看護師辞めたい
Nurse

産婦人科での看護師の夜勤は患者さんが病気ではないところが他の科と違う

Q

産婦人科の夜勤では通常の病院と異なり待機がある

A
産婦人科での夜勤での最大のメリットは感動の瞬間、出産の援助をできることだそうです。産前から関わりをもっているのでその都度新しい感動や喜びがあるということでした。 一方最大のデメリットは、メリットとは逆で死産となってしまうことがあるということです。やはり自分の赤ちゃんが死産となってしまうということは本当にママさんにとってもスタッフにとってもつらいことでしょう。 とくに夜勤ではスタッフ数も限られているため、いつまでも悲しみに浸っているわけにはいきません。悲しみを引きずらずに次の赤ちゃんなどのケアに入らなければなりませんね。 そして夜間から出産にたちあっていてもそれがいつ終わるのか見当もつきません。勤務帯がかわってもそのままのこって出産が終わるまでケアしていかなければならないことも珍しくないということでした。 また通常の病院とは違って≪待機≫というものあるそうです。それは急な・予定された出産が始まった場合にいつでも仕事ができる状態で自宅などで待機しておくことをいうそうです。 予期せぬ夜勤だといつ呼び出しがあるかわからないからあまり熟睡できそうにありませんね。
Q

産婦人科での看護師の夜勤では出産したままと子供の観察と援助がメイン

A
産婦人科とは一般の病院とは全く異なるものといっても過言ではないでしょう。産婦人科にはもちろん病気で入院する人もいますが、出産に向けて入院している人、また出産後のお母さんも新生児なども入院しています。 とくに違うのは「出産とは病気ではない」ので患者さんという位置づけではありません。そんな産婦人科の夜勤の仕事内容や、産婦人科での夜勤のメリット・デメリットについて調べてみました。 産婦人科では主に出産前・出産後・疾患の治療の方々が入院されていて、ほとんどが出産前後のママさんたちで、治療目的の入院の方はほとんどいないそうです。 そのため自分たちで動ける方ばかりなので介護という仕事はほとんどななく、基本的な産婦人科の夜勤の主な仕事はママさんや患者さんの状態の観察と、生まれた赤ちゃんの観察と援助となります。 ただし、産前のママさんが急に産気づいて出産の準備をしないといけなくなったりすることは日常茶飯事で気が抜けなかったり、また新生児や出産直後のママさんは状態が悪くなりやすいのでとくに状態の観察が重要になるということでした。