看護師辞めたい
Nurse

助産師の夜勤の忙しさは運次第も、仕事中に幸せになる瞬間があるのがメリット

Q

助産師の夜勤は育児のお手伝いや赤ちゃんとの関わりでほっこり

A
産後のお母さんたちへのケアも助産師の重要な仕事のひとつです。赤ちゃんは普段寝ているイメージが強いと思いますが、意外にもけっこう起きている時間が長いのです。そしてその時間はたいてい夜であることが多いです。 初産婦さんはまだオムツを替えるのもおっぱいをあげるのも慣れていません。その上真夜中に赤ちゃんにギャアギャア泣かれたら自分も泣きたくなってきそうですよね。 そういったお母さんたちから次々とナースコールが来ますので、一人一人に声をかけ、一緒に育児をしてあげます。かわいらしい赤ちゃんたちと関わることもまた幸せな気分にさせてくれるものです。ですが、やはり人数が多すぎると四方八方でおぎゃあおぎゃあと赤ちゃんの大合唱が始まり、手に負えなくなる時もあります。 産婦人科には妊婦さんや子育て中のお母さんだけでなく、婦人科の手術を受けた人、婦人科系の癌で入院している人など、さまざまいます。ちょっと大きめの総合病院などに勤務していれば、救急車で搬送されてくる人もいますので、助産業務はもちろん、それ以外にもやるべきことがたくさんあります。 ただ、幸せな気分になれる瞬間があるところが他の病棟と違う助産師ならではのメリットです。そして、夜勤は日勤と違って薬を使って陣痛を誘発するなどの処置は全くありませんので、自然に進むお産を介助することが多いです。 やはりお産は病気ではない自然現象ですから、自然に進むと異常事態が起こる確率もかなり少ないです。そういった意味では夜勤のほうが楽な気持ちでお産の介助ができるかもしれないですね。忙しい時の業務量は半端じゃないですが、それを補えるくらいのメリットが助産師にはあると思います。
Q

助産師の夜勤の忙しさは日によって大きく変わる

A
助産師といえば、だいたいは産婦人科病棟で働くことになります。産婦人科といえば出産ですよね。産婦人科医は出産の直前後しか病院に来ませんが、助産師は陣痛に耐えている間も出産時も、産後もずっと患者さんの側でケアをしています。 出産に立ち会い、産婦さんやご家族の嬉しい顔を見ることができるということは助産師の特権です。何度立ち会ってもいいものです。しかし、幸せな気持ちになる反面、産婦さんの数が多ければ多いほど業務は忙しくなります。 分娩にはリスクも付きものですから、いざお産となるとこちらの緊張感もかなり高い状態が続きます。だんだん幸せな気分どころではなくなり、お産を介助しながらも次のことを考え、朝になる頃には自分が介助した産婦さんの顔すら覚えていなかった!(大変申し訳ないことですが・・・)なんてこともしばしばあります。 そして、なぜか出産ラッシュには波があり、全く産婦さんが入院してこない日もあれば、次から次へとジャンジャン入院してくる日もあります。ずっと何事もなく手持ち無沙汰でのんびり過ごす夜もあれば、最初から最後まで立ちっぱなしでお産を3件も介助したあげくに緊急で帝王切開まであったわ!という夜もあります。 どんな日に夜勤が当たるか・・・これは完全に運次第なので、出勤する度に毎回ドキドキしながら病棟に入っていくスタッフが多いようです。