看護師辞めたい
Nurse

2交代制の場合の看護師の夜勤の前半のタイムスケジュールと仕事内容を順に説明

Q

21時以降の看護師の夜勤の仕事はデスクワークが中心

A
病棟の消灯時間は21時です。それを過ぎると途端に病棟内は静かになります。一旦夕食を取る休憩を取った後、看護師はそれから看護記録を中心としたデスクワークに入ります。夜勤で計測した体温や看護記録を記入することが中心です。 それと同時に、医師から出された指示が漏れていないか、明日の手術や検査の準備がきちんとされているかを確認していきます。その間に当直の医師や当直師長も病棟をラウンドしてくることがあるので、対応していきます。 23時には、また病棟内をラウンドして、おむつのチェックや体位交換を行います。また24時近くになると、一日の点滴や排泄を見て、インアウトバランスを出さなくてはいけません。 そのために、必要な点滴のチェックや尿道留置カテーテルの管理を行います。そして一日の日報をまとめることも、大切な業務の一つです。今日の入院患者、大きな検査や出来事があったのかを記しておく必要があります。 また患者を見直して適切な看護度に振り分けることも必要です。この日報の数などが実際の人数と異なっていると問題になるまで、数が合うまでカウントすることがあります。こうして2交代勤務の深夜が更けていきます。
Q

2交代制の看護師の夜勤は出勤してから21時くらいまで怒涛の仕事量

A
2交代制の勤務は、16時半ごろから始まります。申し送りを17時頃までに済ませると、まず患者の様子を見に病棟を回ります。 この時に、要注意者、術後患者、熱発患者などを中心に観察し、もし患者の様子に疑問があれば、日勤看護師が勤務で残っている間に再度確認をします。 18時ごろには、夕食が配膳されるので、それまでにナースコールに対応しながら、患者のおむつ交換を、トイレ誘導を行います。また食事ができるように車いすに乗せたり、ギャッチアップをしたり、食前薬を飲ませたり…それをしていると食事が運ばれてくるので、食事介助を行います。 この時看護助手も食事介助を手伝ってくれますが、誤嚥性のある患者など注意が必要な患者は、看護師が必ず担当するので、時間がかかってしまう場合もあります。 夕食が終わると、食後の配薬、患者の検温をしてまわります。そして動ける患者は洗面台に誘導し、歯磨きなどをすると同時に、動けない患者は口腔ケアを行います。就寝前のトイレ誘導やおむつ交換を済ませ、眠前薬を飲ませて…それらを行っているとあっという間に21時を迎えます。出勤してから21時までが怒涛のように過ぎていきます。