忘れてない?一般薬と保険調剤の大きな違い

一般薬と保険調剤の違い


一般薬は他の商品のように小売店がある程度の幅で販売価格を決める仕組みになっていますよね。しかし保険調剤となると事情が変わり、健康保険を使う保険調剤に関しては薬の値段は商品1つ1つ一律に決められており(薬価)、薬局は保険請求し患者さんから自己負担分を頂戴することになっています。

その価格より高く患者さんから受け取ってはいえkないことになっていますし、逆に薬局の判断で安くする事も禁じられています。保険薬局が吠えkん調剤に使用する薬を仕入れる価格はほとんど請求と同じ金額であり、薬局は薬代そのものでは利益を出せない仕組みになっています。

病院が初診料、再診料、検査料などものではなくサービスで成り立っているように保険調剤もまた薬という生命にかかわる商品を安全に、適正に使ってもるために調剤にかかわる技術や管理、指導というところに保険点数を算定し、報酬を得る仕組みとなっていましたよね、念のための確認です。

調剤薬局での保険点数


調剤薬局での保険点数は国により細かく定められており大きく3つに分かれています。まず「調剤基本料」。これは処方箋1回につき1回算定され、いわゆる処方箋取り扱いの事務的手数料となるものです。これは薬局の処方箋受付回数で異なります。

次に「調剤料」。これは内服薬、外用薬などの種類と投薬日数によりやや複雑な計算で算出されます。また粉を計量して混合したり、軟膏を混和したりなど技術的に煩雑なものや麻薬、劇薬など慎重を要する薬などにはそれぞれに応じた「加算料」がつきます。夜間・休日加算なども含まれます。

最後に「指導管理料」という、患者さんに応じた管理と指導について算定されるものがあります。処方薬そのものが一緒なのに薬局によって金額が違うとしたら、最初の「調剤基本料」が異なるか、指導管理に関しての算定がった場合が考えられます。

最初にも述べましたが、薬局は患者さんの薬に責任をもって、副作用や飲み合わせ、その人の背景に応じた指導をしていますので安全を守ることそのものが仕事。その管理に応じた必要な点数だけ算定をしているのです。

結局は患者さんの健康や薬の安全性を細やかに管理できているか、どの病院からの処方箋でも受けてトータルで管理してくれるか、近所で気軽に相談できるか、長く信頼できる薬剤師がいるか、といった良い薬局の基準を満たす薬局で働くこと、そういう薬局をつくりあげていくことが重要だと言えるでしょう。