看護師辞めたい
Nurse

看護師が子育てしながら夜勤をするために工夫すべきこと、大事なこと

Q

看護師の夜勤の仕事とプライベートを切り替える

A
子育てしながら仕事をしていると、仕事中に子供のことが気になったり、反対にプライベートの時に仕事が気になったりしたことはないですか?この切り替えができることが、夜勤をするために大切なことだと思います。 なぜなら、仕事中は仕事に専念することが集中力をアップさせることにつながります。その結果、定時で仕事終わらせて帰ろうと思いますよね。また家に帰宅したら、疲れていても仕事のことは持ち込まないで子供としっかり触れ合う時間を作ることが大切ですよね。夜勤の間子供と関わることができなかったのですから。そのために夜勤をするときには、仕事とプライベートをしっかり切り替えることが大切だと思います。 子供の体調が悪いと自分が夜勤に行かなくてはいけない時困りますよね。これから夜勤なのに熱があるとか、下痢しているとか・・・預ける先にも迷惑をかけてしまうから、なるべく子供の体調は整えておきたいと誰でも感じることだと思います。体調の変化は突発的なこともあるかもしれませんが、子供の病気の時は何らかの前兆があることもあるのです。 例えば、前の晩の夜泣きがひどかったとか、いつもより抱っこをせがむ、ぐずるなどです。そういった小さなことに気を付けてみると、子供の体調の変化に早く気が付くことができるかもしれません。体調の変化に気が付くことで、自分も心構えができ対策を取ることも出来るし、夜勤に備えることができるのです。 自分が夜勤に行くとき、子供のことを誰に頼んでいますか?旦那さん?お母さん?子育てしながら夜勤を続けることというのは、いつも誰かに手助けをしてもらっている、援助してもらっているということになります。そのことにいつも感謝していなければいけない、謙虚な気持ちでいなければいけないなと思ってしまいます。 また夜勤で残業をしなければいけない時もあるかもしれません。夜中の急変で仕事が終わらなかったということもありますし。そういった場合は、子供を少し長く面倒を見てもらわないといけませんよね。普段から繋がりを大切にしていれば、急な時ももうちょっとお願いと気軽に頼むこともできるはず。だから普段からの人間関係づくりや、協力を求める体制づくりをしておくことが大切なことだなと思います。
Q

看護師は夜勤をしながら子育てをするために工夫すべきこと

A
これも実際に看護師さんたちから聞いた話なのですが、とくに工夫と言えるようなものはしていないということでした。 夜勤に入らなければいけないときは家族に見てもらうしかない。という意見がほとんどで≪しかたなく≫という印象をうけました。みなさんがそうしてあるそうです。 病院によっては夜勤中も子供を預けることのできる託児所を設けているところもあるのでそういった病院では夜勤もしやすいそうです。 ただ、三交代制で夜勤をする病院で、深夜勤務だけ、準夜勤務だけという夜勤の仕方をするのは効果的でしょう。夜勤というと、二交代制と三交代制とあります。今はかなり二交代制が主流になってきていますが、まだ三交代制の病院も根強く残っています。 やはり、二交代制のデメリットは拘束時間が長いこと。夕方~明朝までの約16時間を子供と離れるのは、かなり子供にとっても負担があるし、その間、子供を見てもらうというのも大変です。そういった状況から、ママさんナースでよく見られるのは、三交代制の病院で夜勤をやり、準夜のみ、深夜のみという勤務をすること。準夜なら、夜の食事~寝かしつけは夫や両親に頼み、帰宅してから一緒に寝て、朝食は一緒に食べることができます。 深夜なら、夕食~寝かしつけまでを自分がやり、あとは家族に任せるといった感じになるでしょう。その子の特徴や、預ける人の都合も考えながら、選択して何とか夜勤をこなそうと工夫している方も多いです。