看護師辞めたい
Nurse

看護師の夜勤バイトをできればやりたくないけどやる4つの理由

Q

看護師の夜勤バイトをするのは日勤が嫌いだから

A
「夜勤が嫌い」というナースも多いでしょう、しかし一方で「日勤が嫌い」という人もいるのです。看護計画が好きじゃない、委員会等の係りをしたくない、入院転院受けしたくない・・・などさまざまな理由があります。 三次救急病院だとまた事情は違うのでしょうが、私が働いているような夜間の入退院がないような病院だとルーティーン作業で済んでしまうことが多いので負担が少ないと捉える方もいます。 やることがほとんど決まっていますからね。「昼は別のことをしたい」と、夜勤だけする方も大勢います。昼は別の仕事や趣味、勉強をして夜は稼ごうというバイタリティあふれるナースには脱帽です。 実際、夜勤のお仕事はで体力的につらいですし、昼型の生活で体が慣れているのに、いつもは眠っている夜に起きて活動しなければいけなくなるということで、 生活が安定するまでは体はついていけずに疲労がたまってしまうのです。夜勤は普段から夜型なのでそうした心配が少ないです。夜型の生活が体に合わない方もいますが、それ以外の方には人気があります。 入院患者さんがいる病院ようなでは夜も患者さんの看護を少人数で行わなければならないときもあります。容体が悪くなったらすぐに対応しなければいけないですし、そういった面からも人気があるようです。 しかし、人数が少ない分、採血やルート確保、点滴ルートの交換、サクションやドレーン管理、もちろん広い視野での観察力も必要になり、朝の時間のバタバタ中での〆と記録など大変な部分も多いのです。 他にも理由を持って夜勤バイトをしているナースはいるとは思いますが、おおかたこれらの理由に集約されるでしょう。稼ぐためには夜勤は外せないのです。
Q

看護師の夜勤バイトはやっぱり給料がいい

A
一般的に夜勤のシフトはきついと言われますが、なぜ夜勤専属の看護師アルバイトを選ぶケースをよくみかけるのでしょうか?よく求人雑誌や、WEBサイトを見てても、夜勤専従や夜勤バイトの記事を見かけることが多いですよね。 夜勤はできればやりたくないって思っている人は多いですよね。それでも夜勤バイトをするナースはたくさんいます。どんな理由があるのでしょうか? とにかく第一は給料がいいところでしょうか。そもそも夜勤バイトをして給料がよくなかったら人が集まりませんよね。給料が良いからナースをしているという人も珍しくありません。二交替シフトで夜勤1回30000円前後、それ以上がこのごろの平均と思われます。 実はナースの給料って、正社員でも夜勤をしないとそんなに高くないんですよ。だから皆よほどの理由でない限り、どんなに「夜勤が嫌い」と言っても愚痴をこぼしながらやるのです。夜勤をやる一番の理由は、給料面以外には見当たらないでしょうね。 首都圏では、夜勤専属ナースは1回に1300円から2000円ほどの時給か、25000円から30000円くらいの金額をお給料としてもらっているところが多いようです。 私の職場を例にとりますと、二交替シフトで月に9-10回夜勤だけしている夜勤バイトさんがいます。これは1ヶ月のぎりぎりの夜勤回数で、そうでないと夜勤明けで休息が取れません。その方は数ヶ月間このように働いて、その後数ヶ月は世界旅行や登山に出かけているのです。 そして帰ってきたらまた夜勤バイトをして旅行へ・・・と繰り返しています。その行動力に驚きですが、夜勤バイトだけで十分に暮らしていけるということですよね。 そのほかにも、実家で暮らしながら夜勤バイトをしてお金を貯めたり、主婦の方がたまに夜勤をやることで家計の足しにするという場合も多いです。