看護師辞めたい
Nurse

有床クリニックで看護師の夜勤バイトをするメリットデメリットを比較してみた

Q

有床クリニックでの夜勤バイトは何かあったときの責任が重いかも

A
上述したように、有床クリニックは規模が小さいため、スタッフも少ないです。そのため、医師も院長と数名程度でしょうし、普段から知った仲で、コミュニケーションもとりやすいし、他の看護師含めコメディカルスタッフとも関係を深めやすいため、人間関係の面ではトラブルも少なく、勤務面でも融通が利きやすく、メリットがあるでしょう。 しかし、夜勤の人数が一人のため、万が一にも患者さんの状態が急変したときなどは、相談する相手もいないし、協力してくれる相手もおらず、かなり責任を感じてしまう可能性があります。あとは、病院に比べると、規模的な傾向として、クリニック・診療所の方が給料面で落ちる部分があるので、給料の面でも優秀有クリニックデメリットがあるかもしれません。 有床クリニックは施設によっては常に入院患者さんがいるということではないので、安定して夜勤にはいれるわけではありません。つまり夜勤回数が一定でないので夜勤に入れない期間が発生し、給与に影響が出てしまいます。さらに夜勤手当も病院施設に比べて少ないことがほとんどです。 また産婦人科のクリニックではとくに新生児も産後の母親も状態が変化しやすいのでとても精神的な負担がかかってきます。何かあった時にまずはひとりで対応をしないといけなくなるのが非常につらいところです。 基本的に有床クリニックでの夜勤はその施設にどんな患者さんが入院してくるのかによってメリットもデメリットも違ってきます。ストレスなく夜勤をしたければ有床クリニックですが夜勤に安定して入れるわけでもないので給与としては少なくなってしまいそうです。 夜勤の人数もひとりであることから、その個人の能力も重要になってくるはずですので気軽にできる夜勤ではなさそうですね。
Q

有床クリニックでの夜勤バイトは患者さんの人数が少なくきつくない

A
有床クリニックとは入院できるベッド数が1~19床までの医院・クリニックのことをいいます。糖尿病などの内科的治療を必要とする患者さんや、外科的手術、眼科・耳鼻科での手術などさまざまな治療が行われているものです。 ただし、基本的にほとんどのクリニックでは入院をする患者さんがほとんどいないというところが多いようです。しかしなかには産婦人科や眼科などでは積極的に入院患者さんを受け入れているクリニックもあります。そんなクリニックや医院での夜勤のメリットとデメリットについて考えていきます。 有床クリニックは病床19床以下の診療所です。基本的には診療所にかかっている患者さんで、ひどい感染症だったりして短期入院でしっかり治療するような方、往診診療で在宅で見るのがかなり厳しくなってきたような方、手術後の方などといった感じになります。患者さんの人数も少ないですが、夜勤帯は看護師の人数も1人ということが多そうです。 やはり、診療所レベルなので検査の設備も病院に比べれば多くないですし、コメディカルスタッフも少ないため、やれることに限りがあります。そうなると、看護師もそれに対応する必要がなくなるため、仕事内容も、広く技術を求められるというよりは、バイタルや日常生活ケア、点滴といった基本的な技術に終始する内容となるでしょう。 あとはその病院の院長の得意分野、やりたい治療というのが前面に押し出されやすいので、他ではあまりないような特別な治療というのにも携われるかもしれません。 入院している患者さんは、緊急に命にかかわってくるような状態ではないことがほとんどないのでそう緊迫した雰囲気がないということでしょう。 また、基本的に有床クリニックでは夜勤の人数はひとりで行うので、大きな介護を要するような患者さんが入院することもなく、身体的な負担もほとんどかからないようです。患者さんの入院内容によっては仮眠がしっかりとれる