看護師辞めたい
Nurse

助産師の夜勤バイトは陣痛中の出産間近な妊婦がいなければ普通の看護師の夜勤と同じ

Q

陣痛中の出産間近な妊婦がいなければ普通の看護師の夜勤と同じ

A
陣痛が起きている出産間近な妊婦がいなければ普通の看護師の夜勤と変わらずに仕事ができる点もメリットかもしれません。 陣痛が起きている妊婦が多い夜勤では出産の手助けをしないとならないので妊婦の出産が落ち着くまではなかなか一息つく暇もないのが助産師の夜勤の特徴です。 ですが、稀に陣痛が起きた妊婦が病院に一度も来院せずに夜勤が終わることもあります。その場合は、切迫などで入院している妊婦の看護や経産婦の授乳指導を夜勤中の夜中に授乳している妊婦に行い、おっぱいが出なくなっていて乳腺炎を起こしている経産婦のおっぱいマッサージをするのが夜勤中の助産師の仕事内容です。 ですので、内容としては日勤中とさほど変わらずに、夜勤手当は高い給料がもらえるので、多忙でない日の夜勤にたまたま当たった日はとても得をした気分になるかもしれません。 良く牛みづ時に子供が多く生まれやすいという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。 うしみず時とは夜中二時以降の時間帯を指しています。その時間帯に子供が生まれることが多いのでは、昔の人は良く言っていました。 その話の通りに赤ちゃんは夜中に生まれることが多いのです。ですので、出産ケースが多い産婦人科では毎日陣痛がきた妊婦が多く来院します。 ですが、安産で生まれることは珍しくほとんどの妊婦は陣痛が始まってから長時間その苦痛に耐えて出産しなければなりません。 その間助産師は妊婦体調のケアや胎児の状態を観察やしたり、出産の手助けをします。ですので、陣痛が起きている妊婦が多い夜勤の日は夜中でも休む暇が無く働かなくてはなりません。
Q

助産師の夜勤バイトは一回の夜勤手当が高い

A
助産師さんは主に妊産婦の看護や授乳指導、妊娠時や子育て中の相談や指導をします。また、妊娠中の体の中にいる胎児の心音測定をすることも助産師はできます。 出産時の看護やケア、出産に関わる看護全般の仕事も助産師は担います。ですので、普通分娩の時に関わるのはもちろんのこと、帝王出産時でも助産師さんも一緒に手術室で待機し、お腹から取り上げた赤ちゃんの観察や看護に当たります。 日勤中はもちろんのこと、夜勤でも同じような出産のケースがあれば行います。その中から助産師の夜勤ならではのメリットデメリットをご紹介します。 助産師は普通の看護師よりも資格としての夜勤手当は高いです。 普通は1回の夜勤に1万ちょっと手当が出ると良いくらいですが、助産師は妊婦や経産婦、出産間近の妊婦のケアをしないならず、その責任は大きい仕事のため、看護師よりも多い一回の夜勤につき、二万円以上はもらえるところが多いです。 また、助産師の夜勤バイトの場合は夜勤手当の他に資格手当がつく病院も多いので、一度の夜勤で高い手当がつくのです。