看護師辞めたい
Nurse

看護師として夜勤をやる意味、やりがい、夜勤をするメリットを感じるのはどんなとき?

Q

夜勤で看護師としてのスキルアップができる

A
日勤ではスタッフも一通り揃っており、何かあってもみんなで協力してこなすことができますが、夜勤ではそうはいきません。患者さんの状態も変わりやすく、どう対処するか判断を迫られる場面が多くあります。 医師への報告も、日勤では先生に会ったついでに「とりあえず報告ですけど・・・」とさりげなく伝えられますが、夜勤中は先生も寝ていますので、どれを今すぐ報告してどれを日勤帯まで保留にしておくか判断する必要があります。 人に頼れる機会が少ないですので、点滴を刺したり、処置をしたりするのも可能な限り一人で行うことになります。つまり、夜勤をしているだけでどんどんスキルアップされ、技術も磨かれていきます。 緊急事態も多いので、判断力が身につき、経験値が増えます。そうなれば、今後どの病院に転勤したり転職したりしても自信を持って仕事できますね。 私たちもそうかもしれませんが、日中よりも夜間のほうが何となく不安で寂しい気持ちになりますよね。患者さんも同じで、病気のことを考えたりして眠れなくなったり、痛みで寝付けなかったり、不安な気持ちになって泣いてしまったり・・・日中よりも精神面での変化が起きやすいです。 そういった場面に遭遇し、ゆっくり話を聞いてあげたり、短時間だけでも関わるようにすると患者さんからみれば非常に嬉しいものです。日中だけ働く看護師と夜勤もしている看護師では一人の患者さんに対する見方も少し違います。 やはり夜に患者さんがどのように過ごしているのかということは、患者さんの全体像を把握するためにも必要不可欠です。夜勤をするということは結果的に患者さんを理解し、適切な看護をするために必要な業務となるわけです。
Q

夜勤のおかげで自由時間も増えるうえに給料もアップ

A
夜勤をやって一番良かったと思うのは、なんと言っても給料が高くなることです。夜勤をすると夜勤手当というものが支給されます。 また、夜勤時に残業すると、日勤で残業するより高い残業代がもらえます。3交代制の場合、最も高い手当が付くのは深夜勤務になります。看護師が他の職業よりも高い給料であるのはこれが一番の理由です。 また、夜勤をしていると日中に自由になる時間が増えます。銀行に行ったりするのも楽ですし、買い物をするにも土日の混雑する中を歩かなくて済みます。体力さえ持てば、夜勤の後、そのまま買い物に出かけたり、夜勤前の昼時間に家事をこなすこともできます。 夜勤は夜中に仕事をするので、どうしても不規則な生活になりがちですし、肉体的にも精神的にも辛いと感じる時もありますが、その分、給料が高くなるのが目に見えてわかるので給料日がとても待ち遠しくなります。 一度夜勤を経験してしまうと、日勤だけの業務になった時に給料が安くなったと感じやすく、また、自由になる時間も少ないのであえて夜勤専従ナースを希望する人もいます。大変ですが、魅力的な仕事です。