看護師辞めたい
Nurse

夜勤専従の看護師として働こうか悩むナースが参考にしたい夜勤専従のメリットデメリット

Q

看護師が夜勤専従で働いて大変だと感じやすいところ

A
夜勤専従のきついところは、やはり体力的に大変なところです。夜勤専従は夜の仕事です。普通、人が生活する逆の時間に仕事をするわけですから、それだけ身体の負担も増えます。 また、急変時やおむつ交換などを一人で対応しなければいけないところも多く、夜勤が終わったあとは、疲れがどっとでてしまい帰ってひたすら寝て、何もできない人も多いです。そのため、何年もこの勤務形態で仕事をする人は少なく、目的をもって短期間やるひとが多いのが現実です。 また相談する人がいないのも夜勤専従のデメリットでしょう。日勤の場合は、自分以外に看護師がいるので、何か判断に困ることやわからないことがあれば、相談できます。 夜勤専従の場合は、勤務場所によっても違うと思いますけど、看護師が夜勤一人のことが多いようです。そのため、一人で判断し、行動しなければいけません。そのため、ある程度の知識と経験が求められます 昼間の情報が分かりにくいというのは夜勤専従の看護師が感じやすいことでしょう。仕事の前には情報収集をして、昼間の様子は申し送りをうけます。 けれど、昼間と夜間では全く別人のように不穏になってしまう患者さんも多くいます。いくら、カルテなどで記録を読んでも、伝わりにくいものです。また、夜は患者さんは眠っているので、コミュニケーションをとる時間もあまりありません。その辺の情報不足を補う方法を自分で考えていかなければなりません。 また突発的な休みは基本厳禁です。日勤の場合は、自分が休んでも他のスタッフがいます。もちろんそれでも迷惑をかけてしまいます。夜勤の場合は、急に休んだ場合は、代わりの人間を急遽、探してお願いしなければいけなくなります。 電話をかけて他のスタッフにお願いしたり。シフトの調整を行ったり大変なのです。明けの日や休みの日に動きすぎて体調を崩し、休めずにに熱がでても夜勤をしているという人もいます。自己管理、体調管理は特に大事です。
Q

看護師が夜勤専従で働く場合のメリットはお金と人間関係が楽なところ

A
夜勤専従の看護師として働く最大のメリットは効率的に稼げることでしょう。夜勤専従の場合は、基本給+夜勤手当(10回)として。他の日勤夜勤の常勤に比較すると収入が上がります。アルバイトでも1回すると2万程度が相場で、3万円を超える場合もあります。 また人間関係が楽ですね。普通の常勤の場合は、日々の業務の中で様々な人間関係があり、それだけストレスもたまります。一緒に仕事をしたくないと思う同僚がいたり、日勤のスタッフは夜勤に比べて多い分、人間関係の煩わしさがあります。 それに比べて、夜勤は看護師一人のところもあり、相手に気を遣わず自分のペースで仕事ができます。患者さんに気を使い、職場の人間関係にも必要以上に気を遣うのは本当に大変です。 常勤看護師の場合は、何らかの委員会や係りがついていて、それに伴う委員会の集まりや仕事など大変だと思います。仕事の後に会議があると早く帰れない。 でも、勤務中だどそれだけ仕事が終わるのが遅くなる。こんな思いを日々感じているはずです。その上、夜勤明けや休みの日に出席しなければいけなかったりすることもあり、身体を十分に休めることができません。夜勤専従の場合は、昼間の業務はしないので出席する必要がありません。 そして夜勤専従は休みが多いです。夜勤専従の場合は、夜勤、明け、休みの繰り返しです。10回として休みは10日、常勤の場合は週休2日として8〜9日です。また、夜勤明けも自分の時間なので、無理のない範囲で楽しむことも可能です。 常勤の場合は日勤が入るので、夜勤のシフトが終わって休みの次は大体が日勤が2,3日続くパターンが多いと思います。やっと日勤のリズムに身体が慣れたと思ったら、また、夜勤の繰り返し。これでリズムが崩れがちです。夜勤専従の場合は、慣れるまでは大変ですけど、慣れてしまうと日勤がないのでリズムは作りやすいのです。