看護師辞めたい
Nurse

看護師が夜勤をしていて不満をもたない職場の2つの特徴と比較的楽な3つの科

Q

看護師の離職率が低い職場は十分な看護師が確保できている

A
また、離職率が低い職場は十分な看護師の人数が確保出来ている職場も多いのでその分夜勤も看護師が一つの病棟に3人いる他にヘルパーや介護士の資格のある看護助手さんを一人かならず夜勤のシフトに入れている職場もあります。 ですので、夜勤では看護師さん以外でも対応できるようなナースコール対応や夕食朝食の準備を看護助手さんにしてもらえるので援助や看護が必要な患者さんへも柔軟に対応することが出来ます。 そうなると夜勤中の無駄なストレスや労力を軽減することが出来て、不満を持たず夜勤をこなすことが出来ます。これだけ夜勤の環境が整っているので看護師さんがなかな辞めないで仕事をこなすことができるのです。 また、人数が少ない職場に比べて人数が十分確保出来ているので、月の夜勤回数も3回から4回くらいとさほど多い夜勤回数ではないです。しかも、夜勤のペースも考えられてシフトが調整出来ているので、体力的に無理なく夜勤をこなすことが出来るのも職場に不満を持たない理由です。 眼科や耳鼻科のクリニックで入院をしている患者さんたちは、とくに足が悪いわけでも重症のヘルニアがあって動けないという病気を持っているわけではないので基本的な日常生活動作は自分でできるため、ほとんど介護の仕事はないそうです。 また急変するかもしれないリスクも他の病院に比べるとかなり少ないので精神的にも体力的にも余裕があるようです。 ただし大きな病院の耳鼻科では合併症や認知症のある患者さんも入院されるそうです。 スポーツ外科とは事故による大きな怪我ではなく“腱の縫合”や“半月板切除術”など術後合併症や術後疼痛があまりない手術をすることが多いので術後の管理も比較的楽だそうです。 また、皆運動をしていたりするからこそ痛めてしまうので、それこそ術後であってもほとんど介護を要することはないということだそうです。 意外でしたが救急外来も人気があるそうです。理由としてはまず夜勤のアルバイト料金が他の場所よりも高く設定されていることがほとんどのようです。 また忙しいとはいえスタッフが多く配置されていますし、医者の数も多いので実際に看護師が負担する業務もそれほど多くないそうです。しかしこれは体制の整った救急外来のことであり、人手不足の場所だとかなりの負担になるようです。
Q

看護師の離職率が低い職場が、夜勤をしていて不満を持たない職場

A
看護師の離職率と看護師の夜勤のこの二つはあまり関係がないように思う人もいるかもしれませんが、とても関係があります。 離職率の良い職場は大体、人間関係が良い職場です。ですので、夜勤でどの看護師と一緒になっても不満を抱かないくらいに人間関係的な環境が整っています。 そうなると人間関係の悪い職場で働いているよりも看護師もストレスがたまらず、不満が出ることも少ないです。もう一つに離職率が低い職場はベテラン看護師さんが豊富にいて、この職場の夜勤のノウハウをしっかりと理解している人ばかりなので、心配なことや急な対応にも慌てないで済みます。 また、ベテラン看護師さんが一人いると夜間の急な医師への連絡もミス無くスムーズに進むことが出来ます。なぜなら、夜間の対応医師の性格もベテラン看護師さんだと十分理解しているので、医師との連絡もトラブル無く、タイミング良く行うことができるので、不満を抱くこと無く夜勤をこなすことが出来ます。