看護師辞めたい
Nurse

救急外来の看護師の夜勤バイトは医師・看護師の人数が十分であることが多い

Q

救急外来の夜勤のデメリットは体力的にきついところ

A
病棟では夜勤でも休憩時間以外にも患者さんへのラウンドの時やナースコール対応をしている時以外は椅子に座り看護記録を書く時間があるところもあります。 また、夜間も状態が急変した患者さんがいた時くらいしか早足で歩き回るとぃうことはしないかと思います。 ですが、救急外来は普通の外来のように休憩時間以外はほとんど立って体を動かしている状態が多いです。ですので、夜間の仕事内容として体力的なことを考えると結構辛いのがデメリットです。 外科の救急外来では、夜間のけが人や急病の患者数が多い時は、患者の重症度や状態に合わせて緊急度がその都度変わります。 救急車で搬送されてくる人数もその夜勤によっては朝方に多かったりします。緊急度が高い患者が一人いるとそれだけ診察を中断してでも処置や治療が必要になります。 そうなるともともと診察を待っている患者の診察は遅くなります。残り一人の診察が終わるまでは外来の診察は続くので、救急搬送が多い病院ほど、時間外労働が多くなります。 診察室が日勤帯にも使用するところであれば、外来の後片付けを日勤の看護師さんに頼んで帰宅することも可能ですが、外来部門として救急外来が別にあるところでは、そうはいかないので患者さんが帰った後の後片付けをしてから帰らないとならないので、時間外は確実にあります。 それに比べて救急でも内科外来は外科の外来よりは忙しくはありませんが、それでもインフルエンザや子供の風邪、ノロウイルスが流行しているような時期などは患者数が増えるので時間外労働はあります。
Q

救急外来の夜勤は医師も看護師の人数も十分であることが多い

A
救急外来は主に急病の患者の外来の診察応対や処置、点滴を行います。また、救急搬送されて来たひとの外来応対や医師の処置介助、指示による検査や治療の介助を行います。 ですので、夜間と言うことを考えなければ、救急車の搬送される台数は多いですが、日勤の外来と業務内容としてはほとんど変わりません。ですが、夜間ならではの救急外来の特徴があります。それを今回はメリット、デメリットとして説明します。 救急外来の夜勤のメリットとしては医師と看護師の人数が十分であることが挙げられるでしょう。 普通病棟での夜勤ではほとんど多いところでも看護師の人数が3人か四人程度かと思います。そのうえ医師が医局にいることが多いので、患者が急変した時や患者さんへの対応で困ったことがあっても自分一人で対応しなければならないことが時にはあるかと思います。 ですが、救急外来では日勤の外来と同じくらいに看護師の人数もいますし、医師も外来にいるのでほとんどの場合は医師にすぐ患者さんの対応をしてもらえます。 ですので、自分一人で看護や対応に困ることはほとんどないところが良いところだと思います。 夜勤バイトでも病棟では夜勤専従のような状態でシフトや夜勤の曜日が決まっている場合はその曜日に休み希望をしたくても、他に夜勤を出来るような人がいなかった場合は休みを取れないような職場も少なくはありません。 ですので、夜勤専従の看護師の病棟の定着率が低くなるのです。 それに引き換え、夜間の救急外来では正社員もバイトも看護師の人数がいるので他の看護師さんと休みの希望が多く重なる場合を除くと休みを取りやすいというメリットがあります。 先ほども言ったように夜間でも外来看護師はベテランの看護師さんや主任クラスの看護師がかならず一人はいます。 ですので、自分一人で行う業務でも自信がない場合は再度確認しながら仕事をこなすことができます。 そのぶん自分のリスクも減りますし、ミスがなく仕事をこなすことができるという安心感が病棟の夜勤バイトよりもあるかと思います。