないこともありますよね。患者さんの中には、夜が不安で不定愁訴ばかり言う人だっているのです。認知症が入っているから、症状をしきりに訴える人だっているのです。 夜勤帯でも必要があれば、もちろん当直医師を呼びます。しかし中には、電話だけで状況を聞いて指示を出して終わりという医師もいるのです。もしその医師がほかに患者の対応をしている場合にはそれも仕方ありません。しかしあとで患者の様子を見に来るなど配慮の出来る医師がいてくれると、看護師としても心強いです。反対に当直医師を呼んでもなかなか来ないような病院でのアルバイトは避けたいですね。 上記の特徴がある職場は最低避けた方がよさそうです。自分と合わない職場で働き続けてもストレスになってしまいます。夜勤の単発バイトですし、幸運なことに夜勤バイトは色々な病院・施設でも募集があります。つまりナースは選べる立場なのです。なので、「ここはだめだ」と思ったらさっさと職場を変えるのも手ですよ。いろいろな職場を体験してみてベストな条件の場所を見つけるのも面白いですね。
Q

夜勤バイトをする職場で夜間の入院受け入れがある

A
夜勤帯に入院があると、ただでさえ多忙な通常の業務が止まってしまいます。書類作成といった事務的なことや、患者さんや家族への説明に時間がとられてしまうのです。かといって通常業務や記録をしなくて良いというわけでもなく・・・ただひたすらに忙しいだけです。 たまたま入った夜勤バイトでこういう日に当たったら本当に残念ですよね。夜間に入院受け入れがなければ、毎回ルーティーンで夜勤業務をこなすことができますし、急変を除けば予想外の業務が発生することもほとんどないでしょう。業務の予定も立てやすいですし、ちょっと時間が空けばのんびりすることもできます。この点を考えると救急がある病院でなく、療養病棟や慢性期病棟がお勧めといえるでしょう。 夜勤では休憩時間(仮眠)取れるが大事なポイントですよね。求人の時点で「休憩時間は○○分あります」と謳われても、多忙で休憩が取れないなんてことがあったら気分は最低ですよね。身体にも悪いです。さらに、そのような休憩が取れないような職場はスタッフが殺伐としているものです。 休憩時間をきっちりとらないのが当たり前の職場というのは、大抵勤務時間にもルーズです。夜勤終了時間後にはさっと帰りたいものですよね。一度勤務を体験してみないと見えてこないのが難点ですが、休憩時間を蔑ろにするような職場では働かないほうが良いです。 夜勤は何人体制で看護師が配置されているでしょうか?患者に対して夜勤看護師の数は十分でしょうか?これが十分な看護師が配置されておらず、不足している部分をバイト看護師で補っているような病院でのアルバイトは避けた方がよいかもしれません。なぜなら夜勤バイトの看護師にかかる責任が大きいからです。 また病棟を二つのチームに分けたりして、それぞれのチームを看護師に担当させるところが多いですが、バイト看護師に重症患者のいる方を担当させるような病院もやめた方がいいですね。 病棟には病棟のやり方があるので、バイト看護師はそれに適応するだけで大変な労力を使いますし、担当患者のバイタルを測って、処置をして、記録を書いてとミスなく仕事を進めていくためには、バイト看護師には重症患者を持たせないというような配慮ができる病院を選ぶべきでしょう。